酸っぱい臭いのする衣類や新品の服が酸っぱい匂いがするんだけど、原因って何?

スポンサーリンク

新品の服や、衣類のにおいが酸っぱい感じがしているが、

何か対処法を知りたいと思っているそこのアナタ!!

 

この記事を読めば1発で解消できますよ。

 

放っておくと大変なことになる前に、手を打ちましょう。

 

あの酸っぱい匂いの原因は、

ズバリ、衣類に発生するバクテリアです。

 

要するに、衣類のバクテリアをやっつければ、

酸っぱい匂いを激減することができます。

 

その方法を以下で紹介させていただきますので、

最後までゆるりと読んでいってください。

 

スポンサーリンク

酸っぱい臭いがする衣類をどうにかしたいんだけど…

 

 

洗濯したばっかりの衣類を、クローゼットから取り出し、

お出かけ準備をして、電車や車に乗ることを想像してください。

 

向かった先で「太陽の木漏れ日が心地いなぁ」なんて座りながら考えていると、

ツーンとしたニオイが鼻の中に入ってきました。

 

するとアナタは、「一体どこからこの匂いがするの?」と

隣の人を疑ってしまいます。

 

どうしても見当がつきません。

それもそのはず、なぜなら匂いの原因はアナタだったからです。

 

いやいや、まだ汗もかいていないし、

制汗剤もしっかりつけてきたはずなのになぜだろう?

って、それは衣類自体が臭いからです!

 

先ほども述べましたように、

衣類に住み着くバクテリアをやっつけるためには、

海外の「殺菌リンス剤」を使うといいと言います。

 

これは、確かに細菌類をほぼ100%除去できるんですが、

アレルギーや環境問題を悪化させる原因にもなるんですよ。

 

そこで今回は、問題なく使えるものを以下の3つをご紹介します。

 

  1. 酢酸類での殺菌方法
  2. 炭酸ナトリウムでの殺菌方法
  3. 熱湯での殺菌方法

 

それでは一つずつ詳しく見ていきましょう。

 

1、酢酸類での殺菌方法

 

この方法では、衣類の繊維が傷まないように

”ミツカン酢”などのシンプルなものを使い、

ぬるま湯で薄めて、そこに衣類を1時間程度つけ置きして下さい。

 

その後は、いつも通りに洗濯機に洗剤を入れて洗うだけで除菌完了です。

 

もともと柑橘類などに含まれている”クエン酸”には、

漂白効果も含んでいるため、特に白いシャツの洗濯には効果大ですよ。

 

1リットルのぬるま湯に、

薬局などで手に入る粉末のクエン酸小さじ4杯を入れてかき混ぜ、

Yシャツなどを1時間程度つけ置きした後、

たっぷりの水ですすげば完了となります。

 

2、炭酸ナトリウムでの殺菌方法

 

炭酸ナトリウムも殺菌効果があることで実証されています。

 

こちらは、ぬるま湯ではなく5リットルの冷たい水に

”炭酸ナトリウムを大さじ5杯入れて、しっかりとかき混ぜて粉を溶かしてください。

 

出来上がった溶液にニオイが気になる衣類を一晩浸け置きし、

翌日、いつもと同じように洗濯するだけで殺菌完了です!

 

酢酸に比べると少し時間はかかりますが、衣類の繊維にも優しいのでおすすめです。

 

3、熱湯での殺菌方法

 

熱湯を使えば、衣類のニオイの原因も絶つ働きがあるという、実証結果があります。

 

至って単純ではあるのですが、

洗濯前の衣類で、特にニオイが気になる部分(ワキの下やなど)に

熱湯を上からかけてください。

 

これなら、デリケートな綿製品でも特に問題ありませんのでご安心ください。

 

洗濯機によっては、温水コースのついているものもあると思うのですが、

通常40度の水で洗っている洗濯物を、

たまに60度のお湯で洗ってみるというのも除菌効果は大です。

 

60度という高温で洗濯すれば、バクテリアもひとたまりもありません。

 

スポンサーリンク

新品の服が酸っぱい匂いのする時は、どうすればいい?

 

 

買ったばかりの衣類が石油臭いというか、酸っぱいというか、

なんとも信じられないような独特のニオイがついている時ってありますよね。

 

そんな買ったばかりの新品の衣類が匂うのは、どうしてなのでしょうか?

 

石油のような臭いの原因については、

衣類を染める時に使われる染料のニオイであったり、

縫製するときに使われるミシン油のニオイだったりというのが理由です。

 

衣類を生産する側としても、

その辺りにも気を配って製作しているのでしょうが、

製品によっては、コスト削減のために、

そこまで手が行き届かないというのも、理解しなければなりません。

 

酸っぱい感じのニオイについては、

糊(のり)を効かせて仕上げるYシャツなどに多く見られます。

 

要するに、酸っぱい臭いの原因は、糊(のり)です。

 

酸っぱい臭いが気になる場合は、

一度洗濯をしてから袖を通すようにすれば、

多少気にならなくなるはずですので、ささっと洗うといいですよ。

 

洗濯以外の方法であれば、

アイロンのスチームを使うという方法もあります。

 

これだと、水蒸気と一緒に臭いの原因も取り除くことが多少できるので、

出かける前にささっと対処可能です。

 

ただし、スチームを当てるということは、

使用する衣類がスチーム対応可能なことを確認して

必要であれば、あて布を使うようにしてくださいね。

 

すぐに着る服でない時は、クリーニングに出してしまいましょう。

 

あれこれ試すほどの時間がない、大切な洋服なので、

痛むような事はしたくないと思うのであれば、

洗濯のプロにお願いするのが一番ですよね。

 

クリーニングに出す時は、

どこの部分のどういう臭いが気になる、ということを伝えておけば、

消臭に特化した技法でやってくれますよ。

 

スポンサーリンク

まとめ

 

せっかく購入した衣類を無駄にしないためにも、

気になる匂いの原因を絶っちゃいましょう。

 

衣類を捨てるのは簡単、

長持ちさせてこそアナタの度量を試せるってもんです。

 

効果的な除菌方法で、衣類をリフレッシュさせてくださいね。

 

どうしても自分で限界を感じたら、

洗濯のプロに頼めばいいんですからね。

 

どちらにしても、自ら袖を通す衣類で

周囲に迷惑をかける様なことは、避けた方がお互いに幸せだと思います。

 

お気に入りの逸品は定期的にチェックして、

大変なことにならないよう気をつけましょう。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました