記名・署名・サインの違い。署名を他人が書くのって大丈夫なの?

スポンサーリンク

記名と署名、そしてサインの違いって、一体何なのでしょうか?

 

どれも名前を書く、という行為自体は同じだから、

違いがイマイチ分からないですよね。

 

そして署名をする場合って、他人が書いても良いもの?

 

今後、重要な書類などに名前を書くことが出てくることが多いでしょう。

 

そこで今回は記名と署名、そしてサインの違いをご紹介。

 

また、署名は他人が書くのはOKなのかどうかも、解説していきます。

 

スポンサーリンク

記名・署名・サインの違いについて

 

 

では早速、記名と署名、サインの違いについて解説します。

 

記名とは?

 

記名は分かりやすくいうと、

単純に、氏名を書き記すということですね。

 

この場合、記名は自筆ではなくても大丈夫であり、

自分の代わりに他の誰かが代筆をして氏名を書いても問題はない

というものなのです。

 

要するに、書類などに『記名欄』と記載があるのでしたら、

自分の氏名の代筆を誰がしても良い、ということになるんですね。

 

そのため、記名というものには法的な重要性もありません。

 

何か相手と書類で法的に効力のある約束を交わすのであれば、

氏名を書く場所には『記名欄』とは記載しないでおきましょう。

 

署名とは?

 

署名とは、本人が自分自身の氏名を自筆で書くことや書き記したもののこと。

 

そのため、署名は法的にも効力があり、

多くの場合では署名を書くと共に、

ゴム印ではない、きちんとした印鑑を押すことがあるでしょう。

 

署名は極めて重要な書類に書く必要が出てくるため、

何かに署名をする際は、

その書類に記載されている内容をしっかりとチェックしておくと良いですよ。

 

サインとは?

 

サインとは署名を意味する言葉であり、

サインを書く場合も本人の自筆でなければいけません。

 

ただし、有名人がファンのために書くものも

サインと呼ばれることがありますね。

 

この場合は、重要書類に記入する自筆の氏名というよりは、

あくまでも有名人などの善意やファンサービスなどで書くものなので、

法的な効力は薄いといえるでしょう。

 

また、サインは合図や信号という意味も持っているので、

大事な書類に自筆で氏名を書く場合は、

サインというよりも、署名といった方が重要性が相手に伝わりやすいです。

 

もしあなたが誰かにお金を貸すなどして、

その借用書を書いてもらう場合も、

借用書には『署名欄』を記載して、署名をきちんと書いてもらうべきです。

 

以上が、記名と署名とサインの違いです。

 

記名と署名とサインって、

かなり重要性に違いがあるものだったんですね!

 

私も記名や署名やサインの違いについてよく知らなかったので、

改めてとても勉強になりました。

 

私も今後、重要書類に署名をする際は、

しっかり書類の内容に目を通すようにしていきます。

 

スポンサーリンク

署名を他人が書くのって、大丈夫なの?

 

 

署名は、基本的には本人の自筆でないといけないため、

署名を他人が書くというのはダメなのです。

 

ただし、本人が署名すべき書類等の内容をしっかり把握しており、

なおかつ身体上の理由などで署名することが不可能な場合は、

署名を第三者、つまり他人が書くことも出来ます。

 

もちろん法的な効力もちゃんとありますよ。

 

でも、署名すべき本人が書類等の内容をきちんと把握しておらず、

第三者、つまり他人に署名の代筆の依頼をしている場合は、

基本的にはNGなので、法的な効力も生まれません。

 

どうしても他人が代筆しなければいけない場合は、

本人の氏名と、代筆する他人の氏名の両方を書かなければいけないのです。

 

でも、ただ普通に本人の氏名と代理人の氏名を署名欄に書くのではなく、

『○○○○(本人の氏名) 代理人××××(代理人の氏名)』

という書き方をする必要があるのです。

 

この署名の仕方を『顕名(けんめい)』といい、

本人が署名しなくても、法的に効力が生まれる署名になります。

 

ただ『顕名』をする場合は、

署名する本人が

代筆する他人に正式に委任をしていなければいけないので、

本人からの委任状が必要になる場合もありますよ。

 

やっぱり原則としては、

署名というものは他人が書くのはNGであり、

自筆をしなければいけないのですね。

 

どうしても『顕名』をする場合は、

委任状を用意しておくと、より確実に署名が法的な効力を持つでしょう。

 

スポンサーリンク

まとめ

 

記名とは単純に自分の氏名を書くことで、

署名は自分の氏名を自筆で記入すること。

 

そしてサインも署名と同じ意味であり、氏名を本人の自筆で書くことです。

 

原則として署名は他人が書くというのはNGであり、

法的効力も生まれませんが、

本人から委任の意思があり、

また『顕名』をして氏名を書いたり、本人からの委任状があれば、

他人が署名しても問題ない場合も多いですよ。

 

ぜひ今後のためにも、

署名やサインは、必ず自分で書かなければいけないもの、

というように覚えておきましょう。

タイトルとURLをコピーしました