クリスマスが日本に広まった理由って何?日本はなぜ祝うの?

スポンサーリンク

クリスマスが日本に広まった理由って、一体何なのでしょう?

 

確かにクリスマスって海外、それも欧米中心の風習だから、

なぜ、そしていつ頃、日本に広まったのかが、かなり不思議に思えてきますね。

 

今回は、クリスマスが日本に広まった理由と、

なぜ日本人はクリスマスを祝うのかについて、詳しく解説していきます!

 

スポンサーリンク

クリスマスが日本に広まった理由って何なの?

 

 

クリスマスが日本に広まった理由は、

分かりやすく言ってしまえば、

小売業界やメディアなどで、『恋人と過ごす特別な日』として紹介したからですね。

 

また、戦前の日本では、天皇陛下が亡くなった日、

つまり崩御(ほうぎょ)された日も祭日となっていたのですよ。

 

大正天皇が崩御した日が1926年の12月25日であるため、

クリスマスの日と重なっているんです。

 

この時期に、欧米文化であるクリスマスも日本に伝わり、

『恋人と過ごす特別な日』という意味合いで、

だんだんとクリスマスが日本に定着していきました。

 

戦後になってからは、クリスマスケーキやチキンを食べたり、

プレゼント交換をする、イルミネーションを見る、

などの過ごし方も日本に広まり、

現代では日本に欠かせない年中行事の一つとなったのです。

 

それに、日本人は欧米の文化に憧れる傾向が強く、

何よりクリスマスに限ったことではありませんが、

とにかくイベントやお祭り、お祝いごとが好きですよね!

 

そんな国民性の特徴もあって、クリスマスが日本に広まっていったのです。

 

私もキリスト教信者、要するにクリスチャンではありませんが、

やっぱりクリスマスシーズンの街の雰囲気とかも好きだし、

子供の頃からクリスマスは大好きでした。

 

特に子供は、美味しいチキンやケーキを食べられるだけでなく、

プレゼントももらえるから、良いことだらけのイベントですよね!

 

しかも、恋人たちはクリスマスにプロポーズしたり、デートを楽しんだりしています。

 

最初は、欧米文化への憧れと、

小売業界のクリスマスアピールなどの理由により始まったものですが、

今ではクリスマスは、日本には欠かせないイベントの一つになったのですね!

 

私も今まで、クリスマスは普通に楽しい日として過ごしていましたが、

実はその背景には、きちんとした理由がありました。

 

ということで、あなたもこれまで通りに、クリスマスを楽しんで過ごしましょうね。

 

ぜひ自分らしい楽しみ方で、クリスマスに良い思い出を作りましょう!

 

スポンサーリンク

クリスマスになると日本はなぜ祝うの?何を祝うの?

 

 

日本人はそもそも、

お祭りや祝い事、イベント事などが特に大好きな国民性なのです。

 

そのため、クリスマスというのは、

本当にキリストの誕生を祝っているのではなく、

チキンやケーキを食べたり、プレゼント交換をしたり、

綺麗なイルミネーションを見る日、として楽しんでいるだけなのですよ!

 

もちろん日本人の中にも、

熱心なキリスト教信者もいらっしゃるので、

そういった方々は、キリストの生誕祭ということで、クリスマスを過ごしているでしょう。

 

でも多くの日本人は、宗教に関係なく、

シンプルに楽しいイベントの一つとして、満喫しています。

 

家族がいる人は家族でご馳走を食べたり、

カップルはデートをしたり、

またパートナーがいない人たちも、クリスマスパーティーをして楽しむんです。

 

要するに日本人は、クリスマスは宗教的には何も祝っていないといえるでしょう。

 

でも、いつの間にか日本に広まったイベントだから、という理由で、

日本人はクリスマスを楽しんでいるんですよ!

 

事実、私もキリスト教信者ではないけれど、クリスマスは必ず夫と楽しみます。

 

でも別にキリスト様おめでとう!という気持ちではなく、

クリスマスだからご馳走を食べてプレゼント交換をしよう!という気持ちなんですよ。

 

クリスマスが日本でなぜ祝うのか、

それは楽しいイベントごとだからなんですね!

 

もちろん、テレビなどのメディアや小売業界などの戦略によって、

クリスマスは更に日本に定着していることも事実です。

 

ちなみに、バレンタインデーもイースターも、

特に宗教的な意味合いではなく、年中行事の一つとして、日本人は楽しんでいるんですよ。

 

今後もぜひクリスマスは、楽しいイベントの一つとして、

思い思いの過ごし方をすると良いでしょう。

 

スポンサーリンク

まとめ

 

クリスマスが日本に広まった理由は、

日本人は祝い事やイベント事が大好きであり、

なおかつ欧米の文化に強い憧れがあるから。

 

また、戦前は12月25日は祭日だったので、

メディアや小売業界の戦略によって、クリスマスを楽しむ、という風習が出来たのです。

 

でも日本人の多くはキリスト教信者ではないので、

クリスマスはキリストの生誕を祝うのではなく、

ご馳走を食べたりプレゼント交換をしたり、イルミネーションを見る日として定着しています。

 

クリスマスは、実際には楽しいイベントの一つとして、日本人は思っているので、

あまり深く考えずにクリスマスを楽しみましょう!

タイトルとURLをコピーしました