炭酸水を飛行機に持ち込んでも大丈夫?缶の炭酸飲料はどうなの?

スポンサーリンク

飛行機に持ち込めるものって、

かなり厳重な管理がされていますよね。

 

私は以前、出張族だったので、

1週間に一度は飛行機を使用しており、

そのたびに手荷物検査があるのですが、

最初の頃は毎回引っかかっていました(笑)

 

慣れてきたら、もう引っかかることはないのですが、

必ず引っかかっている、なんて人はいますよね。

 

服も脱がなければいけない始末になっている人もいます。

 

でもそれもこれも、安全な旅をするためのこと。

 

もし上空で爆発や引火、傷害などがあったら大変ですよね。

 

逃げれないのが飛行機です。

私たちの安全のために、チェックしてもらっています。

 

その中で、イメージと現実が違うものとして、

炭酸のものって飛行機に持ち込んで良いのか?ということです。

 

なんとなく、ダメな気がしませんか?

根拠はないですけど(笑)

 

今回の記事では、

炭酸水を飛行機に持ち込んでも大丈夫なのか?

飛行機に缶の炭酸飲料を持ち込むとどうなるか、

について紹介していきますね。

 

スポンサーリンク

炭酸水を飛行機に持ち込んでも大丈夫なの?

 

 

炭酸水は、飛行機に持ち込んでいいのか?大丈夫なのか?

ということに関しては、

結論から言うと、大丈夫です。

 

なんとなく、気圧のせいで爆発しそうなイメージを持ってしまいますよね。

 

爆発はしません!

そして開封していても未開封でも爆発しません!

 

気圧の影響で、ボトルが凹んだり、圧縮されることはあります。

 

そして、ペットボトルを持ち込む際に、

未開封だとすんなり通りますが、開封してあるとチェックされますよね?

 

あれは、不審な液体ではないかのチェックなのです。

 

だから、基本的に飲みかけのものは持ち込まないほうが良いですよ。

 

そして、ペットボトルは国内線はOKですが、国際線はNGなのです。

 

国際線になると、さらに厳しくなるのです。

飛行機テロなどは本当に怖いですからね。

 

でも個人的にふと思うのですが、

海外に行こうが国内であろうが、

空を飛んでいるには変わりないから、そこに差はないのでは?!

と思うんですけどね。

 

スポンサーリンク

飛行機に缶の炭酸飲料を持ち込むとどうなるの?

 

 

それでは、飛行機に缶の炭酸飲料を持ち込むとどうなるのでしょうか?

 

これも、爆発については大丈夫ですよ!

ただ、缶も気圧で圧迫はされます。

 

動かしたりすることで、

破損、亀裂が入ってこぼれる恐れもありますので、

ジップロックなどに入れて持っていく人が多いみたいですよ。

 

それに、スプレー缶などもダメですしね。

私は最初、これで引っかかっていましたね。

 

頭髪スプレーなどを入れてしまっていて、引っかかりました・・。

 

スプレーの場合は、爆発の恐れがありますからね。

 

缶のものでジュースなどは、

お土産や、すぐ飲むものでないなら、

預け荷物にしておいた方が間違いないですよね。

 

もし機内に持ち込んで亀裂破損が入ったら、

お土産にすることもできなくなりますしね。

 

実際持ち込みがOKだからこそ、

ペットボトルも缶も、空港の中でも販売していますよね。

 

国際線の場合は厳しくて、

空港内で購入したものでなければNGということもありますよ。

 

空港の売り上げのためなのか?

それとも何か特殊な作り方をしてあるのか?

 

ちょっと不明ですが、ダメなところもありますね。

 

ちなみに、

  • ライター
  • スプレー類
  • リチウム電池(バッテリー)が内蔵・装着された一般電子機器類について
  • スマートバゲージ
  • 電動車いす用予備バッテリー
  • 電子タバコ
  • ヘアアイロン・ヘアスタイリング器具
  • アルコール性飲料
  • ドライアイス
  • 装弾
  • スキーワックス
  • 雪崩救難用バックパック
  • 膨張式救命胴衣と予備のシリンダー
  • 熱を発する器具
  • 治験薬に関する内容

 

この辺は、飛行機に持ち込む上で制限がかかるものです。

 

制限というのは、

例えば、個数で1個までですよとか。

 

他は、種類によってはOK、などというものもありますね。

 

ナイフ/はさみ、工具類、先の尖った物、

バット類、アイススケート靴、

スキーワックス・スプレー(スポーツ用品)などは、

持ち込みは完全にNGですというものです。

 

危険ですから当然ですよね。

 

アイススケート靴も、確かに危険かもですが、ダメなんですね!!

 

スケートの選手は預け物にしているのかな?

先に送ったりしているのかな?(笑)

 

最初にこのルールを知っておかないと、

思いのほか時間を取られますから、気を付けたいところです。

 

スポンサーリンク

まとめ

 

飛行機内には炭酸飲料のペットボトル、缶も持ち込んでOKです。

 

どちらも、爆発することはありません。

 

ただ、ペットボトルだと、

凹んだり圧縮されたりする可能性はあります。

 

缶だと凹んだりしますね。

 

あと、動いているので、

亀裂が入って中身がこぼれてしまわないように、

缶をタオルに包む、袋にいれておくという対策を

最初からしておくことをお勧めします。

 

お土産にしたいなら、

最初からお預け荷物にしておくことをお勧めしますよ!

 

でも、とりあえず気圧によって

炭酸飲料だから爆発してしまうということはないので、

安心してくださいね(笑)

 

ちなみに、高温のところに置いておいたら

爆発したことがありますので、皆さんも注意してください。

タイトルとURLをコピーしました