マスクが小さいから大きくしたいんだけど方法ってある?小さいマスクの使い道も紹介

スポンサーリンク

小さいマスクが手元にあるけど、

そのままじゃ使えないから大きくする方法があれば知りたい!

と思っているあなたに、ぴったりの記事となっています。

 

また、小さいマスクの使い道があれば知りたいと思っている方にも、

とっておきのテクニックも紹介します。

 

小さいマスクをリサイズして大きくする方法は簡単です。

マスクカバーを作ればいいだけのことですからね。

 

ちゃんとしたマスクカバーじゃなくても、

小さいマスクを再利用することもできちゃうので、捨てないでくださいね。

 

小さいマスクを、マスクとしてではなく、他のあることに使う方法を伝授します。

しっかりと最後まで読んでエコロジーの達人になりましょう!

 

スポンサーリンク

マスクが小さいから大きくしたいんだけど…

 

 

なぜか小さいマスクが家に余ってしまうという現象、ありますよね?

 

布マスクだと洗濯して縮んでしまったとか、

もともとアベノマスクのように配布されたり、

プレゼントされたものが小さかったから、発生してしまうんですよね。

 

洗濯して小さくなったから捨てようとするのは勿体ないですよ。

 

布マスクであれば、そこまで機能は変わりませんよね。

 

ミニサイズのマスクは、オシャレにリサイズして再利用しましょう。

 

今回は、布マスクと紙マスク両方で分けて紹介しますね。

 

布マスクを大きくする方法

 

準備するもの

・耳掛け用ゴム(太さはお好み)

・ガーゼハンカチ

・針と糸

・ハサミ

 

手順

・初めからついているゴムを切り落とす

・ガーゼハンカチをマスク4辺のサイズで二つ折りができるようにカット

・カットしたガーゼハンカチを縫い合わせる

・縫い足したガーゼハンカチの方に耳掛け用ゴムを自分の顔のサイズに合わせて縫う

 

これだけで布マスクを大きくすることができます。

 

要するに、小さいマスクに4辺のベロをつけるという感じですね。

 

家にガーゼハンカチがなければ、

普通のハンカチでも代用できますので、やってみてくださいね。

 

紙マスクを大きくする方法

 

準備するもの

・タオル

・幅広のゴム(靴紐くらい)

・ハサミ

・針と糸

 

手順

・自分の鼻と口を覆えるくらいのサイズで二つ折りでカット

・長辺になる上下の端同士を縫い合わせる

・4辺の頂点に顔幅に合わせてカットしたゴムを取り付ける

・小さいマスクを中に入れて完成

 

こちらは、要するにマスクカバーを作ったということになります。

 

マスクの部分については、タオル生地の中でしっかり機能するし、

紙マスクの寿命も通常使用するよりも長持ちすると思いますので、ぜひお試しください。

 

スポンサーリンク

小さいマスクの使い道を調べてみた

 

 

自宅に余っている小さいマスクを、

リサイズするのも面倒だという方のために、

マスク以外の使い道を調べてみましたが、ありませんでした。

 

ということで、私なりに考えた

オリジナルのマスク以外の活用法を紹介します。

 

※布マスク専用の活用法

 

①鍋敷きとして活用

 

小さいマスクが4つあれば、

辺を縫い合わせて大きめの鍋敷きも作れますよ。

 

②熱さまシートとして活用

水で濡らして冷凍庫に入れておけば、子供用なら一枚で十分な大きさです。

 

大人用であれば、二枚繋げれば事足りると思います。

 

③赤ちゃん用ミトンとして活用

 

ゴムの片方側を切って、赤ちゃんの手が入るようにすれば、

あっという間におしゃぶり防止用ミトンの完成です。

 

片方のゴムが余っているので、

手首に軽く巻いてあげれば落ちることも少ないですよね。

 

④P Cやテレビの画面ふきとして活用

 

要するに雑巾なんですけど、

リサイクルとしては良いアイデアだと思います。

 

スポンサーリンク

まとめ

 

いかがでしたか?

 

家に余っている小さいマスクを捨てるのではなく、

再利用するという方法をマスターして、エコロジー生活をやってみましょう。

 

使えるのに捨てるなんて勿体ないですよね。

 

だったら、再利用するといいと思います。

 

マスクカバーはとても便利ですし、

紙マスクの機能も果たすことができるので、とても有効的ですよ。

 

マスクを使う機会はこれからもきっとありますので、

必需品になることでしょう。

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました