安全性の低いセキュリティはそのままでも大丈夫なのか調べてみた

スポンサーリンク

私自身も、最近よく見かけてしまうのが、

スマホで「安全性のセキュリティ」という言葉。

 

出てきたらドキッとしませんか?!

 

しかも、なぜか最近、

会社でも迷惑メールが急増するという、

一時的なサイバー攻撃的な被害を受けていました。

 

そのことから、安全セキュリティのソフトを導入したばかりです。

 

機器が古くなっているためのものもあれば、

今のご時世のサイバー攻撃的な要素もあって、

安全性は確かに問われていることを、まさに実感しています。

 

個人情報、会社情報を抜かれる恐れがあるので、

ネットのセキュリティの安全は、今一度徹底していきたいですよね。

 

今回の記事では、

安全性の低いセキュリティを使い続ける危険性について、

安全性の低いセキュリティの直し方はあるのか?

ということを紹介していきますね。

 

スポンサーリンク

安全性の低いセキュリティを使い続けることに危険性はある?

 

 

安全性の低いセキュリティーを使い続ける事に、危険性はあるのか?

 

これは、何とも言えないんですよね。

 

危険だからこそ、安全性の低いセキュリティですよと

お知らせをしてくれるのでしょうし、

かといって、実際に何かが起こったことはない、

というのがほとんどの人ではないでしょうか。

 

「安全性の低いセキュリティ」と表示されたときは、

メッセージの通り、利用するWi-Fiが安全ではないことを

指しているのは、そのまんまですよね。

 

基本的に、その表示が出た場合は、

そのままの状態にしておくと、

インターネット通信の情報が盗まれる可能性があるというお知らせです。

 

だから、万が一を考えるととても危険ですよね。

 

特に会社であると、

会社情報、取引先情報、顧客情報などもあるわけですから、

自分達だけでなく、

お世話になっている方々にも、ご迷惑をおかけすることがあり得るわけです。

 

そうなると、やはり何か対策をしておいた方が良いと考えませんか?

 

安全性の低いセキュリティという表示が出るのは、

  • Wi-Fiで用いられている暗号化方式の安全性が低い
  • Wi-Fiで用いられている暗号化アルゴリズムの安全性が低い
  • Wi-Fiに鍵がかけられていない

というのが理由です。

 

ちなみに、うちの会社でも全く同様のことがあったのですが、

おそらく、暗号化方式か暗号化アルゴリズムのところで、

そもそも、Wi-Fi機器のモデルが古すぎるということでした(笑)

 

だから、難しいことは置いておいて、

買い替えるのが良いと言われましたよ。

 

ちなみに10年強も使っているものでした。

 

基本的にWi-Fiルーターのセキュリティは、以下の3つ。

 

・認証方式

認証方式とは、通信端末がWi-Fiに接続する際の認証規格のこと。

 

・暗号化方式

暗号化方式が最新であるほど、

通信情報を保護する暗号化がより複雑になり、解読が困難になります。

 

だから、モデルが古いと、必然的にこれも弱いということですよね。

 

・暗号化アルゴリズム

とにもかくにも、この安全性の低いセキュリティは、

盗用の恐れが少しでもあるということなので、対策は必ずしたほうが良いのです。

 

スポンサーリンク

安全性の低いセキュリティが怖いんだけど、直し方ってあるの?

 

 

私自身のiPhoneにも、

安全性の低いセキュリティと表示されたことがあります。

 

この場合は、ルーターに問題があったので、

iPhone自体には問題はありません。

 

ですので、直すというか、

ルーターをどうするかという課題になるのです。

 

iPhoneをWi-Fiへ接続するときに、

「安全性の低いセキュリティ」と表示されたら、

以下の方法で対策するのがおすすめです。

 

・Wi-Fiルーターの暗号化アルゴリズムを変更する

・セキュリティ規格が最新のWi-Fiルーターを使う

 

この2つです。

 

直すというより、

ルーターの買い替えか、暗号などを変更する、

または、鍵がかかってない状態なら鍵をかけるということです。

 

この3つの対策のどれかを講じる事で、

この安全性の低いセキュリティの表示は消えるでしょう。

 

実際、うちの取引先の大元の会社が、被害にあったようです。

 

盗用されたのは、取引先の個人情報だったようで、

謝罪の電話がありました。

 

とにかく、メールアドレスは盗用されたらしく、

おそらく迷惑メールが行くから、

その添付のものは開かないでくれと連絡があったので、

対処はできましたが、実際に迷惑メールが届きました。

 

そして、開いてしまった人もいるらしく、

開くと、今度はその会社のパソコンの中にある情報が取られるという、

鎖のように繋がれていく感じだったので怖いなと思いましたね。

 

スポンサーリンク

まとめ

 

安全性の低いセキュリティという表示、

見慣れてしまうと、そこまで危険なものに感じなくなる・・

これが危険です。

 

最悪の場合、情報が盗用されてしまう恐れがあるからこそ、

この表示が出てくれているわけです。

 

だから、この表示が出たら対策を取ることが重要なんです。

 

暗号化アルゴリズムの変更、新しいルーターにする、

鍵をかけるという対策なので、どれかはやったほうがよいですよ。

 

特に古いルーターであれば、危険度も高いですので、

買い替えをお勧めします。

 

情報が盗用されると、自分たちだけでなく

周りにも被害が及ぶ恐れがあるので気を付けましょう。

タイトルとURLをコピーしました