IHで揚げ物をするのが怖い?焦げる時やうまくいかない時はどうすればいい?

スポンサーリンク

IHコンロは火を使わないし、

温度のコントロールもできるので安全で便利ですよね。

 

でも、揚げ物が焦げてうまくいかない時があります。

また、揚げ物は油が飛んで周囲を汚してしまいます。

 

片付ける時に油を拭いても、

テカテカしてきれいに拭き取れていないようで、すっきりしません。

 

今回はIHコンロで揚げ物を焦がさないようする方法と、

後片付けをラクにする方法についてわかりやすく解説します。

 

最後までこの記事を読むと、

揚げ物を焦がさない方法や後片付けの方法がわかりますので、

ぜひ最後まで目を通してくださいね。

 

スポンサーリンク

IHで揚げ物が焦げる!うまくいかない時はどうすればいいの?

 

 

揚げ物をおいしく揚げるには、

油の温度のコントロールが重要です。

 

IHコンロは、一定の温度で維持できる機能があるので、

ガスコンロと違って揚げ物は作りやすくなります。

 

IHコンロの中には、揚げ物モードという

揚げ物に特化した温度コントロールができる機種もあります。

 

そんなIHコンロですが、なぜか焦げてうまくいかないことがあります。

 

その場合は以下のことを確認してみてください。

 

使用する鍋、フライパン

 

ガスコンロでは問題なく使える鍋やフライパンが、

IHコンロではうまく使えない場合があります。

 

これは、IHコンロの温度を測る仕組みが影響しています。

 

IHコンロは、プレートに温度を測るセンサーが付いています。

 

このセンサーは、使う鍋の材質や形状によっては

正確に温度が測定できなくなります。

 

温度が低く検知されると加熱されるので、

設定温度より高い温度になってしまい、揚げ物は焦げてしまいます。

 

このようなことを防ぐために、

IHコンロの説明書には、使える鍋やフライパンの条件が記載されています。

 

  • メーカー指定のものを使用する
  • 鍋底に凹凸や溝のないものを使用する
  • 決められたサイズより大きいものを使用する

 

このような条件は、IHコンロのメーカーによって違うので、

説明書を確認して、正しい鍋やフライパンを使うようにしましょう。

 

正しい鍋やフライパンを使うことで、

温度が適切にコントロールされ、揚げ物が焦げずにきれいに揚がります。

 

油の量

 

料理番組やレシピ動画で揚げ物をみていると、

油を少なくして簡単に揚げ物を作り、

油を捨てる量を少なくする方法が紹介されています。

 

揚げ物の片付けは面倒なので、とても良い方法です。

 

しかし、この方法はIHコンロでは焦げることがあります。

 

IHコンロは鍋底の温度が高くなるので、

揚げ物が鍋底につくと焦げてしまいます。

 

油の量を多くすると、揚げ物が浮いて底につかなくなるので、

焦げずにきれいに揚がります。

 

片付けの手間を少なくしたいところですが、

油の量に余裕のあることが、焦がさず揚げ物をするコツです。

 

スポンサーリンク

IHコンロで揚げ物をする時に新聞紙を敷くと片付けがラクらしい

 

 

揚げ物をすると、油が飛んでIHコンロ本体や周囲を汚してしまいます。

 

飛んだ油はふき取るのが大変で、なかなかきれいになりません。

 

ラクに片付ける方法はないのでしょうか。

 

火を使わないIHコンロは、

新聞紙を周囲に敷いても燃えることはなく安全です。

 

IHコンロの周囲に新聞紙を敷いておけば、

揚げ物が終わった後に新聞紙を捨てるだけで片付くのでラクです。

 

では、IHコンロのプレートの上に新聞紙を敷いて、

その上に鍋をおくことでIHコンロも汚さず片付けはラクになるでしょうか。

I

Hコンロのプレートに新聞紙を2・3枚敷いて、

その上に鍋をおいても揚げ物を作ることはできます。

 

IHコンロ本体は汚れず、片付けもラクです。

 

このような方法を紹介しているウェブサイトもあります。

 

ただ、この方法は以下の問題があります。

 

  • 温度センサーが効かなくなる
  • 新聞紙は焦げている

 

温度センサーが効かないということは、

自分で温度をコントロールする必要があります。

 

新聞紙が焦げているのは、発火する可能性があるということです。

 

こうなってしまうと、一歩間違うと火災になるので、

調理中はIHコンロから離れることはできません。

 

メーカーもそのような使い方は禁止しています。

このような方法は自己責任です。

 

IHコンロのプレートに新聞紙を敷くと片付けはラクですが、

おすすめはできません。

 

片付けをラクにするには、

IHコンロの周囲に新聞紙を敷いておく程度にしましょう。

 

スポンサーリンク

まとめ

 

今回は、揚げ物を焦がさない方法や、後片付けの方法について解説しました。

 

IHコンロで揚げ物をする時のポイントをまとめます。

 

  • 説明書を読み正しい鍋やフライパンを使う
  • 揚げ物が底につかないように油は余裕のある量を使う
  • IHコンロのプレートの上に新聞紙を敷いて揚げ物は行わない

I

Hコンロで揚げ物を作る時は、今回の解説を思い出してくださいね。

 

安全においしい揚げ物を作るようにしましょう。

タイトルとURLをコピーしました