ラパンパラポーズの意味。批判されているのは何故?

スポンサーリンク

プロスポーツでは選手が活躍したときに行うパフォーマンスが、

話題や人気になることがあります。

 

かっこよく活躍している選手のパフォーマンスは、盛り上がりますよね。

 

2021年のプロ野球では、

阪神タイガースのジェフリー・マルテ選手の行う

ラパンパラポーズというパフォーマンスが話題になり、

注目を集めています。

 

ラパンパラポーズは阪神タイガースの新名物となっていて、

「ラパンパラフェースタオル」という

グッズの売れ行きも好調といわれています。

 

しかし、ニュースや新聞などでは、

このパフォーマンスが批判の対象になっています。

 

「ラパンパラポーズって、どんな意味があるのかな?」

「盛り上がっているのに、なぜ批判されているのだろう?」

 

今回はこの疑問についてお話しします。

 

スポンサーリンク

ラパンパラポーズの意味とは?

 

 

ラパンパラポーズは、

阪神タイガースのマルテ選手が、

ホームランを打ってベンチに戻る直前に行うポーズです。

 

2020年は、マルテ選手が1人でラパンパラポーズをやっていましたが、

2021年からは、チームの他の選手やスタンドの観客も一斉にやるようになり、

一気に人気のポーズになりました。

 

この人気のポーズにつけられている、

ラパンパラという言葉には、どのような意味があるのでしょう。

 

マルテ選手は公用語がスペイン語のドミニカ共和国出身です。

 

ラパンパラという言葉もスペイン語ですが、その意味や詳しい情報はありません。

 

マルテ選手によると、

ラパンパラはドミニカ共和国の芸人のポーズということです。

 

実際のところ、どのような意味があるのかはよくわかっていません。

 

スポンサーリンク

ラパンパラポーズとはどんな動き?

 

 

ラパンパラポーズの動きを見てみましょう。

 

  1. 胸を張って、体は右に傾けます。
  2. 顔を左に向けて、天を見ます。
  3. 左手を天の方向につき上げながら、右手はぐっと引きます。 (天に弓を引くような動きになります。)
  4. 左手が最高に伸びたら「ヤーっ」と

声を上げます。

 

左右が逆でも大丈夫です。

 

ラパンパラポーズの動画は、YouTubeやTwitterにたくさん投稿されています。

 

実際の動きをみてやってみてはいかがでしょう。

 

この動作をみんなで一斉にやると、爽快で盛り上がりそうですね。

 

 

スポンサーリンク

ラパンパラが批判されているのは何故?

 

 

盛り上がっているラパンパラポーズですが、

ニュースや新聞では、批判の対象となっているといわれています。

 

なぜでしょうか。

 

ラパンパラポーズが、相手の球団を侮辱し挑発しているというのです。

 

でも、ラパンパラポーズの動作が、相手を挑発しているようには見えません。

 

これは野球界に、

「試合中の派手なパフォーマンスは、相手を侮辱して挑発的な行為なので良くない」

という価値観が根強く残っているため、といわれています。

 

阪神タイガースでは、2013年にグラティというパフォーマンスが行われていました。

 

この時は他球団だけではなく、

阪神タイガースのOBからも批判を受けたことで自粛しました。

 

2021年もラパンパラポーズで阪神タイガースの選手や、

スタンドの観客が盛り上がっていることが、

相手チームに不快感を与え侮辱し挑発しているという批判となっています。

 

しかし、阪神タイガース球団は、自粛しないことを表明しています。

 

一方、ラパンパラポーズが盛り上がることは、

プロ野球の活性化に貢献しているという評価もあります。

 

新型コロナウィルス感染対策で自粛ムードのプロ野球界では、

貴重なパフォーマンスといえるのではないでしょうか。

 

スポンサーリンク

まとめ

 

話題のラパンパラポーズについてお話ししました。

 

・ラパンパラポーズはドミニカ共和国の芸人のポーズ

・ラパンパラはスペイン語

・ラパンパラポーズの意味はよくわからない

・天に弓を引くようなポーズ

・相手球団を挑発していると批判をうけている

 

ラパンパラポーズの動作が、相手を侮辱し挑発しているようには見えません。

 

ホームランを打って盛り上がることが、

相手を侮辱し、挑発しているという考えは無理があるように感じます。

 

プロ野球を盛り上げるパフォーマンスとして、

マルテ選手にはホームランを連発してほしいですよね。

 

他の球団の選手は、マルテ選手にホームランを打たせないように技術を磨き、

プロ野球を盛り上げていくことが重要ではないでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました