不織布マスク・布マスク・ウレタンマスクの違いについて比較してみた

スポンサーリンク

もう今の世の中、マスクのない生活は考えられなくなりましたよね。

不思議です。

 

今生まれてきた赤ちゃんたちは、

マスクしているのが当たり前で、

外すと恥ずかしいという時代に生きるのかな?

 

本当、先行きが見えない感じですよね。

 

マスクが当然になってきたら、

今度はマスクをいかにおシャレにするか、

日常の洋服に馴染むようにするか、

息をしやすいようにするなど、いろいろな工夫、改善がされていますよね。

 

そもそも今の最終段階では、

不織布マスクが一番コロナには効果があるとされています。

 

ただ、状況に応じて

布マスクの時もウレタンの時もあるかもしれません。

 

今回の記事では、

改めてマスクのことをもっと詳しく知るために、

不織布、布、ウレタンのそれぞれの違い、比較結果などを紹介していきますね。

 

スポンサーリンク

 不織布マスク・布マスク・ウレタンマスクの違い、分かりますか?

 

 

このコロナ渦中になって、

マスクも種類がたくさんあることがわかりましたよね。

 

でも、それぞれにメリットもあって効果も違うので、

マスクが必要不可欠になった今、

再度改めて、不織布マスク・布マスク・ウレタンマスクの違いなどを紹介します。

 

まずはそれぞれのメリットをまとめてみました。

 

・不織布マスク

  • 飛沫抑制効果が高い
  • 使い捨てのため衛生的
  • かさばらず携帯に便利

 

・布マスク

  • 洗濯して繰り返し使用可能
  • 吐き出し飛沫量が少ない
  • 保温・保湿効果が高い
  • 肌に優しい

 

・ウレタンマスク

  • 通気性が高い
  • 洗濯して繰り返し使用可能
  • 乾くのが早い
  • フィット感があり着け心地が良い

 

感染予防の観点では、断然不織布マスクですね、

その分、通気性は厳しいです。

 

逆に、布やウレタンは通気性が良いので呼吸しやすいし、洗濯可能なので便利。

 

結局のところ、

不織布マスクは使いづらいもの、不便なものだけど、

唯一、飛沫感染の予防になると言えるのかもしれませんね。

 

今コロナもたくさんの変異があり、

だんだんと対策も変わってはきていますよね。

 

それを考えると、

このマスクもTPOで使い分けると良いのかもしれません。

 

ファッション性が高いものもかなり増えてきましたし、

100円均一でもたくさんの種類が売られています。

 

でも不織布だと洗えないから使い捨てになる・・

それは清潔さではいいことなんですが、

こんなに必需品になるんだったら、

全体的に価格を下げて欲しいなと思ってしまいませんか?!

 

毎日使うとなると、出費もバカになりませんよね!

スポンサーリンク

 不織布マスク・布マスク・ウレタンマスクを比較してみた

 

 

不織布マスク、布マスク、ウレタンマスクを比較して、

使い分けの方法を考えてみると良いかもしれません。

 

マスクの効果を比較してみましょう。

 

・飛沫の吸い込み

・不織布マスク    70%防御

・布マスク      35~45%防御

・ウレタンマスク   30%~40%防御

 

・飛沫を吐く

・不織布マスク  80%カット

・布マスク    66~82%カット

・ウレタンマスク 50%カット

 

例えば、ジムに一人で運動しに行く時、

話すことはないので、ウレタンマスクを選んでも良いかもしれません。

 

外でウォーキングする時も、

近くに人がいないし、外なので、ウレタンや布マスクで良い。

 

要するに、人が多くない場所や、話さない、食べない場所なら

布マスクやウレタンマスクでもOKということですよね。

 

不織布ほどではありませんが、防ぐ効果は半分近くはあるのです。

 

通気性を比較したときには、

不織布は感染予防できる分、通気はほとんどできません。

 

だから、小中高生の体育の授業では、不織布は絶対に危険ですよね。

 

ジムなどでも危険かもしれません。

 

感染症ではないけど、体調を間違いなく崩します。

 

特に、夏の暑い毎日には、

熱中症や呼吸困難なども考えられますので、対策をよく考えるべきだと思いますね。

 

不織布マスク、布マスク、ウレタンマスクの特徴と効果の比較をして、

TPOで使い分けていくことが、今度大事になっていくかもしれませんね。

 

ちなみにオミクロン株に関しては、

触ったりしたものでもうつるので、

もはやどのマスクでもよいのではないかと、個人的には感じていますけれども・・・。

 

みんながしているからする、

世間の目が怖いからするのではなく、

人を思いやって、自分を大切にするという目的を持たないと、

マスクをしていても意味がありませんからね。

 

スポンサーリンク

まとめ

 

マスクが通常必需品になってきて、

当たり前の世の中になり、もう数年たちましたね。

 

マスクも不織布、布、ウレタンと大まかな種類がありますが、

今使い分けも注目されています。

 

感染予防には、確実に不織布が良いのは

もうみなさんもご周知のとおりですよね。

 

ただ、子供の運動、大人のジム、ウォーキングなどの時に、

不織布は逆に熱中症のリスクなどもありましたよね。

 

人と会わない、話さない、食事をしない、

周りに人が少ないなどの条件がそろった時には、

ウレタンなどで通気性の良いものを着用するほうが、健康には良いかもしれません。

 

いくつもあるマスクの種類の特性を把握して、

TPOに合わせて使い分けしていくと良いかもしれないですね。

タイトルとURLをコピーしました