柿の見分け方や食べごろは?美味しい部分や緑色の柿について

スポンサーリンク

柿って、美味しいかどうかの見分け方がよく分からないもの…。

 

食べ頃はいつなのか、

美味しい部分は具体的にどこなのかも知っておきたいですね。

 

私も柿は好きなので、

美味しい柿の見分け方は覚えておきたいところです。

 

今回はそんな、柿の美味しい見分け方や

食べごろはいつなのか、

また緑色の柿は食べられるのかを詳しくご紹介していきます。

 

柿好きでしたら、ぜひ把握しておきましょうね!

 

スポンサーリンク

柿の見分け方。食べごろや美味しい部分について

 

 

では早速、柿の美味しい見分け方や食べごろ、

そして柿の一番美味しい部分を解説します。

 

まずは美味しい柿の見分け方から。

 

・ヘタの下までオレンジ色に染まっている

ヘタの下までしっかりとオレンジ色に染まっている柿は、美味しいですよ。

 

やっぱり柿って、ちゃんと色付いているものだと、美味しいんですね!

 

私も柿を選ぶ際は、

鮮やかなオレンジ色をしているものを購入するようにします。

 

ちなみに、実が赤みがかっている柿は、

かなり熟しているため、早めに食べるようにしましょう。

 

・ヘタの葉が緑色をしている

ヘタの葉が活き活きとした緑色をしていて、

なおかつ4枚きちんと残っているものを選ぶと良いでしょう。

 

また、葉と果実がぴったりと密着しているものは、

より美味しい柿である証拠なんですよ。

 

反対にヘタと果実に隙間があると、

品質があまり良くないので、購入しないようにしてくださいね。

 

・重みがあり形が整っている

 

手に持ってみた時に、ずっしりとした重みがあり、

そして果実にハリがあるものを購入すること。

 

形もいびつではなく、なるべく整っている柿を選んでくださいね。

 

 

以上が、美味しい柿の見分け方!

 

そして重要な柿の食べごろですが、これは人の好みによって異なります。

 

硬い食感の柿が好きなのでしたら、

全体がしっかりとオレンジに色付いたら、食べごろです。

 

一方、柔らかくトロリとした食感の柿が好きなら、

少し追熟させて、色に赤みが加わるまで待つようにしましょう。

 

ちなみに私は硬すぎず、柔らかすぎずの柿が好きです!

 

もしうっかり柿を食べ忘れていて、

熟れすぎてトロッとしてしまっているなら、

ヨーグルトに果肉を混ぜて食べることをおすすめします。

 

また、柿の一番甘くて美味しい部分は、柿のお尻部分なんです!

 

柿はヘタ部分から下にいくにつれて、段々と糖度が増していくんですよ。

 

私は柿好きですが、お尻部分が一番美味しいとは全く知りませんでした…。

 

でも、柿って縦に4等分してカットすることが多いので、

普通にカットすれば、美味しい部分もちゃんと味わうことが出来ますよ!

 

スポンサーリンク

柿の食べごろ。緑色の状態は食べたらヤバい?

 

 

柿の食べごろは、人の好みによって異なる、

と説明しましたが、

緑色の柿に関しては、まだ完全に食べごろになっていません。

 

というか、美味しく食べられる状態になっていないんですね…。

 

そのため、緑色の柿はくれぐれも食べないようにしましょう!

 

もし柿の木から柿を収穫するのでしたら、

きちんとオレンジに色付いてから、収穫していくと良いですよ。

 

そうすれば、すぐに柿は食べられる状態になっているし、

数日おくことで、好みの硬さになり美味しく食べられるでしょう。

 

やっぱり柿って、緑色だと食べられないんですね…。

 

ただし、『太秋(たいしゅう)』『西条』という品種の柿に関しては、

熟しても色が鮮やかなオレンジにはならないんです。

 

この2つの品種は、たとえ色が緑がかっていたとしても、

全体が均一に色付いているなら、食べごろですよ。

 

オレンジ色にならない品種の柿もあるんですね!

 

てっきり私は、全ての柿の品種は

食べごろになるとオレンジ色になるものだと思っていたので、少し驚きました。

 

でも基本的には、

柿はオレンジ色になってからが食べごろなので、

まだ緑色の柿は、収穫したり食べないようにしましょうね。

 

スポンサーリンク

まとめ

 

美味しい柿の見分け方は、

ヘタの下までオレンジに色付いていて、

ヘタも青々としていて果実と密着していること。

 

また、果実に重みがあり、形が整っているものを選ぶと良いですよ。

 

食べごろに関しては人それぞれの好みなので、

果実がオレンジ色になっていれば、いつでも食べられます。

 

そのため、まだ緑色の柿に関しては、

食べごろになっていないので、くれぐれも食べたり収穫しないようにすること。

 

品種によっては、緑がかっても食べられる場合もありますが、

基本としてはやっぱり、食べごろはオレンジ色になっていることですよ!

タイトルとURLをコピーしました