小さい布マスクを大きくしたい。布マスクが少しだけ小さい時の対処法とは?

スポンサーリンク

布マスクを買ったら小さかったので、

大きくする方法があれば知りたいと思っているあなたに、

ピッタリな記事となっています。

 

また、布マスクが少しだけ小さかった時の

対処法についても書かれていますので、

最後までゆるりと読んでみてください。

 

結論から言っておくと、

マスクカバーを使うことによって、

小さいマスクであっても十分に効果を発揮させることができますよ。

 

大きくしたいと思っている方は、

ベビー用ガーゼを使ってリサイズして再利用しましょう。

 

それでは以下で詳しく説明していきますね。

 

スポンサーリンク

小さい布マスクを大きくしたい時はどうすればいいのか?

 

 

洗濯して縮んでしまった布マスクを、

再利用したいって思いますよね。

 

そんな時は、ベビー用ガーゼでリサイズしちゃいましょう。

 

肌心地もいいので、気持ちよく使うことができますよ。

 

【準備するもの】

・縮んだ布マスク

・ベビー用ガーゼ2枚

・針と糸

・ハサミ

・ゴム紐

 

【手順】

1、ガーゼを縦半分に折る

2、布マスクを中央にはさむ

3、自分の顔に当てて余分な部分をハサミで切り落とす

4、針と糸を使って縫う

5、ゴム紐をカットして縫い込む

 

以上、5つの手順で完成です。

 

布マスクにノリシロがついたような感じになると思いますが、

オリジナル性あふれた、世界でたった一つのマスクがいい感じですよ。

 

また、お子さんのおられるご家庭であれば、

使い古したベビー用ガーゼを使ってもエコですよね。

 

本当に肌心地も最高なので、

この気持ちよさも体感してくれると幸いです。

 

スポンサーリンク

布マスクが少しだけ小さい時の対処法ってあるの?

 

 

サイズの合っていないマスクは、何からも防ぐことができません。

 

意味がないものを使っても、あなたの健康を損なうだけですので、

そのまま使うことはオススメいたしません。

 

ここでは、マスクカバーを使って

リカバリーすることを紹介させていただきます。

 

すでにマスクカバーを持っておられる方は、

そのまま小さくなってしまった布マスクを、中に仕込めばいいと思います。

 

手元にない方は、簡単に作ってしまえばいいのです。

 

【準備するもの】

・小さいマスク

・ハンカチ

・ハサミ

・針と糸

・ゴム紐

 

【手順】

1、ハンカチを顔の大きさに合わせた4つ折りサイズにする。

2、折った部分に小さいマスクが入るように下端部分を縫い合わせる。

※横の部分は塗っちゃダメですよ!

3、ゴム紐を耳までのサイズに合わせて切ってハンカチに縫い込む。

4、口に当てる部分のハンカチが気になる場合はその部分だけカットする。

 

以上で完成となります。

 

おしゃれなハンカチや、可愛いハンカチを使って、

世界にたった一つのマスクカバーを作っちゃいましょう!

 

ハンカチ生地と、布マスクの生地を合わせれば、

多少防菌効果もアップするのでオススメです。

 

スポンサーリンク

まとめ

 

もともと顔のサイズに合わなかったマスクや、

洗濯して縮んでしまったマスクを捨てるのって、

もったいない気がしますよね。

 

使用しなくなったベビー用ガーゼや、

香典返しでもらったハンカチなど、

タンスの奥で眠ってしまっているリサイズグッズが

家にあるのではないでしょうか?

 

小さいマスクと一緒に再利用して、

引き出しスペースを開けるというのもいいですね。

 

外には黄砂や花粉、PM2.5など、有害な浮遊物もたくさんありますので、

布マスクの防菌効果をアップさせて、未然予防に伝えましょう。

 

おしゃれな手作り布マスクカバーを、

父の日や誕生祝いの時と一緒に、

ご家族へプレゼントしても喜ぶかもしれませんね。

 

ただし、布マスクでは完全にウイルス菌から守ることはできませんので、

過剰評価しないようにしてくださいね。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました