格付けチェックでYoshikiが食べていたかりんとう。升本屋の一筆かりんとうを紹介

正月の定番番組といえは、格付けチェックですよね。

 

そんな格付けチェックでは、様々なお菓子が出されますが、

今年は特に、Yoshikiさんが控え室で食べていた

かりんとうが美味しそうでしたね。

 

このYoshikiさんが食べていたかりんとうですが、

どこのかりんとうなのでしょうか?

 

また、このかりんとう、お取り寄せは可能なのでしょうか?

 

ここでは、格付けチェックでYoshikiさんが食べていた

かりんとうについて解説をしていきます!

 

Yoshikiさんが食べていた升本屋のかりんとうは通販で購入できるの?

 

 

格付けチェックでは、

Yoshikiさんに専用の部屋が用意されています。

 

そこでは様々なお菓子が用意されるのですが、

このお菓子は、番組で出るとすぐに特定をされ、

瞬く間に大人気になります。

 

2022年の格付けチェックでは、

Yoshikiさんはかりんとうを食べていました。

 

このかりんとうですが、

東京都世田谷区にある、升本屋の一筆かりんとうとなっています。

 

 

升本屋は酒屋さんなのですが、

そこで売られているかりんとうが美味しいということで、

話題となっています。

 

塩みつ味やざらめ、黒胡椒など、

甘いものから甘じょっぱいもの、辛いものなど様々であり、

一度食べると止まらなくなるかりんとうです。

 

そして、一つ一つのパッケージに店主のメッセージが書かれており、

贈り物にも人気となっています。

 

実際、こちらのかりんとうは人気の商品となっており、

格付けチェック以外にも、様々なメディアで取り上げられています。

 

そんな升本屋のかりんとうですが、

通販で買うことはできるのでしょうか?

 

結論から言えば、残念ながらできません。

 

実は、升本屋のかりんとうですが、

2022年の3月をもって販売終了となってしまいます。

 

店頭分も終了次第に販売終了で、

通販サイト自体はあるのですが、

通販も3月15日をもって受付を終了しているため、買うのは困難です。

 

人気商品のために、残念に思っている人も多いでしょう。

 

しかし、升本屋ですが、

現在、新しいかりんとうの開発をしているとのことです。

 

ですので、格付けチェックで出されたかりんとうは販売終了となりますが、

今後は、新しいかりんとうがまた販売されるようになります。

 

販売時期は未定となっていますが、

升本屋ブランドはそのままですので、

きっとまた美味しいかりんとうが発売されることでしょう。

 

もし升本屋のかりんとうを食べたいという場合には、

ホームページなどを細かくチェックして確認するようにしてくださいね。

 

Yoshikiさんが食べていた升本屋の一筆かりんとうの口コミ

 

 

販売終了が残念な升本屋の一筆かりんとうですが、

口コミはどうなっているのでしょうか?

 

続いて紹介をしていきます。

 

・あっさりとした味の中にも甘さが感じられて美味しい

 

一筆かりんとうですが、

全体的にあっさりとした味わいとなっています。

 

そんな味わいの中にも、酒や砂糖の甘さを感じることができ、

一度食べると止まらないかりんとうとなっています。

 

 

・メッセージが嬉しい。贈り物にも最適

 

一つ一つのパッケージにメッセージを入れることができるので、

贈り物にも使いやすく、喜ばれやすいという声がありました。

 

 

・ビールや日本酒に合う

 

一筆かりんとうが売られている升本屋さんですが、

本来は酒屋さんとなっています。

 

だからこそかはわかりませんが、

こちらのかりんとうはお酒との相性もバッチリです。

 

ビールや日本酒の肴にかりんとうというのも、

おしゃれで良いですよね。

 

 

このように、升本屋の一筆かりんとうは良い口コミが多いです。

 

早く新しい形でかりんとうが販売されると良いですね。

 

まとめ

 

格付けチェックでYoshikiさんが食べていたかりんとうは、

東京都世田谷区にある升本屋のかりんとうです。

 

升本屋は酒屋ではありますが、かりんとうも販売されており、

その美味しさから非常に人気となっています。

 

通販も行っていたのですが、

残念ながら、かりんとうの販売は2022年3月で終了となっています。

 

しかし、現在新しいかりんとうを開発中ということですので、

楽しみに待っていましょう。

 

気になる方は、

升本屋の新しいかりんとうを買って食べてみてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました