サマンサタバサのティアラとベガの違いは何なのか調べてみた

スポンサーリンク

サマンサタバサは、バッグ、小物、コスメなど、

女性のライフスタイルの様々なシーンで活躍しています。

 

そのため、サマンサタバサの中にも、

たくさんのリトルネームが存在するのです。

 

というか、サマンサタバサにも色々な展開があると言ったほうが正しいですね!

 

例えばジュエリーを扱っているブランド、

カジュアルなブランドというように、サマンサタバサの中で展開をしています。

 

その中でも今回は、ティアラとベガの違いについて紹介していきたいと思います!

 

スポンサーリンク

サマンサタバサとベガとの違いは?

 

 

サマンサタバサとベガの違いについて、最初に説明します。

 

扱っている商品は、バッグ、財布、小物、

ポーチ、ジュエリーなどがあるので、

一見、サマンサタバサとは見分けが付かないと思っていました。

 

まず、サマンサベガに関しては、

ブランドが立ち上がったころは、

渋谷109など、ギャル系ファッションビルで売り出されていました。

これは驚きですよね!

 

要するに、サマンサベガは、

商品そのものではなく、テイストが違うということですね!

 

しかし、ギャル系から2017年にはキュートモードに転向。

 

キュートはかわいらしい、

モードは前衛的、アヴァンギャルドという感じです。

 

そして2019年には、

サマンサタバサとさらなる差別化を図るために、

完全に10代から20代前半をターゲットにした商品展開に絞っていきます。

 

そのため、コストもサマンサタバサと比べてはるかに安いものです。

 

10代、20代前半は、手軽に買えないと売れないですよね。

明確に安いので、サマンサタバサの半額以下です。

 

口コミでもよく言われているイメージでは、

元気、キュート、カジュアル、実用的、トレンド的

という言葉がぴったりくるようですね。

 

サマンサタバサの妹分的な要素が強いのかな?

でも妹分としても、少し、いやかなり元気カジュアルで、

セレブ層なイメージはまったく描けないので、

サマンサベガだけをブランドに見ていたら、

サマンサタバサとのつながりなんて感じれないかもしれませんね。

 

スポンサーリンク

サマンサタバサとサマンサティアラの違いとは?

 

 

サマンサティアラというのは、

サマンサタバサの中のジュエリー部門なので、タバサとの違いはありません。

 

サマンサタバサの中に、

サマンサティアラと、サマンサシルヴァがあります。

どちらもジュエリー専門ですね。

 

商品は、リング、ピアス、ネックレス、イヤリング等々です。

 

このサマンサティアラは、ゴールドを主軸に使われています。

 

そしてサマンサシルヴァは、

このサマンサティアラの妹分な感じで、シルバーアクセサリー中心です。

 

ですので、サマンサティアラの方が、

シルヴァに比べると少し高級になっていますね。

 

サマンサティアラは安くて30,000円、

高い物では100,000円ほどする品物までありますが、

シルヴァは手の届きやすいところにあります。

 

そしてティアラに関しては、

デザインも落ち着いていて大人っぽく清楚可憐で、かつきらびやかな、

サマンサタバサと似た富裕層、セレブ層を思わせるジュエリーたちです。

 

それに対しシルヴァは、少しカジュアルめで、

普段シーンでも使えるし、ビジネスなどにも使えそうな商品もあります。

 

ただ、エレガントな感じは、ティアラと同様にありますね!

 

サマンサティアラもサマンサシルヴァも、

百貨店やファッションビルのジュエリー売り場で見かけますよ!

 

サマンサタバサは大元で、そこがブランド展開をして、

サマンサティアラ、サマンサシルヴァ、サマンサベガ、

他にもタバサの年齢層分け、KINGSなどが展開されています。

 

商品を見てみれば違いは明らかなので、

店頭で見てみると、

サマンサタバサとのつながりがわからないくらい差別化できています。

 

ただ、名前にサマンサが付いているので、必然的に連想はしてしまいますよね。

 

サマンサって響きが独特だし、覚えやすいからすぐ連想します。

 

サマンサタバサは、

柔軟に時代とともに変化をし続けていますし、

時代を見ながら様々なブランド展開をしたり、方向転換をしたりしています。

 

これが、長年愛される秘訣なのかもしれませんね。

 

ただ、「タバサのイメージとして」がやはり強いので、

サマンサ系列を持つとなると、固定観念のイメージがあるので、

そこをどれだけ打破できるかが大事なのかもしれませんね。

 

スポンサーリンク

まとめ

 

・サマンサタバサにはブランド展開がある。

・サマンサベガは、キュート、元気、カジュアルな価格帯が低い10代~20代前半をターゲットにして商品展開をしている。サマンサタバサは、セレブ層やビジネスシーンの女性など、少し大人めがターゲットなので、明らかな違いがある。

・サマンサティアラとは、サマンサタバサのジュエリー部門。ティアラの妹分には、シルヴァというブランドも展開されている。

・サマンサティアラは、ゴールドジュエリーでハイランクなイメージで、サマンサシルヴァが、シルバーの商品展開をしており、ティアラよりすこし日常を楽しめるラインナップになっている。

・サマンサティアラの価格帯は、安くて30,000円から高くて100,000円超え。

タイトルとURLをコピーしました