アメリカザリガニが増えた理由。日本に来た理由や持ち込まれた理由は?

スポンサーリンク

日本のどこでも捕まえることのできる、身近な生物のアメリカザリガニ。

 

名前の通り、アメリカからやってきた外来種です。

  • なぜ、アメリカザリガニは日本に来たの?
  • どうして日本全国に増えてしまったの?
  • 外来種だけど捕まえたらどうしよう?

 

今回は、このような疑問について調べてみました。

 

具体的には

  • アメリカザリガニが日本に来た理由
  • アメリカザリガニが増えた理由
  • アメリカザリガニを捕まえたらどうするか

の順番で解説します。

 

この記事を読むと、どうしてアメリカザリガニが

日本全国にいるのかわかるようになるので、ぜひ最後まで目を通してくださいね。

 

スポンサーリンク

アメリカザリガニが日本に来た理由や持ち込まれた理由とは?

 

 

アメリカザリガニは、名前の通りアメリカ原産のザリガニの一種です。

 

アメリカに住むザリガニは、どうして日本に来たのでしょうか。

 

アメリカザリガニは1927年(昭和2年)に日本に持ち込まれました。

 

当時、日本は食用のため

ウシガエルをアメリカより持ち込んで養殖していました。

 

ウシガエルはとても食欲旺盛で、

その餌としてアメリカザリガニが選ばれたのです。

 

最初は200匹のアメリカザリガニを日本に持ち帰りましたが、

ほとんどが途中で死んでしまい、

日本にたどり着いたのはわずか20数匹と言われています。

 

この20数匹のアメリカザリガニが、その後日本全国に広まり、

現在は日本全国どこにでも生息するまでになっているのです。

 

アメリカザリガニはウシガエルに食べられるために、

はるばるアメリカからやってきたのでした。

 

スポンサーリンク

アメリカザリガニが増えた理由は何なの?

 

 

たった20数匹から、どうやって日本全国にまで増えていったのでしょうか。

 

以下のようなことが繰り返され、

新しい水域へと広がったと考えられています。

 

  • 養殖池から周囲に逃げた
  • 捕まえた人が違う水域に逃がした
  • 飼っていたけど途中で逃がした
  • 販売業者が売れなかったものを川に捨てた

 

さらに、アメリカザリガニは繁殖力が強く

一度定着するとすぐに繁殖して増えてしまうのです。

 

一匹のアメリカザリガニは、春と秋に200個以上の卵を産みます。

駆除してもすぐに増えてしまいます。

 

また、汚い水でも生きていけるので、

どのような環境にも適応して繁殖していけるのです。

 

雑食性でなんでも食べるので餌にも困りません。

 

日本固有の水生昆虫や魚類を食べてしまうので、

環境への影響が大きく問題となっています。

 

外来種のアメリカザリガニは日本環境に適応し、

強い繁殖力で増え続けているのです。

 

スポンサーリンク

アメリカザリガニを捕まえたら逃がすべき?それとも…?

 

 

外来種であるアメリカザリガニを捕まえたら、どうすればよいのでしょうか。

 

環境省から特定外来生物に指定されている外来生物は、飼育には許可が必要です。

 

また、捕まえた場合は、他の水域への運搬は禁止され、

その場ですぐ放す必要があります。

 

アメリカザリガニは特定外来生物ではなく、

緊急対策外来種に指定されています。

 

特定外来生物ではないので、

捕まえても飼うことには問題がありません。

 

ただ、日本の環境への影響を考えると、

外来種被害予防三原則(入れない、捨てない、広げない)を守る必要があります。

 

捕まえたらその場で逃がすか、持ち帰って飼育するならば、

最後まで責任を持って飼いましょう。

 

スポンサーリンク

まとめ

 

いかがでしたか。

 

今回はアメリカザリガニがやってきた理由、

増えた理由、捕まえたらどうするかについて解説しました。

 

最後にポイントをまとめます。

 

  • 食用ガエルのエサとして20数匹が日本にやって来た
  • 繁殖力、適応力が強く、日本全国に広まった
  • 特定外来生物でなく緊急対策外来種に指定されている
  • 捕まえたらその場で逃がすか、飼うのであれば最後まで責任もって飼育する

 

餌になるためにやって来たアメリカザリガニですが、

今や日本全国に生息して、身近で子供たちにも人気の生物です。

 

しかし、外来種であり日本の環境に影響してしまう生物なのです。

 

これ以上広まらないように注意して、ザリガニ釣りや飼育を楽しみましょう。

タイトルとURLをコピーしました