トイレのふち裏を掃除したいけど、届かない時は何を使えばいいのか徹底調査!

スポンサーリンク

トイレのふち裏って、厄介ですよね。

 

トイレのふち裏は目立たないですが、

汚れが溜まりやすく、

いつの間にか汚くなってしまっていることがあります。

 

そんなトイレのふち裏ですが、

掃除をしたいのに届かない場合は、どうすればいいのでしょうか?

 

ここでは、トイレのふち裏の掃除について、

解説をしていきたいと思います!

 

スポンサーリンク

トイレのふち裏に届かない…どうすればいい?

 

 

トイレのふち裏には、

様々な汚れが溜まりやすいです。

 

特に、尿はねなどの汚れは

こびりつきやすい上に、汚れが落としにくいため、

困ってしまいますよね。

 

トイレのふち裏にこびりついた汚れですが、

届かない場合、以下の方法を試してみましょう。

 

ふち裏スプレー

 

トイレのふち裏に悩む人は多いです。

 

そんな人のために、便利グッズはたくさんあります。

 

まずおすすめなのが、トイレのふち裏スプレーです。

 

 

 

こちらは、泡のスプレータイプとなっているので、

吹きかけるだけで、泡が付着をしてくれます。

 

ふち裏スプレーを吹きかけたら、

泡がついた状態で3分ほど放置をします。

 

そうすることで、ふち裏の汚れが浮き出てくるので、

あとはブラシなど汚れを落とせばOKです。

 

トイレ用洗剤を使う

 

ふち裏用のスプレーではなく、

通常のトイレ用洗剤でも掃除は可能です。

 

その場合は、液体の洗剤になっているので、

ふち裏には付着しにくいですよね。

 

その時に使えるのが、トイレットペーパーです。

 

トイレットペーパをふち裏につけたら、

そこにトイレ用洗剤をかけるようにしましょう。

 

そうすることで、パックの要領で

ふち裏の汚れにトイレ用洗剤が浸透をしていきます。

 

この状態でこちらも3分ほど時間を置いてから、

あとは水で流して、ブラシで拭くようにしましょう。

 

トイレットペーパーですので、全て流れてくれますし、

ふち裏の汚れをしっかり落とすことが可能ですよ。

 

このように、普通なら届かないふち裏の汚れも、

洗剤やトイレットペーパーをうまく使うことによって、

綺麗に落とせます。

 

ぜひ試してみてくださいね。

 

スポンサーリンク

トイレのふち裏を掃除する時に使える商品。使い捨てのオススメは?

 

 

トイレのふち裏を掃除する時ですが、

使い捨てのオススメ商品はあるのでしょうか?

 

結論から言えば、あります。

 

続いて、

使い捨てのトイレのふち裏に使える掃除商品を紹介していきます。

 

3M トイレ掃除 トイレブラシ 使い捨て

 

まず紹介をするのが、3Mのトイレ掃除商品です。

 

 

こちらは、トイレ掃除専用のブラシとなっており、

スポンジにも洗剤がついています。

 

そして、このスポンジも使い捨てで

使うことができるので衛生的です。

 

また、スポンジも

トイレのふち裏に入り込める形状をしているので、

汚れを残すことなく掃除が可能です。

 

激落ちくん クリンぱ!流せるトイレクリーナー

 

 

こちらは、様々な商品展開をしている

激落ちくんのトイレクリーナーバージョンですね。

 

流石の激落ちくんクオリティということで、

トイレにこびりついた頑固な汚れを落とすことができます。

 

こちらはトイレのふち裏に関わらず、トイレ全体の掃除が可能です。

 

そして、もちろんそのまま捨てることができるので、衛生的ですね。

 

トイレ掃除をする際には、

しっかりとゴム手袋をつけた上で掃除をするようにしましょう。

 

もし、トイレのふち裏などで汚れが落としにくいと感じた場合、

棒状のものにトイレクリーナーをつけて掃除をすると、落としやすくなります。

 

トイレ掃除をする上で、使い捨ての商品は非常に楽です。

 

ぜひ自分で使いやすいものを選んで、

トイレ掃除をするようにしてくださいね。

 

スポンサーリンク

まとめ

 

トイレのふち裏ですが、届きにくいため掃除が大変ですよね。

 

しかし、ふち裏スプレーや、トイレットペーパーをうまく使うことで、

こびりついたふち裏の汚れも落とすことが可能です。

 

また、トイレのふち裏の掃除ですが、使い捨ての商品を使うと楽です。

 

使い捨てのスポンジやトイレクリーナーがあるので、

うまく利用するようにしましょう。

 

そして、トイレのふち裏を含め、全体を綺麗にして、

気持ちよくトイレを使うようにしてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました