飲食店で接客が美味い人の特徴。ホールスタッフに向いてる人、向いてない人はどういう人?

スポンサーリンク

飲食で接客がうまい人っていますよね!

 

接客がうまいっていうのは、

店の雰囲気に合っていて感じが良い!という印象。

 

感じが良くても、店の雰囲気に合ってないと、それも問題ですからね。

 

だってフランス料理店で、

居酒屋のような元気さは必要ないですよね(笑)

 

でも共通して言えるのは、

笑顔が良くて、目を見て話す人ですね!

 

接客がうまいのは特別なことではなく、

気持ちの現れだと私は思っています。

 

もちろん向き不向きもあるのですが、

それを超越した気持ちですね!

 

今回の記事では、

飲食店で接客がうまい人の特徴、

ホールスタッフに向いている人、向いていない人

というところを説明していきますね。

 

スポンサーリンク

飲食店で接客が美味い人の特徴。ホールスタッフに向いてる人とは?

 

 

飲食店で、接客がうまい人の特徴をまず羅列してみますね!

 

  • 店の雰囲気にあった接客をしている
  • タイミングが良い
  • 目と目を見て話せる
  • 笑顔が素敵
  • 返事が気持ちよい
  • よく気が付く
  • 店内をよく見ている
  • お客様をよく見ている

 

というところですかね。

 

この、お客様をよく見て店内をよく見ている人 = よく気が付く人にも当てはまります。

 

例えば、お客様が

肩腕を手でさすっている様子が見える時に、

さっとブランケットを持って、

「寒いですか?」と聞けるスタッフは、やっぱりうまいな!と思います。

 

うまいと言うより、

いつも人のことを気にかけていて、観察力も高いんですよね。

 

こういう人は、友達からもとても好かれていますよね。

 

心地よい空間で楽しんでほしいから、

その提供を心がけているということです。

 

あとは、タイミングが良い人もいますよね。

 

呼びベルが無い店などは、

客側からすると、店員をなかなか呼べない、

こちらを気にかけてくれない、声を出しづらい時は苦痛なんです。

 

それを、オーダー待ちのお客様を把握していて、

お客様の仕草をみてスッと行ける人!

こういう人も、とてもうまいなと感じます。

 

まとめていうと、「気持ちの良い人!」ということですね。

 

相手の立場に立って、相手の事を考えて先に行動できる人!

 

こういう人がうまいし、ホールにもばっちり向いています。

 

ホールスタッフに向いているのは、

やはり人が好きで人と話すのも好きで、ホスピタリティが高い人ですね。

 

そういう人だったら、必然的に人をよく見ているし、人に気遣えるんですよね。

 

だから、特別なスキルというところではなく、

人が好きかどうかが一番のポイントでしょう!

 



 

スポンサーリンク

食店でホールに向いてない人って、どういう人?

 

 

飲食店でホールに向いてない人って、どういう人なのか?

 

残念ながら、好きでも不向きの人はどうしてもいるんです。

 

おおまかにいうと、鈍感な人は向いていないですね。

つまり、人を察知する能力が低めの人です。

 

人の立場に立って考えるのが苦手だったり、

人の気持ちがわからないというタイプは、ホールには向いていません。

 

それに、本人も働いていてキツイと思います。

 

あとは、体力がないと、ちょっと厳しいというところもあります。

 

ずっと立ちっぱなしだし、

忙しい時になどはてんてこ舞いになります。

 

だから、意外とせっかちな人が向いていたりするんですよ。

 

お客さんっていろんな人がいますし、年齢層も個性もみんな違います。

 

一変通りのマニュアルでは、飲食店は接客できないでしょう。

 

こんなお客さんにはこんな接客、

こういう人には気を付ける、

こういう体型の人にはこういう配慮、

など、パッと思いつかないと厳しいですね。

 

例えば妊婦さんがいらっしゃったら、フリースを持っていくとか。

 

バッグを持っているお客様のところには、

床に直置きしなくてもよいように、バッグ入れをさっと持っていくとか。

 

汗をかいているお客様には、まずおしぼりをとりあえず持っていくとか。

 

いわゆる機転が利くことを思いついて、

それを行動にうつせる人が、飲食店のホールには必要なんですよね。

 

飲食店の中でも、居酒屋などは元気いっぱいな感じ、

イタリア料理店ならスムーズな感じなど、

店の雰囲気に合わせた接客ができるというのもポイントなので、

その辺の空気を読めるか読めないかも、けっこう重要です。

 

決まったことを決まったように

マニュアルをこなせるという人は、

もっと他の職業に向いているかもしれません。

 

どちらかと言えば、飲食店は臨機応変さを求められますね。

 



 

スポンサーリンク

まとめ

 

飲食店のホールは、

お客様を観察して察して行動できるということが、重要ポイントです。

 

ですので、人というものに興味がないと厳しいでしょうね。

 

人に興味があると、

寒いかな?大丈夫かな?など、

気にかけることが自然にできるのです。

 

そして、気づいたら

そのお客様に合わせて、臨機応変に対応することが求められます。

 

ですので、

決まったことを完璧にやりこなすというタイプは、

別職が向いているかも。

 

どちらかと言えば、飲食店の接客は

マニュアルより臨機応変さや柔軟さが重要になってきます。

 

でも、始めはそういうのがなくても、

やりながら開花していった人もたくさん見てきましたので、

まずはチャレンジしてみてください!

タイトルとURLをコピーしました