美味しいキャベツの見分け方。重さや色をみるのがポイント?

スポンサーリンク

キャベツって美味しいですよね。

 

料理にはもちろんのこと、

付け合わせにも最適であり、

よく食べるという人も多いでしょう。

 

そんなキャベツを

スーパーで買うことが多いですが、

どうせ買うのなら美味しいものを選びたいですよね。

 

美味しいキャベツの見分け方はあるのでしょうか?

また、半玉の場合にはどうすればいいのでしょうか?

 

ここでは、美味しいキャベツの見分け方について

解説をしていきます。

 

スポンサーリンク

キャベツの見分け方は重さや色を見るのがポイント?

 

 

キャベツの美味しいものの見分け方は、いくつかあります。

 

まずは、一玉での場合の

キャベツの見分け方を紹介していきます。

 

美味しいキャベツの見分け方には、

以下のような方法があります。

 

・葉の色が濃い

 

まず注目をするのが、キャベツの葉の色です。

 

葉の緑色が濃く、青々としているものほど

新鮮なものとなっています。

 

また、芯の部分の白さは鮮やかとなっており、

緑と白のコントラストが

はっきりとついたものが美味しいとされています。

 

・全体が瑞々しい

 

キャベツですが、全体の水分が抜けて

しんなりとしていると、鮮度が落ちています。

 

キャベツ全体が水分を含んで瑞々しくなっており、

ハリがあるものだと、甘みが強く美味しいキャベツです。

 

・綺麗な丸みを帯びている

 

キャベツの形が悪いものは、

収穫のタイミングが悪かったり、

鮮度が落ちているものとなっています。

 

なので、綺麗な丸みを帯びており、

しっかりと葉に包まれているものを選ぶようにしましょう。

 

・重みがある

 

キャベツは、同じ大きさのものでも

重いものの方が良いです。

 

重いものの方が水分が含まれており、

鮮度がよく、甘みも強くなっています。

 

 

このように、キャベツの重さや色をはじめ、

美味しいものを見分けるポイントは、いくつかあります。

 

スーパーでは、実際に手に取って

キャベツを見ることができます。

 

ぜひキャベツをうまく見分けて、

美味しいキャベツを選ぶようにしてくださいね。

 

スポンサーリンク

半玉のキャベツの選び方は、どこを見るのが正解?

 

 

一玉のキャベツだと多すぎる場合、

半玉のキャベツを買うことも多いですよね。

 

この半玉のキャベツの場合、

どこを見るのが正解なのでしょうか?

 

続いて、半玉の場合のキャベツの選び方について

解説をしていきます。

 

半玉のキャベツの場合、

以下のことをチェックしてみましょう。

 

・葉がスカスカになっていない

 

キャベツが半玉の場合、断面を見ることができます。

 

この際に、キャベツの葉が

スカスカになっていないものを

選ぶようにしましょう。

 

鮮度が落ちたキャベツは、

水分が抜けて全体的にスカスカになってしまいます。

 

そうなると、キャベツの美味しさや、

シャキシャキの食感を味わうことができなくなってしまいます。

 

・芯の高さが全体の2/3ほど

 

キャベツが半玉の場合、

ぜひチェックをしてもらいたいのが、芯の高さです。

 

キャベツの芯が成長をし過ぎてしまうと、

食感が固くなり、苦味も出てきてしまいます。

 

キャベツのベストなタイミングとしては、

芯の高さが2/3ほどになっている時です。

 

半玉の場合には、芯の高さを確認できるので、

ぜひ活用するようにしてください。

 

・断面が盛り上がっていない

 

キャベツを切った後に時間が経つと、

断面が段々と盛り上がっていきます。

 

なので、選ぶ際には

断面が盛り上がっていない、

できるだけ鮮度が良いものを選ぶようにしましょう。

 

 

このように、半玉のキャベツでも

美味しいものを見分けることができますし、

芯の高さなどは、半玉だからこそ見分けることができます。

 

ぜひこれらを活用して、美味しいキャベツを見つけてくださいね。

 

スポンサーリンク

まとめ

 

美味しいキャベツですが、いくつか見分ける方法があります。

 

色や重さを中心に見分けることができますし、

スーパーの場合には、

実際に手に取ってキャベツを選ぶことができます。

 

なので、ぜひこれらをうまく活用して、

美味しいキャベツを選ぶようにしましょう。

 

また、半玉の場合でも同様に、

美味しいキャベツを見分ける方法はあります。

 

上手にキャベツを選んで、ぜひ美味しく味わってくださいね。

タイトルとURLをコピーしました