重曹のうがいは効果がない?やり方はどうすればいいの?

スポンサーリンク

重曹うがいは効果がないって本当なんでしょうか?

 

重曹でうがいをすると、

虫歯や口臭予防になるといわれていますが、

やっぱり気になるのはその効果。

 

本当に虫歯や口臭改善に効果があるのか気になるところ。

 

ということで今回は、

重曹うがいは本当に効果がないのか、

また正しい重曹うがいの仕方について詳しく解説していきます。

 

 

スポンサーリンク

重曹のうがいは効果がないってマジ?

 

 

重曹うがいの効果はちゃんとあります!

 

歯科医師もすすめるくらいなので、

重曹うがいは効果がない、ということはありません。

 

重曹うがいをすると、歯を白くしたりするだけでなく、

口臭や虫歯の予防にもとっても効果的なんです。

 

ということで、重曹うがいをする方が

断然に口内環境を整えるのに良い、ということなんですね!

 

でも、なぜ重曹でうがいをすると、

歯を白くしたり口臭や虫歯の予防になるんでしょうか?

 

実は、重曹には研磨効果があるため、

歯の表面にこびりついた汚れを落として、

歯を白くする働きがあるんですよ!

 

また、重曹はアルカリ性であるため、

酸性の汚れにとても効果を発揮するんです。

 

口臭の元となる口内の汚れは酸性なので、

アルカリ性の重曹でうがいをすることで、

汚れを落として口臭を防いでくれるんですね。

 

また、口内環境がアルカリ性になることで、

唾液が多く分泌されるようになり、

それによって虫歯菌を減らすこともできるとされています。

 

重曹うがいって本当にメリットだらけなんですね!

 

ただし、重曹うがいは正しいやり方でないとダメなので、

続いては重曹の正しい方法を紹介します。

 

スポンサーリンク

重曹うがいの具体的なやり方について

 

 

重曹うがいをする際は、

まず、500mlのペットボトルに水を注いでください。

 

そしてその中に重曹を小さじ1杯入れ、

ペットボトルに蓋をしてよく振っていきましょう。

 

そうすれば、うがい用の重曹水が完成するので、

コップにそそいでうがいしていってくださいね!

 

案外、簡単に重曹うがいって出来るんですよね。

 

ちなみにコップで重曹水を作る際は、

小さじ1杯分の重曹を更に1/3の量にして入れ、

よくかき混ぜれば完成しますよ。

 

でも、ペットボトルで重曹水を作っておく方が

何かと便利なのでおすすめですね。

 

重曹水が完成したら、30秒間うがいをしていきましょう。

 

たったこれだけで、重曹うがいの効果を得ることが出来るので、

ぜひ試してみてくださいね!

 

重曹うがいのやり方って本当に簡単なんですね!

 

特に寝る前や、朝起きてすぐに重曹うがいをすると、

口の中がサッパリした状態になるのでとってもおすすめです。

 

重曹うがいをして歯をキレイにしたり、

口臭や虫歯を予防していくようにしましょう!

 

スポンサーリンク

まとめ

 

重曹うがいが効果がないと思われがちですが、

実際は歯科医師がすすめるほど効果的なものなんですよ。

 

歯を白くしてくれるし、口内環境を良くして口臭や虫歯を予防してくれます。

 

ペットボトルに水を500ml入れ、

重曹を小さじ1入れてよく振って混ぜ、

その重曹水で30秒間うがいをすればOKなので、とっても簡単!

 

ぜひあなたも重曹うがいの効果を実感してみませんか?

タイトルとURLをコピーしました