電動歯ブラシの丸型・角形どっちがいい論争。電動歯ブラシを使うメリット・デメリットって何?

スポンサーリンク

電動歯ブラシを使ったことがありますか?

 

電動歯ブラシも、ここ近年で

いろんな種類のものが開発されましたよね。

 

丸い形のヘッドや角形のもの、

回転型のものなど、様々あります。

 

電動歯ブラシを使ってみて、

実際、手で磨くのとどちらが良いのか?

と考えると、ちょっと微妙な感じですよね。

 

電動歯ブラシにも、

使う上でメリットとデメリットもあるんですよ。

 

今回の記事では、

回転型の電動歯ブラシを使うメリット・デメリット、

電動歯ブラシ自体のメリット・デメリットなどを紹介していきます。

 

スポンサーリンク

回転型の電動歯ブラシを使うメリット・デメリットとは?

 

 

最近人気なのが、回転型の電動歯ブラシです。

 

けっこう強めの勢いがあるので、

スッキリ感は良いと、評判を聞きます。

 

この回転型電動歯ブラシのメリットとデメリットを

チェックしてみましょう。

 

回転型電動歯ブラシのメリット

  • 歯垢の除去力が強い
  • ブラッシングの満足感が高い
  • 普通の歯磨きでは届きづらいところまで磨ける

 

回転型電動歯ブラシのデメリット

  • 歯茎への刺激が強すぎる
  • 歯が薄いと痛く感じる

 

しっかり歯を磨いたとガッツリ感じたい人は、

回転型電動歯ブラシが良いですね。

 

もともと歯槽膿漏や

歯肉炎を持っている方にとっては、

回転型の電動歯ブラシは、かなりきつく感じてしまうので、

使わないほうが良いかもしれませんね。

 

回転型は、歯自体を磨くのに関しては

とても優れていると言えますが、

歯の間や歯の裏の付け根など、

特に食べカスが挟まって残りそうなところまでは、手が回りません。

 

しかし、これは手動でも同じことが言えるので、

肝心要のところは結局、

糸ようじやフロスなどで丁寧に取り除くことが

必要になってくると思います。

 

歯をどうしたいかという目的を持っていれば、

回転型、丸型、角型、手動と、自分で選択できるでしょう。

 

スポンサーリンク

そもそも電動歯ブラシを使うメリット・デメリットって何?

 

 

そもそも普通の歯ブラシではなくて、

電動の歯ブラシを使うことって良いことなのか?

 

電動歯ブラシを使うメリット・デメリットを説明します。

 

電動歯ブラシを使うメリット

 

・清掃効率がよい

圧倒的に歯磨きの効率が上がりますので、

短時間で歯垢を落とせます。

 

また、手を使って磨くときには届かなかった場所、

たとえば歯の根本にある

歯周ポケットの中も掃除可能なので、虫歯になり辛いとも言えます。

 

・年齢を選ばず簡単に使える

電気で勝手に振動するため、

使い方さえ間違わなければ、

どの年齢層の人でも簡単に歯をきれいにできます。

 

力がない子供や高齢の方でも大丈夫。

疲れずにしっかりと歯磨きができます。

 

介護でも使われていると聞きますね!

 

・歯にかかる圧力を一定にできる

 

電動歯ブラシは電気の力で動くため、

軽く支えるように持つだけで、一定の圧力をかけて磨けます。

 

手動であれば力を入れてしまうところと、

軽く磨くところの差が出てしまいますが、

電動歯ブラシでは、どの歯も均等に同じ力で磨けます。

 

 

電動歯ブラシを使うデメリット

 

・価格が高価である

電動歯ブラシは、

本体価格が数千円~50,000円ぐらいのものもありますが、

普通の歯ブラシなら数百円からありますよね。

 

・替えのブラシも高価なのでランニングコストがかかる

 

・歯や口の中を傷つけることがある

電動歯ブラシを歯に必要以上の力で押し付けたり、

間違って口腔粘膜に当てたりすると、

歯や歯肉などを傷付けてしまうことがあります。

 

・研磨剤入りの歯磨き粉を使うと、歯や歯肉を痛めやすい

・ブラシの当て方が不適切だと、歯磨きが不十分になる

・振動や音が気になることがある

・電池や電力を必要とする

・重いので長時間使うと手が疲れる

・手入れの手間がかかる

 

こう見てみると、デメリットは多いのですが、

歯を磨くという意味では、メリットと同じくらいですよね。

 

コストの面や手入れなどのところで

デメリットとなってくることが多いのです。

 

結局、歯と歯の間は電動でも手動でも難しいので、

糸ようじやフロスなどを使うことで、

どちらにせよフォローが必要となってきます。

 

電動歯ブラシを使うなら、

まず最初に糸ようじで歯の間の食べカスを取り除いて、

口をゆすいでから、歯自体を磨く…

という流れで使ったほうが良いということですね。

 

歯茎のマッサージには、

ちょっと強く当たってしまうので、気を付けたほうがいいですね。

 

スポンサーリンク

まとめ

 

近年は、電動の歯ブラシというだけでも

かなりの種類の歯ブラシが出ています。

 

回転型、角型、丸型など、値段もピンキリであります。

 

でも総じて、電動歯ブラシは

効率良くどの歯も均等に磨けて、力もいらないという利点があります。

 

しかしその反面、

強く当たるので刺激が辛い、

歯茎を傷付ける可能性もある、

ランニングコストがかかるなど、デメリットもありますね。

 

歯自体をしっかり磨くために

電動歯ブラシはとても良いのですが、

結局、食べ残しなどの歯に挟まったものは、

手動でも電動でも取り切れないので、

糸ようじやフロスなどを併用して使うことになるのかな?と思いますね。

 

自分の歯磨きの目的を明確にしたら、

どれを選択したらよいかわかるかもしれませんね!

 

また、子どもやお年寄りにも、電動歯ブラシの人気があるようです。

タイトルとURLをコピーしました