手洗いの時に指輪は外す?アルコール消毒したらメッキが剥がれたりしないの?

スポンサーリンク

今のご時世、手洗いとアルコール消毒が当たり前になってきましたね。

 

手指の衛生は、コロナ渦にかかせないものですし、

普段から菌を寄せ付けないためにも、一番有効なのが手洗いとされています。

 

そんな時、アクセサリーが気になりませんか?

 

指輪やブレスレットを、付けたまま手洗いしても大丈夫なのか?

アルコール消毒の時に、

アクセサリーにアルコールが付いたら、剥がれたりしないか?など。

 

手洗い衛生は大事ですが、アクセサリーも大事ですもんね!

 

今回の記事では、

手を洗う時、指輪は外すべきか?

指輪をしたままのアルコール消毒は、メッキを剥がしてしまうか?

などについて紹介していきます。

 

スポンサーリンク

指輪は手を洗う時、外すべきなのか?

 

 

指輪は、手を洗う時に外すべきかと言われると、

外すのが理想です。

 

指輪のためにも衛生のためにも、どちらにとってもです。

 

まず衛生的に言えば、

指輪をしている部分が、洗えないということになりますので、

手洗いが不足することを指します。

 

特に指は、手洗いにおいて不十分だと指摘される箇所なのです。

 

だから、手洗いする時は指輪を外して、念入りに洗うことをお勧めします。

 

そして、指輪の話をしていくと、

指輪を付けたままの手洗いで指輪が故障することは稀ですし、

ほぼないと言ってもよいでしょう。

 

ただ、水や石鹸が付くので、

その垢が隙間などに入り込み、汚れに繋がることが考えられます。

 

目立つものではないし、気にしない人は大丈夫です。

 

しかし、デザインが複雑であり、

でこぼこと入り込むところなどがあるときは、

汚れに繋がるし外したほうが良いんです。

 

ですので、指輪の観点から言うと、外さなくても大丈夫とは言えます。

 

衛生面や指輪の汚れなどを考慮するなら、

外すには越したことがないのかなと、個人的には感じます。

 

高い指輪は質も素材もしっかりしているので、

壊れる・剥がれるということはありませんので、大丈夫です。

 

スポンサーリンク

指輪をしたままのアルコール消毒はメッキが剥がれたりしないの?

 

 

指輪をしたままのアルコール消毒は、

指輪のメッキが剥がれたりしないか心配ですよね。

 

基本的に、指輪に使われているような金銀プラチナ系統は、

アルコールがかかっても問題ないし、変色する恐れもありません。

 

ただ、有機質である石や、水分が含まれる石が

装飾として付いているような指輪は、

少しだけ注意したほうが良いかもしれません。

 

アルコールスプレーを一吹きするくらいでは、

どうにかなるようなことはありませんが、

例えば除菌シートなどがありますよね?

 

私も子供がいるので、除菌はシートを持ち歩いていますが、

このシートを使うことで、傷をつける恐れはゼロではないのです。

 

アルコール除菌シートで手を拭いているときに、

指輪も一緒に拭くようなことがあると、キズを付けるかもしれません。

 

そして、石の中にはアルコールに弱い、そして水分に弱い石もあります。

 

その石だと、吹き付けタイプでも変色をする恐れがあるので、

注意をしておくことが必要ですね。

 

そして、指輪をつけて手洗いや消毒などをしていると、

皮脂や油分が入り込むことも考えられます。

 

ですので、指輪自体をキレイに使い続けるための手入れが必要です。

 

石鹸などが付いたまま、

ちゃんと洗い落とせていない可能性もありますから。

 

指輪自体をこまめに洗浄するために、

食器用洗剤を溶かすお湯につけると、

キレイになると言われているのは有名はお話です。

 

キッチンの洗剤などは、

消毒として有効であることも言われていますので、

こまめに手入れをしておくことも安心なことです。

 

禿げたり、大きな故障はありませんが、

積もり積もった汚れや、入り込んだ微細な汚れなどを放っておくと、

指輪の劣化も早まりますので、注意をしておきましょう。

 

そのように考えると、

手洗いに関しては指輪を外してすることが、

どちらにおいても無難な対策だと思われます。

 

消毒に関しては、お家であれば外したりも可能でしょうが、

店頭での消毒、外出先での消毒でいちいち外すのは大変ですし、

紛失の恐れもあるので、定期的な指輪のお手入れがおすすめということです。

 

ブレスレットなども同様です。

 

入り込む汚れや、手を洗う時の石鹸が

残っているということもあり得ます。

 

ブレスレットは、比較的、

帰宅時に外すというスタンスでしょうから、

手洗いするなら外してから手洗いする方が良いです。

 

貴金属アクセサリーは、

大事に長く使いたいと思うはずですので、

手入れしつつ、適宜外して対応することが一番良さそうです。

 

スポンサーリンク

まとめ

 

・手洗いや消毒で指輪をつけていても、大きく破損に繋がったり禿げたりすることはない。

・石が付いている指輪に、アルコールの除菌シートなどを使うと、こすれて微細なキズがつくこともある。

・アクササリーの微細の傷の中に、石鹸などが溜まり汚れに繋がることはあるので、定期的な洗浄は必要。

・アクセサリーを外して洗うことが、アクセサリーを守ることにも、手の衛生を守ることにもつながるので、外すに越したことはない。

タイトルとURLをコピーしました