銀杏が臭い理由。手についたにおいを消す方法は?

スポンサーリンク

銀杏ってものすごく臭いですが、

その理由は一体何なのでしょうか?

 

そして、もし手に銀杏のにおいが付いてしまったら、

消すにはどうしたらいいもの?

 

銀杏の臭いにおいって、

手に付いたら洗ってもなかなか落ちないですよね…。

 

そこで今回は、意外と知られていない銀杏が臭い理由と、

銀杏の臭いが手についた場合、消すにはどうしたらいいかを

詳しく解説していきます!

 

 

スポンサーリンク

銀杏のにおいが臭い理由とは?

 

 

銀杏が臭い理由はズバリ、銀杏の皮にあります。

 

実は銀杏の皮には、

酪酸(らくさん)とエナント酸という成分が含まれているんですが、

この2つが合わさることで、

ひどい悪臭を放つようになってしまうんですよね…。

 

ちなみに酪酸というのは、人の汗のにおいにも含まれる成分であり、

エナント酸というのは、腐ったような、生ゴミのようなにおいを発します。

 

そんな臭い成分の2つが含まれているのですから、

銀杏が臭いのは当然ですよね…。

 

秋になって道端に銀杏が落ちていて、すごく臭いなと思ったら、

このにおいの成分によるものなんだと頭の片隅に入れておいてくださいね。

 

でも、あの銀杏の臭いにおいって

本当にイヤになってしまいますよね!

 

私もあのにおいは本当に大嫌いです!

 

もし銀杏のにおいが手についてしまったら、

一体どうしたらいいんでしょうか?

 

続いては銀杏の悪臭が手についたときに試してほしい、

銀杏のにおいを消す方法を伝授します!

 

銀杏を拾って皮から処理する際には、ぜひとも覚えておくと役立ちますよ!

 

スポンサーリンク

銀杏の臭いが手についた場合、消すにはどうしたらいい?

 

 

銀杏の臭いにおいが手についてしまったら、

歯磨き粉で手を洗ってみてください。

 

歯磨き粉には口内の消臭効果があるので、

手についた銀杏の臭いにおいも、すっきりと消してくれますよ!

 

もしくは、レモンやオレンジ、みかんなど

柑橘類の皮を手に絞って、皮の汁をよーくつけてから手を洗っていきましょう。

 

そうすると、においを消すことが出来るのでとっても安心です。

 

やっぱり手に銀杏のにおいが残ってしまうと、すごく困りますよね…。

 

でも、歯磨き粉や柑橘類の皮を使えば、

すっきりとにおいを消すことが出来るので、ぜひ試してみてくださいね!

 

銀杏のにおいって、万が一手についてしまったとしても、

案外簡単に消すことが出来るんですね!

 

ちなみに、歯磨き粉は消臭効果の強いものの方が

特に銀杏のにおいを消すのに効果的なので、覚えておくようにしましょう。

 

でもやっぱり、手に銀杏のにおいがつくのは避けたいところですよね。

 

ということで、銀杏を拾って皮を処理する際は、

ゴム手袋やビニール手袋などをして、

手ににおいが付かないように予防していくのも大事ですよ!

 

そうすれば、あの嫌なにおいが手に付かないのでとっても安心です。

 

それでも手ににおいがついてしまった時は、

歯磨き粉か柑橘類の皮の汁で消すようにしていきましょう!

 

スポンサーリンク

まとめ

 

銀杏が臭いのは、銀杏の皮に

酪酸やエナント酸という悪臭を放つ成分が含まれているからなんですよ。

 

銀杏の処理をしていて、もしこれらのにおいが手についてしまったら、

歯磨き粉かレモンやオレンジなど、柑橘類の皮の汁で手を洗っていくようにしましょう。

 

そうすれば手についた銀杏の臭いにおいを消すことが出来ますよ!

 

銀杏を処理する際は、銀杏のにおいの消し方も

ぜひ覚えておくようにすると良いですね!

タイトルとURLをコピーしました