鼻マスクはなぜダメなのか?意味ないし効果もないって本当?

スポンサーリンク

マスク社会になって、もう随分経ちますよね。

 

マスクには慣れてきたとはいえ、

マスクを長時間つけているのは苦しいですし、嫌ですよね。

 

マスクは、鼻を出す鼻マスクをしていると楽ですが、

ダメという声も聞きます。

 

実際、鼻マスクをすることはダメなことで、

意味もない・効果がないというのは、本当なのでしょうか?

 

ここでは、そんな鼻マスクについて解説をしていきます。

 

スポンサーリンク

鼻マスクがなぜダメなのか知っていますか?

 

 

鼻マスクですが、

ダメとはよく聞きますが、実際にダメなのでしょうか?

 

結論から言えば、鼻マスクはやはりダメです。

 

しかし、理由については

しっかりとわかっている人は少ないでしょう。

 

理由も含めて、詳しく解説をしていきます。

 

マスクの正しい使い方としては、

基本的には使い捨てで、鼻まで覆うようにします。

 

飛沫感染が起きる場合、咳やくしゃみが原因となります。

 

この咳やくしゃみですが、

唾液などにウイルスが含まれているほか、鼻水にも含まれています。

 

鼻が隠れていないと、

咳やくしゃみの際に、鼻からもウイルスを撒き散らしてしまいます。

 

鼻マスクをしていると、

ウイルスを吸い込みやすくなってしまいます。

 

鼻が出ているため、

鼻の粘膜からウイルスに感染をしやすいほか、

マスクの外面にウイルスが付着している場合、

そこから吸い込みやすくなってしまいます。

 

このようなことから、

鼻マスクには効果がなく、感染リスクが上がってしまいます。

 

スポンサーリンク

鼻マスクって意味ないの?効果はあるの?

 

 

鼻マスクですが、上記のような理由により、

感染リスクが上がってしまいます。

 

また、マスクの効果が低いのに、

一応はマスクをしていると見なされてしまうため、

より感染が広がってしまう恐れもあります。

 

鼻マスクは楽というだけで、感染を防ぐ効果はないので、

絶対にしないようにしましょう。

 

また、同様に顎マスクも効果はありません。

 

こちらはお分かりの通り、

口を思い切り出しているので、効果があるわけないですよね。

 

マスク社会というのもなかなか嫌ですが、

マスクはしっかりつけるようにしましょう。

 

ではここで、改めて

正しいマスクの付け方をおさらいしてみましょう。

 

マスクをつける際には、

以下の手順を意識するようにしましょう。

 

 

・マスクの裏表を確認する

 

マスクですが、裏表があります。

 

裏表の表示があるものでしたら楽ですが、

なければ紐の接着面を外側にすればOKです。

 

裏表を間違っていると、

フィルターの効果がなくなってしまうので、

マスクの裏表は正しくつけるようにしましょう。

 

 

・紐だけを触って耳にかけるようにする

 

マスクですが、つける際には

紐部分だけを触るようにしましょう。

 

マスクの内側を触ってしまうと、

内側に手から雑菌が付いてしまいます。

 

そして、そのマスクをつけることによって、

感染リスクが高まってしまいます。

 

 

・ノーズワイヤーを合わせる

 

マスクをつけたら、

あとはしっかりとノーズワイヤーを折り曲げて、鼻にフィットさせましょう。

 

この際も、マスクの外側からうまく折り曲げて合わせるようにします。

 

簡単なことですが、

このような日々の心がけが、感染を減らすための対策になります。

 

また、マスクをつけるのと同様に、マスクを捨てることも大切です。

 

マスクは使い捨てですので、

1回使用したら捨てるようにしましょう。

 

その際、無造作にマスクを捨ててしまうと、

ゴミ取集などの際に、感染が広がってしまうことがあります。

 

使用済みのマスクを捨てる際には、

マスクの紐部分だけを持って、

別のビニール袋などに入れて、しっかり封を締めるようにしましょう。

 

スポンサーリンク

まとめ

 

マスクですが、鼻マスクでは感染リスクが高いだけでなく、

感染を広げてしまう恐れもあります。

 

鼻マスクと同様に、

顎マスクなども意味はないので、

マスクはしっかりとつけるようにしましょう。

 

また、マスクはつけるのと同様に、

捨てる時も感染が広がらないようにする必要があります。

 

マスクは感染を防ぐのには必要不可欠です。

 

今後もしっかりとマスクをつけて、感染を防ぐよう心掛けてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました