人名を赤字で書くのはマナー違反?海外での反応も紹介!

スポンサーリンク

「人名を赤字で書いてはいけない」と

聞いたことがある方も多いではないでしょうか。

 

しかし、なぜ人名を赤字で書いていけないのかという理由を

はっきりとご存じの方は少ないですよね。

 

結論として、人名を赤字で書くのは「縁起が良くないから」です。

 

では、海外ではどういった反応を受けるのでしょうか?

 

一般的には日本と同じく

「嫌な意味合いとして受け取られることが多い」です。

 

ではそれぞれ細かく解説していきますので、

最後まで読んでいただけると嬉しいです。

 

スポンサーリンク

人名を赤字で書くのはマナー違反?その理由を解説!

 

 

人名を赤字で書くことはマナー違とされている理由は、

諸説あります。

 

小さい頃、親や親戚に「人名を赤字で書くと寿命が縮まるよ」と

言われたことがある人もいるでしょう。

 

正確には、寿命が縮まるか定かではありません。

昔からの言い伝えであると考えられます。

 

こういった伝え方をすることによって、

幼いころから赤字で人名を書いてはいけないと覚えさせるためですね。

 

赤色は、一般的に良い意味合いで使われることもあります。

 

ですが使う場面によっては、

血の色を連想したり不吉な意味ととらえられてしまいます。

 

過去には

「武士が決闘を申し込むとき、果たし状のあて名を赤色で書く」

という作法が存在しました。

 

その赤色というのが血の色である、との意味合いなのです。

 

嫌う相手に対しての果たし状なので、受け取る側も不吉に感じますね。

 

そして

死刑執行をされる死刑囚の名前を赤色で記していた」

という記録もあります。

 

罪を犯した囚人に対して、赤色での記名が使われていました。

 

「一般人とは違う」という意味で使い分けられていたそうです。

 

また「お墓に入る人の名前を赤色で書く」という

風習のあった地域も存在しました。

 

死んでから赤色を落としてお墓に記名するという風習です。

 

生きている時に書くのですが、

それでもお墓に名前を刻むというのは不吉に感じますよね。

 

こういった様々な理由から、

赤色で人名を書くことはマナー違反とされています。

 

スポンサーリンク

人名を赤字で書くと、海外ではどういった反応をされるの?

 

 

日本では、人名を赤字で書くとマナー違反ということを解説しました。

 

では、海外ではどういった反応をされるのでしょうか?

 

中国では赤色は不吉な色というよりも

高貴な色、良い意味合いとされることが多いです。

 

しかしそれでも、

赤色で人の名前を書くことはマナー違反とされています。

 

その理由は日本と似ていて

「人の名前を赤色で書くと死んでしまう」という

言い伝えがされているから。

 

詳しい理由は分かりませんでしたが、

これは東アジア全体でもいえることです。

 

また、ヨーロッパ圏でも

赤色で人の名前を書くことは避けられています。

 

キリスト教では、赤色は悪魔や罪悪の色とされているからです。

 

スポンサーリンク

人名を赤字で書くことがマナー違反になる理由まとめ

 

 

マナー違反とされる理由

・武士が決闘を申し込むときの果たし状と同じであるため

・死刑囚の名前を赤色で記していたから

・お墓に入る人の名前を赤色で書いていたので

・寿命が縮むといった言い伝えから

 

いずれにしても良い意味合いではないことが分かりますね。

 

また、赤色で書くことによって、

正式な書類では受理されないこともあります。

 

コピーやFAXの際も、赤色だとはっきり映らないのです。

 

こういった理由から

赤色で人名を書くことは避けるようにしましょう。

 

また、海外でもマナー違反とされる意見が多いことも分かりました。

 

親しい間柄の場合は色遣いを華やかにしたい、

ということもあるかもしれませんが、

そういった時も赤色は避けたほうがいいでしょう。

 

今回は、人名を赤色で書くことが

マナー違反に当たる理由と海外での反応を解説しました。

 

誤解を受けないためにも、

手紙や人名を赤色で書くのは避けるようにしましょう。

タイトルとURLをコピーしました