マリッジブルーになった男性はイライラする?距離を置くのもアリ?

スポンサーリンク

結婚が決まるとワクワク、ドキドキ、といった気持ちになると思います。

 

そんな時、ふと相手を見たら、少しイライラしている・・・?

このままでいいの?

少し距離を置いてみようかな・・・。

 

結婚は一大イベント!

不安なく、迎えたいですよね。

 

そう思っているのに、

隣で苛立っていると焦ったり不安になります。

 

ここでは、その理由を考えてみたいと思います。

 

スポンサーリンク

男性もマリッジブルーになってイライラするものなの?

 

 

まず、マリッジブルーとは、

結婚に対し不安や不満をもった状態のことをいいます。

 

幸せな生活を始める。

 

それはとても希望に満ちあふれ、眩しいもののように思えます。

 

皆に祝福してもらえたら最高!

 

ただ、このように幸せを描くからこそ、不安もつきものです。

 

付き合っている時は良かったけど、実際生活してみるとどうなの?

 

仕事と結婚生活は上手く両立できるの?

 

周りの人に祝福してもらえるの?

 

そんなことを思っていると、不安になるのは当然です。

 

あなたにとって当然なのだから、男性にとっても当然なのです。

 

不安になれば落ち込んだり、イライラしたりします。

 

今まで上手くいっていたのに、どうして?

そのように感じるのも当然でしょう。

 

新しい生活を始めるにあたって、不安が一つもない。

そういう人の方が少ないと思います。

 

紙一枚。なんて言う人もいますが、

その紙がとても大きな決断に繋がるのです。

 

だからこそ、感情が乱れます。

 

ほんの些細なことでも、気分が乗らなくなる。

 

つい、冷たい態度をとってしまったり、そんな自分を許せなかったりします。

 

そうすると、自分に苛立ってしまい、あなたに八つ当たりをしたり、

また周りの何もかもに過敏に反応することもあるでしょう。

 

そんな状態でも、結婚への準備などを進めなければいけません。

 

考え過ぎて、不眠症になることもあるでしょう。

 

十分な睡眠がとれてないことで、更に気分はとがってしまいます。

 

付き合っている頃は、

旅行やデートでも予定を立てることが好きだった。

 

少なくとも苦手ではなかったはず・・・。

 

そう思われるかもしれませんが、

「今までと同じ」が少し難しい時期なのです。

 

ただ、それは結婚に対する憧れや期待、その反動なので当然です。

 

スポンサーリンク

男のマリッジブルーには距離を置くのもアリ?

 

 

なら、少し距離を置いてみようか。

そう考えるかもしれません。

 

もちろん時間があればその方法も良いでしょう。

 

イライラしている自分を見られたくなくて、

少し放っておいてほしいと思うこともありますからね。

 

ただ、あまり長い間、

例えば年単位などで距離を置いてしまうと、

逆にギクシャクしたり、気にし過ぎて急かしてしまったりと

逆効果に繋がる事もあります。

 

そんな時にはどうしたら良いのか。

 

・気分転換をしてみる。

例えば式の準備ばかりだった会話を止めてみる。

 

彼の好きなものや、もちろん自分の好きなものなど、

迫ってくる「結婚」に対する不安を取りのぞくことはいいと思います。

 

幸せな気分を思い出すためにも、

良い思い出のある場所へ行ってみるのもいいでしょう。

 

・思い切って何が不安なのか聞いてみる。

話を聞くだけでも気持ちが楽になることはあります。

 

実は解決策が必要な重要なことだった、という場合もあります。

 

スポンサーリンク

まとめ

 

  • マリッジブルーは男女関係なくある。
  • 期待があるからこそ不安を感じ、精神的に追い込まれる。
  • イライラしてしまうのは仕方ない。
  • 距離を置くのは良いが、年単位では置かない方がいい。
  • 気分転換をしてみる。
  • 不安なことを聞いてみる。

 

結婚という一大イベントだからこそ、

期待が大きい分、不安になるんです。

 

それは誰しも同じなので、

私の相手だけかも…と思わなくても大丈夫。

 

多くの人が直面する悩みです。

 

この先が心配になるのもわかります。

 

イライラしているから相手をしたくない、

そんな気持ちになるのもわかります。

 

こんな状態じゃ結婚できない。

 

そう考えてしまうこともあるでしょう。

 

でも、その前に…

 

まずは二人で決めた「結婚」に向けて、考えてみてはいかがでしょうか。

 

相手が何を不安に思っているのか。

相手が何を望んでいるのか。

 

それを知ることが、マリッジブルーへの解決策の一つだと思います。

タイトルとURLをコピーしました