いちごのつぶつぶの正体は何?数はどれぐらいあるの?

スポンサーリンク

いちごの形って可愛いですよね。

 

そしていちごを思い浮かべた時、

つぶつぶが気になりますよね。

 

よく、いちご味のお菓子がありますけど、

「つぶつぶ」って主張してますよね。

 

でも、あのつぶつぶの正体ってご存知ですか?

 

たぶん、種だろう。

 

そう思いますよね。

 

他の実を想像してみても、ああいうものは大抵が種。

 

ということは、

あのつぶつぶを埋めたらいちごができるのか。

あと、1粒に対して、あのつぶつぶはどのくらいあるのか。

 

気になりますよね!

 

スポンサーリンク

いちごのつぶつぶの正体は何?種じゃないの?

 

 

まず、あのつぶつぶが種なのか、何なのか。

 

そこからですよね。

 

答えは、種じゃありません。

 

あのつぶつぶは、いちごの実なんです。

 

え?と驚くのもよくわかります。

 

だって、実ならあの赤い部分でしょ?

そう思いますよね。

 

食べているあの赤いところが、実だと思いますよね。

でも、違います。

いちごのつぶつぶこそが、いちごの実。

 

そして、美味しく食べているあの部分は、

花托(かたく)といって、茎が大きくなったものです。

 

ちなみに、いちごのように実ではない部分を実だと思うものを

「偽果(ぎか)」といいます。

 

その逆は「真果(しんか)」といいます。

 

偽果は、いちごを始め、なしやりんごなどです。

 

真果は、さくらんぼや梅や桃などですね。

 

偽果と聞いてしまうと、スイカのような、

野菜だけど、果物と間違えやすいものを想像してしまいますが、

そうではありません。

 

「実だと思っていたところが別のもの」の総称です。

 

ちなみに、果物だと思っていたけれど実は野菜だったものは

「果実的野菜」と呼ばれています。

 

有名なところでいうと、スイカ、メロンなどのことですね。

 

実は、いちごもこの分類に当てははまります。

 

「果実的野菜」があるなら、当然「野菜的果実」もあります。

 

代表的なものは、トマトやナス。

 

ただ、トマトに関しては国によって「果物」になります。

 

ざっくりとした分け方としては、

田畑などでできる草本類を野菜、

数年にわたりできる木本類を果物となっています。

 

あくまで生育過程で分けているため、

実際の売り場では違う分類になっていることが多々あります。

 

ですが、そのことを特に不思議に思わないところが、

いざ分ける時に混乱する原因になっていますよね。

 

何気なく果物、野菜と分けて呼んでいますが、奥深いですね。

 

スポンサーリンク

いちごのつぶつぶの数って、どれぐらいあるの?

 

 

じっと見つめると、

いちごのつぶつぶの数が気になりますよね。

 

いくつ、という正確な数はわかりません。

 

100~500の間…と、

かなり幅のある答えとなってしまいました。

 

いちごの大きさによる、ということですね!

 

ところで、このつぶつぶが発芽する姿を見たことありますか?

 

種じゃないのに、発芽?

 

疑問ですよね。

 

冷蔵庫などに入れておいて、

日が経っても発芽した姿を見たことがありません。

 

でも、発芽に必要なものは水と日光。

 

布を濡らして日光の当たるところに置いてみると、

にょきにょきと伸びるんです。

 

種じゃないのに、何故伸びるのか。

 

答えは、あのつぶつぶの中に種が入っているからです。

 

つぶつぶが果実なので、その中に種があるということになるんです。

 

でも、つぶつぶ自体の名前は種ではなく、あくまで果実。

 

つぶつぶの中に種があるから、

水と日光で発芽するということになります。

 

ただ、発芽はしますが、

いちごの実がなるかというと相当厳しいようです。

 

発芽まではしても、その後は腐ってしまう事が多い。

 

発芽後はプランター等に移し、

腐葉土など栄養の多い土の中で育ててみても、上手くことはないようです。

 

スポンサーリンク

まとめ

 

  • いちごのつぶつぶは種ではなく、実
  • 実だと思っていたものは花托と呼ばれる茎が肥大化したもの
  • つぶつぶの数は100~500
  • つぶつぶは実だからその中に種があり、条件がそろえば発芽する
  • そもそもいちごは分類上野菜であり「果実的野菜」になる

気になっていたことは、解消できたでしょうか。

 

なんだかいちごの話をしていて、食べたくなってきました。

 

美味しいちごの見分け方は、ヘタの反り具合と、色艶ですよ!

 

つぶつぶばかりに気をとられず、

ぜひ美味しいいちごを探してみてくださいね!

タイトルとURLをコピーしました