さつまいもの表面が黒い時や、茹でたら黒い時って食べても大丈夫なの?

スポンサーリンク

さつまいもの表面の色が変わっている時、ありませんか?

 

シワシワとなってしまっているのは、

もう駄目だなと思って諦めるのですが、

なんとなく表面が黒っぽいだけなら、

火を通して食べたらよいのかな?と思いますよね。

 

ただ、「黒い」といっても、

皮に転々とついているものや、

切った断面の周りに薄く黒くにじんでいるものなど、

ただ「黒い」と言っても、種類が違うんですよね。

 

一番気になるのが、食べても良いのかどうかということですよね。

 

今回の記事では、

さつまいもの表面や断面が黒いのは食べても良いのか、

茹でたら出てきた黒い部分があるものは食べても良いのか、

などを紹介していきますね。

 

スポンサーリンク

さつまいもの表面(断面)が黒いんだけど、食べても大丈夫?

 

 

さつまいもが黒くなっている場合、

どのようなものなら食べても大丈夫なのか、

食べたらダメな黒さというのは、

どんなものなのかというのを説明しましょう。

 

まず、食べても問題のない黒さをお伝えしますね。

 

すでにスーパーに売っている時に、

皮の表面で黒っぽいところがあるものを見かけませんか?

 

量にしてもちょっとだし、大丈夫な気がしますよね!

 

そう、それはさつまいもに含まれるヤラピンという成分です。

 

ヤラピンは、さつまいもを切ったときに出てくる、

白い汁の中に含まれているものなのです。

 

その黒いものは、さつまいもの先の断面や、

さつまいも同士がぶつかってできた傷が原因で、

ヤラピンが含まれた白い汁が、

中からにじみ出てきて乾燥し、

黒くなったものだといわれています。

 

ヤラピンは食べてもOKで、

むしろ整腸作用があるといわれています。

 

さつまいもは食物繊維も豊富なため、

整腸作用+食物繊維での便秘解消などに役立つので、

むしろ嬉しいものと考えても良いでしょう。

 

しかし、あまりにも大きく、

黒く固まっているヤラピンは、

土などと一緒に固まってしまい、

固くなってしまっていることもあります。

 

そういう時は、その部分だけ除けばOKです。

 

もう一つ、これはよく見るのではないでしょうか。

 

さつまいもを切ってしばらくすると、

断面に黒い斑点が出てくるときがありますよね。

 

これも、

さつまいもに含まれるヤラピンが変色したもので、

食べても大丈夫なものです。

 

調理前であれば、水で洗い流すことができますよ!

 

私はいつも、切ったものから水に浸しています。

 

ちなみに、味や栄養価に変わりもないそうですよ。

 

黒くなるのを防ぎたい場合は、

さつまいもを切ったあと、

5~15分ほど水にさらしておくのが一番良いそうです。

 

しかし稀に、切ったときに

はじめから断面に黒い斑点があることがあるんです。

 

こういう場合に考えられるのは、低温障害。

 

低温障害になった場合は、処分しか方法はありません。

 

低温障害だと、

サツマイモ全体が変わってくるので、分かりやすいです。

 

私も経験がありますが、

冷蔵庫や野菜室などに入れてしまった時になりました。

 

低温障害を起こしたさつまいもは、

品質が劣化したり、栄養価が損なわれたりしますし、

なんといっても、苦みがある場合もあるんですよ。

 

さつまいも全体の断面が黒くなっている場合は、処分しましょう。

 

黒色に変色した場合、黒カビが生えているということがあります。

 

さつまいもに黒カビが生えている場合は、

食中毒の原因になるため、もちろん食べるのはNG。

 

黒カビはふわふわしたものがついていたり、

表面に斑点状についていたりしますので、

すぐわかりますし、

保存状態に問題があったと思いますので、気づきやすいと思います。

 

ヤラピンが固まって黒く変色しているものは、

カビとは違い、ツヤっぽい感じがあり、

触ると硬くベタベタと蜜みたいな感じがあるので、違いは明らかです。

 

ヤラピンの場合は、食べても安全なため、

黒カビとしっかり見分けることが重要になってきます。

 

スポンサーリンク

さつまいもを茹でたら黒い部分があるけど、食べても大丈夫?

 

 

サツマイモを茹でたら、

黒い部分が出てきた時は、食べても大丈夫なのでしょうか?

 

加熱後に、実の部分が黒く変色することも実際にあります。

 

これは、さつまいものアクである、

クロロゲン酸が変色したものと言われています。

 

クロロゲン酸はアクの成分なので、食べても問題はありません。

 

ただ、私も食べたことがあるのですが、

エグイというか、渋いというか、

美味しく食べるのは無理だと感じます。

 

黒い変色を防ぎたい場合は、

切ってから水に5~15分ほど浸けておくことで

アクが抜けるので浸しましょう。

 

スポンサーリンク

まとめ

 

さつまいもの黒さは、傷んでいるかどうか、

食べられるかどうかの見分け方が重要になってきます。

 

食べられるものを捨ててしまうのは、

食品ロスの観点からも、

なるべく無くしたいとは思いますが、

健康被害に繋がるのであれば即断して破棄しましょう。

 

カビだと確実によくないので、迷うことなく捨てましょう。

 

皮についている、蜜のようなベタベタした黒色は、

むしろ整腸作用さえあるので問題ありません。

 

しかし、固まって砂も混じっていると

かなり固いので、その時は取り除くことをお勧めします。

 

さつまいもをおいしく食べるためには、知識を持っておくと良いですね!

タイトルとURLをコピーしました