美味しい・甘い・辛い大根の見分け方。選び方は「ひげ」がポイント?

スポンサーリンク

大根って美味しいですよね。

 

ホクホクの食感と、

あっさりとした味わいであり、

これから冬にかけて

煮込み料理でも定番となりますよね。

 

そんな大根ですが、

せっかくなら美味しいものを選びたいですよね。

 

また、甘い大根や辛い大根を

見分けることはできるのでしょうか?

 

ここでは、そんな大根の見分け方について解説をしていきます!

 

スポンサーリンク

甘い大根・辛い大根の見分け方

 

 

大根ですが、甘い大根、辛い大根を見分けられると便利ですよね。

 

おでんなどの煮物には甘い大根が良いですが、

大根おろしや薬味として使う場合には、辛い大根の方が合います。

 

そんな甘い大根と辛い大根ですが、

見分け方はあるのでしょうか?

 

結論から言えば、あります。

 

詳しく解説をしていきます。

 

甘い大根と辛い大根ですが、

見分ける際には、以下の点を確認してみるようにしましょう。

 

・ひげ根のくぼみ

 

大根は、側面にくぼみがプツプツとありますよね。

 

このくぼみからは、本来「ひげ根」が出ています。

 

このひげ根のくぼみですが、

均等に真っ直ぐ入っていると、甘い大根だと言われています。

 

ひげ根のくぼみが均等になっているということで、

自然の成長速度で育っている証拠になっています。

 

一方、このくぼみが不均一の場合には、

成長環境が悪く、成長速度にムラがあり、

甘さが逃げてしまい、辛くなってしまいます。

 

・ずっしりと重いもの

 

どれも同じぐらいの大きさの大根ですが、

ずっしりと重いものの方が甘さはあるとされています。

 

こちらの方が水分が多く含まれており、

その分、細胞も詰まっており甘くなっています。

 

・冬の大根

 

大根は一年を通して売っていますが、

夏の大根の方が水分が少なく、辛味が強いです。

 

一方、冬の大根の方が、

水分が多く含まれているので、甘く食べることができます。

 

 

このように、

甘い大根と辛い大根を見分けることは、

ある程度可能です。

 

基本的には、

新鮮で栄養状態の良いものの方が甘い大根となりますが、

甘い辛いは料理によって合うかが変わります。

 

また、辛い大根ですが、

工夫によって甘くすることは可能です。

 

大根おろしにした際に辛すぎた場合、

30分以上時間をおくと、

大根の辛味成分が揮発して抜けるので、食べやすくなります。

 

その他、大根おろしは

電子レンジで1分ほど加熱してから、

再度冷やすことで、

こちらも辛み成分を抜くことが可能となっています。

 

うまくて甘い大根と、辛い大根を見分けたり

工夫をすることで、使い分けるようにしてくださいね。

 

スポンサーリンク

美味しい大根の見分け方。選び方はひげがポイント?

 

 

美味しい大根は、

甘味が強いというものでしたら、

やはり、ひげ根のくぼみが一番のポイントになります。

 

上記のように、

こちらが均等になっているものを選ぶことで、

成長状態の良い、甘くて美味しい大根を見分けることができます。

 

また、それ以外にも

以下のことを確認してみましょう。

 

・大根の形

 

大根ですが、

太いものよりも細いものの方が美味しいとされています。

 

柔らかい土の中を

栄養を求めて伸びることで、

たくさん栄養を吸収しているからです。

 

そして、細いことで

ぎゅっときめ細かやかな食感となっています。

 

・葉の色が鮮やかな緑色になっているもの

 

大根の葉を確認する場合ですが、

鮮やかな緑色になっているものの方が新鮮です。

 

そのほうが栄養価も高く、大根の旨味が凝縮されています。

 

また、新鮮な大根の葉は、

美味しく食べることもできます。

 

ごま油と炒めることで、

ご飯と合う美味しいおかずとして食べることができますよ。

 

ぜひこれらを活用して、美味しい大根を見分けてくださいね。

 

スポンサーリンク

まとめ

 

大根の見分け方ですが、

甘い辛い、そして美味しいものを見分けることは可能です。

 

いくつか見分け方はあるのですが、

その中でも特に大切なのは、ひげ根のくぼみの感覚です。

 

これらの感覚で、等間隔なほど、

成長状態がよく、甘く美味しい大根とされています。

 

ただ、辛い大根も

それはそれで美味しいので、

うまく見分けるようにしてください。

 

ぜひ大根を上手に見分けて、大根を美味しく食べてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました