トイレ掃除のブラシってどうしてる?使い捨てがいいのか使わないのか調べてみた

スポンサーリンク

トイレ掃除って、いつも色々と悩みませんか?

私だけかな(笑)

 

どれがキレイに拭き取れて、

何の洗剤が清潔で、強力に菌をやっつけてくれるかとか、

いつも考えている気がします。

 

小さい子どもと住んでいると、

何かと汚れも付きやすいので気になるのでしょうね。

 

拭き取りががいいのかブラシがいいのか、

ずっと使えるものが良いのか使い捨てが良いのか。

 

選択肢はいろいろありますが、

結局どれが一番良いのかと色々試している感じです。

 

個人的には、トイレ回りは基本的に使い捨ての物を使っています。

 

トイレを掃除しているものの、

掃除用具をキレイに保てているか自信がないのが一番の理由です。

 

贅沢だと思いながらも、やはり清潔さが一番気になるところです。

 

今回の記事では、

トイレ掃除のブラシは使い捨てが良いのか?

ブラシを使わないでもなんとかなるのか、

などについて調査してみました!

 

スポンサーリンク

トイレ掃除のブラシは使い捨てがおすすめ?

 

 

トイレ掃除のブラシは、

私的には使い捨てがおすすめです。

 

世間でも今、使い捨てが増えているということは言われていますし、

SNSでそういう発信をされているのを、よく見かけます。

 

なんといっても、手軽に使用できるのがうれしいんですよね。

 

使い捨てタイプのトイレブラシ。

 

ブラシ部分に洗剤液が元々ついているので、

使い終わったら洗浄する必要もないのが楽チン!

 

使用したブラシを

収納ケースに保管する必要がないのが衛生的で、

私は一番のポイントです。

 

繰り返し使用するブラシは

雑菌が繁殖しやすいと思うので、

ブラシ自体を除菌したりしなきゃいけないですよね。

 

その点、使い捨てタイプは使用後にゴミ箱に捨てるだけだし、

私はトレイに流せるものを使っています!

 

 

たしかにお値段はそこそこするし、経済的ではないのですが、

ストレスがないのが私にとっては嬉しいので、ここはお金をかけようと思っています。

 

ただ、使い捨ては、上の部分の枝は持っておく必要はあるので、

そこがトイレにあるのは気になるところではあるんですよ。

 

小さいし細いし、場所は取らないのですが、

どこに置こうか、収納に困ったりはしました。

 

今は吊るしているのですが、

人目につかない方が、見栄え的には良いですよね(笑)

 

スポンサーリンク

トイレ掃除のブラシは使わないやり方でもなんとかなる?

 

 

これもSNSで最近見かけるのですが、

トイレ掃除にブラシは使わないです、という人。

 

一定数いるのですが、確かに効率の良さは感じます。

 

まず、使い捨てブラシ同様、

保管しておくということはないので、その時点で衛生的ですよね。

 

ブラシを置く場所もとらないし、見た目もスッキリするというのもあります。

 

トイレブラシを使わない人が、

どのように掃除をしているかチェックしてみました。

 

  1. 重曹で一晩浸けて置く
  2. こすらないで洗い流すだけのタイプの洗剤を使う

 

このような方法がありました。

 

特に2に関しては、

洗剤の種類もかなり出てきているんです。

 

トイレの淵回りに洗剤を垂れ流すように付けて、

ちょっとだけ時間をおいて洗い流すだけというものです。

 

ちなみに、うちの親族の家庭はそれを利用しているとのことでした。

 

私はそれを利用したことはあるのですが、

磨いた・こすったという作業をすることで自分が納得できるので、

結局、使い捨てブラシを使っています。

 

でも、この洗剤のほうが経済的に考えても良いのかも。

 

人気だと言うことは、それで汚れが取れているということですからね。

 

汚れさえ取れれば掃除はできていると同じですもんね。

 

これでトイレの中を掃除して、

蓋や周りは、拭き掃除でOKということは、衛生的ですし。

 

スクラビングバブル、泡ピタ、トイレのルック。

 

基本的には、超強力と書いてあるので、

強めの洗剤ではあるのでしょう。

 

どれも汚れ落ちが良いし、待ち時間も数分で長くない、

そして香りもよいので、本当にストレスが減ったとの声が多いんです。

 

 

 

考えた企業、スゴイ!偉い!と、口コミで褒めまくりのようです。

 

これで充分キレイなんですが、

うちの妹は毎日これを使って、週一で磨くと言っていました(笑)

 

とにかく清潔になればいいんですよね。

そして洗い物は減らしたい。

 

効率的かつ衛生的に掃除をしたいということです。

 

スポンサーリンク

まとめ

 

トイレ掃除にブラシを使う人が減ってきています。

 

理由は、トイレをブラシで擦った後に、

このブラシを洗わなければ不衛生ではないかと思うので、

洗い物が増える手間と、ブラシの置く場所に迷うというところです。

 

そのストレスを少しなくしたのが、使い捨てブラシ。

 

先の方に洗剤が元からついているシートがあって、

それで擦って、シート部分は切り離してトイレに流す。

管理するのは持ち手の部分だけ。

 

これでブラシの不衛生さはクリア。

ただ、少し値段がかかります。

 

最終的にストレスが一番ないのは、ブラシを使わないという洗剤。

こちらが洗剤を付けて、数分待って洗い流すだけ。

 

これでキレイになるし、ブラシなどの置き場所など全く必要がない。

 

これが一番ノンストレスで今人気なのです。

タイトルとURLをコピーしました