記者会見はなぜ開く?どんなメリットがあるのか調べてみた

スポンサーリンク

大企業の不祥事の謝罪会見などをよく目にしますが、

なぜわざわざ開くのか気になりませんか。

 

また、記者会見を開くことで

どんなメリットがあるのかも知りたいという方に向けて

今回は書かせていただきました。

 

なぜ記者会見を開くのかは、起きた事象を世間に広く訴えるためです。

 

そうすることによって、

個人または会社を売り込むことにもつながります。

 

メリットに関しては、一度で複数のメディアに説明でき、

直接記者と会話できるという点です。

 

それでは詳しく説明していきますね。

 

スポンサーリンク

記者会見はなぜ開く必要があるのか?

 

 

記者会見の中でも、

謝罪会見での対応は、世間が最も注目します。

 

視聴者に何を伝えるために開かれた会見であるのか、

企業側の都合だけで弁明されていないかなど、厳しい目も向けられるでしょう。

 

世界中で情報発信が当たり前となってしまった現代では、

いろいろな企業において、不祥事などに対する

危機管理というものが非常に重要視されています。

 

企業の謝罪会見などにおいては、

そもそもなぜ会見に至ったのかを述べることに加え、

会見での対応そのものが非難されてしまうこともよくあることです。

 

企業の代表が会見に臨む姿勢、言葉遣い、

そこまでの経緯や行動など、

あらゆる場所で誠意を重ねることを求められます。

 

これらの対応が不備であると、

会社のトップをはじめとした経営陣の辞任や、

消費者から信頼を失い、業績も悪化し、

最悪の場合、倒産にまで追い込まれてしまいます。

 

ネットワークが発達した現代社会だからこそ、

一度広がった情報というのは、ほぼ永遠に残ります。

 

もちろん、誠意ある行動や態度など、

相手にとって有益性を追求した事実に関しては、

「謝罪」を述べる言葉よりもしっかりと届く場合があるので、

一つ一つの言動を一層注意しなければなりません。

 

有益なことを広める会見であれば、

PRや映像、演出力なども力を入れる必要があります。

 

タイトルだけが一人歩きして、中身が全然薄ければ、

消費者に思いが届くことも全くないでしょうね。

 

記者会見というものは、企業や個人を売り込むために必要なものです。

 

商品のPRでも不祥事の謝罪であったとしても、将来に大きく影響を与えます。

 

スポンサーリンク

記者会見を開くことにメリットはあるのか?

 

 

企業のメリットは大有りです!

 

記者会見を開く企業、広報担当にとってのメリットは、

一度で複数のメディアに説明でき、

直接記者と会話できるという点で、以下4点が挙げられます。

 

  1. 商品説明を一度だけで複数の記者に聞いてもらうことができる
  2. 社内で実施した場合、自社の施設も見てもらえる
  3. 企業の製品サンプルを直接渡すことができる
  4. 複数の記者の意見を聞くことができ今後の活動に活かせる

 

 

またデメリットとしては、以下4点が挙げられます。

 

  1. 記者側からすると移動の出費がある
  2. 期待していた内容と違う場合、記者側は時間の無駄になる場合がある
  3. プレゼン作成、FAQ作成、リハーサルなどの準備の時間がかかる
  4. 同業の著名大手企業の発表と時間帯が重なると参加記者数が少なくなってしまう

 

 

上記のようなメリット、デメリットがあるので、

その時の状況に合わせて準備するのも大変だそうです。

 

そして、企業が記者会見を開く際は、

通常、代表者の「顔」が見えるようにセッティングされますよね。

 

そこでは、企業の表情や開発した商品、

サービスへの想いなどを演出して伝えることができます。

 

そして、会場にいるマスコミを通じて、

普段は届けられない「企業の人柄」というものを

消費者へ伝えることで、

ブランディング効果が生み出され、売り上げの増加へと繋がるのです。

 

その記者会見内容が、マスメディアや、

WEBニュースで取り上げられることによって話題性がふくらみ、

莫大な費用のかかるテレビのCMを超える、

大きなPR効果を生み出すことにも繋がっていきます。

 

スポンサーリンク

まとめ

 

記者会見というものをなぜ開くのか、

またどんなメリットやデメリットがあるのかを理解できましたか?

 

企業や個人を売り込むために、

記者会見というのは最大にして最強の武器とも言えるでしょうね。

 

ただし、その裏側では

たくさんの人やお金が動いているというのも事実です。

 

そして、人の心情を疑われるようなことを決して言ってはいけません。

 

嘘か誠かを判断するのはあなたです。

 

しっかりと会見者の言動を聞いてみるのも面白いですよ。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました