お風呂のカビ予防。浴槽は何度まで耐えられる?お湯や熱湯をかけても大丈夫?

スポンサーリンク

お風呂場のカビ予防は、常に気を付けたいところですよね。

 

お風呂場は人間の体とダイレクトな部分なので、

不衛生は気持ち悪いし体によくなさそう。

 

水回りはキレイにという中には、

お風呂ももちろん入っていますが、お風呂は湿気のカビが一番の大敵だといわれています。

 

カビというとお湯に弱いイメージがありますが、

お風呂場のカビにはどう対処したらよいのでしょうか。

 

今回の記事では、

お風呂の浴槽は何度のお湯まで耐えられるのか?というのと、

お風呂のカビ予防にお湯や熱湯は効果的なのか?

という点について紹介していきたいと思います。

 

スポンサーリンク

浴槽は何度まで耐えられるのか調べてみた

 

 

カビは熱湯に弱いとよく言いますが、

お風呂のカビを退治したいと考えた時に、

浴槽って実際何度まで耐えられるんだろう?という疑問が湧きました。

 

お風呂に通常入る時は、だいたい40℃前後で、

高くても50℃にする人はなかなかいないと思うので、

とりあえずは40℃なら絶対に大丈夫なように作られているのは間違いないですよね。

 

それで調査してみたところ、

70℃~100℃までは耐えられると言われています。

 

通常の一般的に出回っている浴槽に関しては、

70℃耐性の設計になっており、

70℃以上だと破損や変形の恐れが出てくるということですね。

 

実際にお風呂ではなくても、

通常沸騰直後の100℃のお湯を何度もかけると、

物は変形すると言われています。

 

ポイントとしては、何度もというところです。

 

ですので、お風呂も100℃を一度沸かしたからといって、

変形するほど弱い設計にはなっていませんが、

何度も100℃のお湯を入れていると、変形してくる可能性は大ということです。

 

まあ、そもそも100℃のお湯を

浴槽で沸かすということは滅多にないのですが、

カビ撲滅でやってみたらどうだろうと考えた時には、

耐性的に止めておいた方が無難ですね。

 

そして、実際にカビは熱に弱いという説は本当ですが、

何も100℃まででなくても50℃で死滅するのです。

 

だから、60℃あたりのお湯をかける事がカビには効果的だと言われています。

 

60℃であれば、浴槽に沸かすこともできる温度ですよね。

 

実際に60℃のお湯を数秒間掛けると死滅できると言われるので、

お風呂場のゴムパッキンのところや、

目地に入り込んだカビなどは、

その60℃のお湯を10秒ほどかけることで退治できるのです。

 

熱湯ではないとはいえ、60℃も充分熱いですので、

対処する時は気を付けて行ってください。

 

お子様と一緒に入っているときに実施するなどは危険なので、避けておきましょう。

 

スポンサーリンク

お風呂のカビ予防にお湯をかけるのは効果的?

 

 

お風呂のカビ予防にお湯をかけるのは効果的か?ということですが、

60℃のお湯を数秒かけ続ける事、カビ退治には効果的です。

 

タイルの目地、排水のところ、ゴムパッキン、

ゴムパッキンの間などに掛けるのはOKですが、

高さがあるところだと危険が伴います。

 

場所としても、細かいところにとても向いている退治法といえるでしょう。

 

ゴムパッキンのカビはなかなか手ごわいので、数回実施したほうが安心です。

 

そう考えると、やはりお風呂は

カビ退治ももちろんしたいところですが、

カビ予防、つまりカビを作らないことが一番の対策だといえるのでしょう。

 

カビを生えない用にするには、

毎日水滴を取ること、風呂乾燥機でしっかり乾かすこと、

 

そして今大人気なのは、2週間に一度や、1ヵ月に一度の

防カビ燻煙剤などを使用することです。

 

この防カビ燻煙剤には、かなりの効果があるといわれますので、

カビができて退治するより、事前の対策が一番良いとされていますね。

 

面倒ではありますが、毎日のことではないし、

ただセットするだけなので、

実際の手間を考えるとそんなに大変でもありません。

 

カビができて退治するほうが大変になるでしょう。

 

実際私も、毎日簡単に水切りとふき取りを適当にして、風呂乾燥機で乾燥。

 

そして月に1度、ルック防カビ燻煙剤をしていますが、

カビも水垢も全然困ったことがありません。

 

やはりカビは退治より防止が効果的だということです。

 

生えてしまったカビは60℃前後のお湯を数秒間かける、

そしてそのカビを退治してからは、カビをはえさせない対策をとりましょう。

 

 

 

スポンサーリンク

まとめ

 

・浴槽の耐性温度は70℃から100℃と言われているが、普通の浴槽の設計は70℃耐性がほとんどです。

・目地やゴムパッキンや、隙間などの細かい場所には、60℃のお湯を10秒ほどかけるということが、お風呂のカビ退治として効果的な方法です。

・お風呂はカビ退治より、カビ防止策をとるほうが賢明だと言われます。

・カビ防止策は、毎日の水滴除去、お風呂全体の乾燥、防カビ燻煙剤使用などです。カビが生える前に、生えない対策を取る循環にしていくことがおすすめです。

 

ただでさえ湿気が強いお風呂で、

その細かい部分などは特にカビの温床になりやすいので、

カビ事前対策を実施し、それでも生えたら

速やかな対処法を施して、清潔なバスルームを維持していきましょう。

タイトルとURLをコピーしました