原子力発電がなくなったらどうなる?原発をなくせない理由って何?

スポンサーリンク

いま、原子力発電がまた話題になっていますよね。

 

2011年の東日本大震災以降、

日本は原発を稼働していません。

 

それで今までなんとかなっているのですから、

このまま脱原発で、

原発を無くせばいいと思っている人もいるでしょう?

 

しかし、実際は原発がなくなると困ることが多くあります。

 

ここでは、そんな原発がなくなったらどうなるのか?や、

なくせない理由について解説をしていきます!

 

スポンサーリンク

原発がなくなったらどうなる?電気代はどうなるの?

 

 

原発は現在、再稼働について、連日議論がされていますよね。

 

しかし、安全性を考えると、

やはり不安になる人も多いでしょう。

 

現在、原発は稼働をしていません。

 

では、そのまま原発をなくしてしまった場合、

どうなるのでしょうか?

 

結論から言えば、国民の生活はさらに苦しくなるでしょう。

 

詳しく解説をしていきます。

 

原発は、原子力の力を利用して発電をします。

 

簡単に説明をすると、

原子炉にあるウラン燃料の

核分裂の際に発生する熱でお湯を沸かし、

水蒸気によってタービンを回すのが、原子力発電の仕組みです。

 

この原発は、資源がなくても発電可能、

そしてエネルギー効率が良いため、

資源が少ない日本には

最も合っている発電方式と言えるでしょう。

 

もし原発がなくなったら、

天然ガスや石炭、

火力や水力といった発電で乗り切るしかありません。

 

加えて最近は、社会混乱が続いており、

その結果、天然ガスや石炭などの

化石燃料の輸入もストップしている状態です。

 

現在も、これらの発電方式で

なんとか乗り切っているのですが、

その結果、電力逼迫や電気代の値上げなどが続いています。

 

電気代の値上げに関しては、

家計で負担に感じている人が多いのではないでしょうか。

 

ちなみに電気代は、

2010年に比べると、一般家庭で年間で1万円ほど上昇しています。

 

今後は、原発を使わずに今の情勢が続いていくと、

さらに電気代は上がっていくことになるでしょう。

 

一般家庭ならまだしも、

これらは企業になると大きな支出です。

 

一般過程なら

まだ我慢ができる電気代の支出でも、

企業になると、その支出は何十倍にも膨れ上がります。

 

そして、企業の電気代の支出が増えることによって、

収益の中での電気代の支出の割合が増えるので、

利潤が減ってしまいます。

 

それは私たちの給料にも打撃を与え、

電気代が上がるのに給料は全く増えない

といった状況に陥ってしまいます。

 

というより、今はもうこの状態になっていますね。

 

だからこそ、原発の再稼働が考えられています。

 

スポンサーリンク

原発をなくせない理由って何なの?

 

 

原発を日本ではなくすことは、できないでしょう。

 

その理由としては上記の通り、

原発は日本に最も合った発電方法だからです。

 

化石燃料を使わずに発電できる原発は、

資源が少ない国にはもってこいです。

 

その中で、先進国で電気を使うことが多い日本では、

今の生活を守るために原発は必要不可欠です。

 

また、原発は、

発電過程の中で二酸化炭素を発生させません。

 

現在は、世界的に環境問題が叫ばれており、

国を挙げて環境問題に取り組んでいますよね。

 

化石燃料を使った発電の場合は、

二酸化炭素が必ず出てしまい、環境には悪いのです。

 

なので、環境問題に取り組むのなら、

原発は稼働させるのが道義となっています。

 

実際、世界的には発電は原発が推奨をされており、

日本もこの波に飲まれることになると、筆者は思っています。

 

もちろん、原発を動かすのなら

安全性を確保することは絶対条件です。

 

私たちの生活、環境問題、

それらを考えると、やはり原発はなくせない、

むしろ積極的に活用をする必要があるでしょう。

 

スポンサーリンク

まとめ

 

原発がなくなると、

私たちの生活はさらに厳しくなるでしょう。

 

電気代の値上がりも止まらず、

電気代が企業の利益を圧迫して、

給料も上がらなくなってしまいます。

 

原発は資源の少ない日本において、最も適した発電方法です。

 

加えて、クリーンな発電になるので、

環境問題が叫ばれている今、

やはり原発は必要になると筆者は思います。

 

原発の再稼働は時間の問題だとは思いますが、

その際には、しっかりと安全性を確保した上で

稼働するようにしてもらいたいですね。

タイトルとURLをコピーしました