美味しいゴールドキウイの見分け方や選び方。色を見るのがいいの?

スポンサーリンク

一年を通して簡単に手に入るキウイフルーツ。

 

キウイフルーツといえば、

果肉が緑色のグリーン種と、果肉が黄色のイエロー種がありますね。

 

果肉が黄色いゴールドキウイは、

グリーン種に比べて酸味が少なく、甘みを強く感じることから、

ゴールドキウイのほうが好きだという人も多いのではないでしょうか。

 

しかしそんなゴールドキウイでも、

実際に食べてみたら酸っぱかった、なんて経験はありませんか?

 

ゴールドキウイの見分け方や選び方を知りたい。

 

美味しいゴールドキウイの判断の仕方を知りたい、といった方向けに

今回は、その判断のポイントを紹介していきたいと思います。

 

スポンサーリンク

美味しいゴールドキウイの見分け方。どこで判断すればいい?

 

 

美味しいゴールドキウイの見分け方のポイントとしては、

「色」と「形」と「触った時の固さ」の3つです。

 

これはゴールドキウイに限らず、

果肉が緑色のグリーン種のキウイフルーツにも同じことが言えますので、

是非参考にしてみてください。

 

 

まずは「色」です。

 

皮の色が濃いものや薄いものなど、一つひとつの色が違うキウイフルーツですが、

美味しいキウイを選ぶときは、色が薄いものを選ぶようにしましょう。

 

色が濃いキウイは、

人間でいうところの日焼けをしているものになります。

 

日に焼けているものが美味しくないわけではないのですが、

日焼けをしていない薄い皮の色のもののほうが、より甘いと言われています。

 

 

次に「形」です。

 

キウイの形は、

まん丸のもの、たまご型のもの、平べったい形をしたものなど、

いくつか種類がありますが、

より甘いキウイを選びたいときは、

「平べったい形」のキウイフルーツを選ぶようにしましょう。

 

平べったい形のキウイは「長男」と呼ばれており、

これはキウイの木の幹に一番近くに実ったキウイのことです。

 

幹に一番近い実は、水分と栄養がたっぷりといきわたり、

実が膨張して形が変形し、平べったくなるのだそうです。

 

形が悪いと選ばないようにしてしまいがちですが、

形が悪く見える平べったい形のキウイのほうが、一層甘くて美味しいのです。

 

 

最後のポイントが「触った時の固さ」です。

 

スーパーなどに並ぶキウイは、

店頭に置いてある間に痛んでしまわないように、

あえて未熟な状態で収穫されたものです。

 

未熟なキウイフルーツは固く、食べたときに酸っぱいので、

適当に選んでしまうと失敗することも多々あります。

 

未熟なキウイフルーツは、

常温で数日おいておくことで追熟することができ、

少し柔らかくなった頃が食べ頃です。

 

購入してすぐ食べたいときは、

あらかじめ柔らかいキウイフルーツを選んで購入してください。

 

スポンサーリンク

ゴールドキウイの選び方は色を見るのが正解?

 

 

先に説明したとおり、

「色」もゴールドキウイを選ぶうえで重要なポイントの一つです。

 

皮の色の濃さは、どれだけ陽に当たったかを示しています。

 

人間でいうところの日焼け具合ですね。

 

日焼けをして皮の色が濃くなったものよりも、

あまり日焼けをしていない薄茶色の皮のキウイフルーツのほうが、

より美味しいと言われています。

 

ただし、皮の色だけで美味しいかを判断するのは難しく、

キウイ選びに失敗してしまう可能性も高くなります。

 

「色」だけでなく、「形」や「触った時の固さ」も確かめれば、

それだけキウイ選びに失敗する可能性も低くなります。

 

上記の美味しいゴールドキウイの見分け方のポイント3つは、

そんなに難しいものではないので、

総合的に判断して、より美味しいゴールドキウイを選んでくださいね。

 

スポンサーリンク

まとめ

 

ゴールドキウイはグリーンキウイよりも酸味が少なく、

甘いものが多いと言われていますが、未熟なものはやっぱり酸っぱいです。

 

同じ値段で購入するなら、

せっかくなら美味しいものを選びたいですよね。

 

ゴールドキウイはビタミンCが豊富で、美容にも良く、

値段も手ごろと素晴らしいフルーツです。

 

なおかつ、一年を通して簡単に手に入ることができます。

 

これまでゴールドキウイをあまり購入したことがなかったという方も、

定期的にゴールドキウイを購入しているという方も、

ぜひ今回紹介した見分け方のポイントを押さえて、

失敗しないゴールドキウイの選び方を実践してみてください。

タイトルとURLをコピーしました