葬式にはなぜ菊が使われる?縁起悪いものなの?他に使い道はあるの?

スポンサーリンク

葬式には、よく菊が飾りとして使われることが多いですが、

菊って縁起の悪い花なのでしょうか?

 

確かに弔事の際に祭壇に活けられたり、

お墓や仏壇のお供えの花に、菊が必ず使われています。

 

そうなると、やっぱり縁起の悪い花、という印象が強くなりますね。

 

でも本当に菊って縁起の悪い花なのでしょうか?

 

今回はそんな、菊の花が葬式に使われる理由や、

縁起の悪い花なのかどうかを解説していきます。

 

スポンサーリンク

菊って縁起悪いものなの?

 

 

菊は、葬式や亡くなった方へのお供え物の花として

使われることがありますが、それは決して縁起の悪い花だからではありません。

 

どうしても菊は縁起の悪い花、というイメージが定着しつつありますが、

実は、菊は格調高い花なんですよ。

 

国花や皇室の紋章も菊だし、

菊って実は、邪気払いや無病息災、

そして延命長寿などの意味を持っているのです!

 

また、菊の花言葉は『高貴』なんですよ。

 

こうして見ると、菊ってちっとも縁起の悪い花ではありませんね。

 

むしろ、とても気品があって高貴で、

しかも何かと良い意味を持つ花であることが理解できます。

 

私も今まで、菊=葬式やお墓などにお供えする花、

というイメージだったので、

とても良い意味を持っていると知って、かなり驚きました!

 

確かに、菊って着物や帯の柄に使われることもありますもんね。

 

しかも京都の舞妓さんは、

10月になると、菊の花かんざしを髪に飾るようになるんですよ!

 

よくよく考えれば、菊はお供えに使われることもあるけれど、

本来は観賞用としても栽培される普通の花でもあるんです。

 

ということで、

菊は縁起の悪い花ではありません!

 

ただ、葬式やお供え物として定番の花だから、縁起が悪いと思われてしまうんですね…。

 

ではなぜそもそも、葬式などに菊を使うようになったのでしょうか?

 

続いては葬式に菊の花を使う理由と、

菊の葬式やお供え以外の使い道を紹介します。

 

スポンサーリンク

葬式で菊が使われるのはなぜ?他に使い道はあるの?

 

 

葬式で菊が使われるのは、

格調高く、しかも菊の香りがお香に似ているから、という説が有力なんです。

 

要するに、亡くなった方への敬意を込めて、

格調高い高貴な花をお供えするということなんですね!

 

また、菊の葉や花を食べることで、

長生きできるという言い伝えもあるため、

葬儀に出席してくださった方々の、健康を祈る意味合いもあるとのこと。

 

やっぱり菊は、縁起の悪い花ではなかったのです!

 

反対に、とてもいい意味を持つ花で、

亡くなった人のことだけでなく、

生きている人のことも考えたうえで、葬式や仏壇やお墓にお供えされるんですね。

 

私もこれらの理由を知らなかったので、改めて菊の素晴らしさを理解できました!

 

さて、そんな高貴で良い意味も持っている菊ですが、

実は飾るのは葬式だけではないのですよ。

 

お正月飾りには、

千両(せんりょう)や万両(まんりょう)という植物と、

松と一緒に菊が使われることもあります。

 

また、端午の節句や七五三などの時に、

菊の花を活けると、福がやって来るという言い伝えもあるくらい。

 

ということで、

菊はお供え物以外にも、季節の行事の際に活けたり飾ったりと、

とてもおめでたい行事に使われているんです。

 

菊の使い道はお供えだけでなく、

お正月や節句の飾りにする、ということもあるので、ぜひ覚えておきましょう。

 

確かによく考えてみれば、

お正月用のフラワーアレンジメントには、丸い菊が使われていることがあります!

 

菊って、何気に色々と使い道のある花だったんですよ。

 

今後は「菊は縁起が悪い花だ」とは思わないようにして、

季節の行事の際には、活けてみるなどしていくと良いですね。

 

私もお正月には、千両や万両、松などと一緒に、

菊の花を活けて玄関に飾ってみようと思います!

 

スポンサーリンク

まとめ

 

菊は縁起の悪い花ではなく、

高貴で格調高い花だからこそ、

亡くなった方への敬意を込めてお供えされるもの。

 

要するに、菊自体は縁起の悪い花ではなかったのです。

 

ただ、死者への敬意と香りがお香に似ていることと、

菊の花や葉を食べると長生きするという理由から、

葬式に使われることになったんですよ。

 

菊はお供え物の他に、お正月飾りなど、

季節の行事の際に活けると福を呼び込むとされています。

 

今後は菊のイメージを改めて、使い道を変えていくと良いですね!

タイトルとURLをコピーしました