ランニングシューズを普段履きで使うデメリットとは?疲れるってマジ?

スポンサーリンク

昨今、スポーツショップなどに行くと、

シューズの種類が多すぎてもう選ぶことも難しくないですか?

 

そして店員さんに聞いてみても、

それぞれの特徴がいろいろありすぎて、

結局どれが良いのかわからなくなる始末に(笑)

 

それに普段、世のお父さんたちの足元を見ていると、

普段からランニングシューズを履いている人も多く見かけますよね。

 

今回の記事では、

ランニングシューズの普段履きのデメリットや、

疲れの理由などを紹介していきます。

 

スポンサーリンク

ランニングシューズを普段履きするデメリットとは?

 

 

冒頭で少し触れましたが、

世のお父さん方が、ランニングシューズを普段履きにしている時を見かけますよね。

 

うちの父もその一人だったのですが、今はランニングの時だけにしています。

 

そもそも、なんで通常履きにランニングシューズを選んだかというと、

やはりランニングシューズはかなり軽く作られていて、

メッシュで風遠しも良いということで、

普段履きしていても楽だと思って購入したそうです。

 

実際履いていて、履いていないくらいの軽さだと満足していましたね。

 

ただ、問題が特に生じなかったのは、

普段からランニングシューズを履いていても、

長時間履くことなどはしていなかったからなのです。

 

実際に、ランニングシューズを普段履きにすることは、ダメなことなのでしょうか?

 

デメリットを紹介してみます。

 

大きく分けてデメリットと考えられる点は、2点です。

 

一点目は「デザイン性」。

 

今では、ファッショナブルなランニングシューズもあります。

 

しかし、スポーツウェアに対してのオシャレさであって、

デニムやいつものおしゃれ洋服に合うかというと、少し疑問ですよね。

 

女性らしい洋服やフリルのある服、スーツなどに合うかと言われると「?」です。

 

ですので、デザイン的にデメリットと言えますね。

 

 

二点目は、シューズの劣化です。

 

ランニングシューズは、ランニングの為に作られているため、

伸縮性、クッション性が優秀な作りになっています。

 

それで普段履きしていると、

そのクッション性などが、どんどん劣化してしまいます。

 

これは普段履きをしているからというより、

使う回数が多いからという当然の流れですね。

 

そうすると、いざランニングに使う時には、

ランニングにメリットだった機能性が失われているわけですね。

 

普段しか使わないために、

ランニングシューズを購入し、普段履きをするのは問題ないですが、

ランニングをすることを考えながらの普段履きは、避けたほうがよいですね!

 

ランニングシューズの普段履きのデメリットは、

デザイン性とシューズの劣化の懸念というところですね。

 

スポンサーリンク

ランニングシューズを普段履きすると疲れるってマジ?

 

 

結論からいうと、

ランニングシューズを普段履きにしていて疲れるということは、

通常ではありえません。

 

しかし、ランニングシューズを普段履きにしていて

疲れるということが起きることも確かなのです。

 

その理由としては、二つあって、

 

①普段履きをしているから劣化していて、それを気づかずに使っているから疲れる

②ランニングシューズの種類によっては疲れる

ということが挙げられます。

 

①の劣化は、前述の記載とおり、

普段履きは、使用頻度が多いということなので、劣化が早いということ。

 

劣化していては機能が落ちますから、

それが疲れに繋がる可能性は充分に考えられるということです。

 

②に関しては、各ランニングシューズの特徴的なお話です。

 

一時期流行りました、

NIKEのオレンジのランニングシューズを覚えていますか?

 

 

プロのマラソン大会で、半分以上の選手が履いていたとされているものです。

 

これはアスリートのランニングに特化して研究されて作られていますので、

普段履きは疲れますし、足の負担にもなると言われます。

 

プロが履いて走っていて、カーブの力のかかり具合で負傷も考えられるほど、

繊細なシューズになっているそうです。

 

でもその分、直線の速さ、軽さという点では

超人的に類をみない作りにもなっているということ。

 

こういったランニングシューズに関しては、普段履きは避けるように言われています。

 

要するに、ランニングシューズを普段履きして疲れるのは、

その種類によりけりということです。

 

ランニングシューズを普段履きしたいなら、

定員さんやメーカーさんに機能性を聞いて使うようにしたほうが安全ですし、

リスクも低くなります。

 

でも言えるのは、

ランニングシューズをランニングと普段履きで併用するのは、

最もお勧めできない履き方だということです。

 

劣化の速さにより、足にも負担がかかるので注意しましょう。

 

スポンサーリンク

まとめ

 

・ランニングシューズの普段履きのデメリットはデザイン性とシューズの劣化

・ランニングシューズを普段履きするのはダメなわけではない

・ランニングシューズを普段履きしたいなら、それに見合った種類のものを選ぶ必要がある

・ランニングシューズ一足を、ランニングと普段履きの併用は危険。

 

ランニングシューズはランニング用に使用して、

普段履きには一般的な運動靴を履くようにする、という使い方が

自分の足のためにも靴のためにも良いので、

ランニングシューズを普段履きするのは、極力控えたほうが良いでしょう。

タイトルとURLをコピーしました