固いりんごの見分け方や古いりんごの見分け方について

スポンサーリンク

固いシャキッとしたりんごを見分けるには、

一体どこをチェックすれば良いんでしょうか?

 

せっかくりんごを買う時には、

美味しくて固いりんごを選びたいものですよね!

 

でも、りんごはパッと見だけでは、

イマイチ固いのかどうか分からないもの…。

 

そこで今回は、固いりんごの見分け方や、

古いりんごの見分け方を詳しくご紹介します。

 

スーパーなどでりんごを買う時のために、ぜひ覚えておくと良いですよ!

 

スポンサーリンク

固いりんごの見分け方

 

 

固いりんごの見分け方は、

以下のポイントをチェックしましょう!

 

  • 色が全体的に赤くなっている

 

全体的にしっかりと赤く色付いているりんごは、

太陽光をしっかり受けているので美味しく、また鮮度も良くて固い証拠なんです。

 

やっぱりりんごって、ちゃんと赤いものの方が美味しいんですね!

 

  • 底の部分が緑色をしている

 

りんごの底の部分が緑色をしているりんごは、完熟していないため、

シャキッと固い食感なんですよ。

 

反対に、底がオレンジや黄色のりんごは、熟してしまっているため、

食感もどちらかというと柔らかく、歯ごたえがないのでご注意を!

 

  • 皮にハリがある

 

皮にハリがあるりんごは鮮度が良いため、固く美味しいんです。

 

りんごを買う時は、皮もしっかりチェックして、

ハリのあるものを選ぶと良いでしょう。

 

  • 軸が太い

 

りんごのヘタというか、軸が太いと、栄養がたくさん実に運び込まれているため、

美味しいだけでなく、シャキッとしているんですよ!

 

りんごは実の部分だけでなく、軸の部分もチェックした方が良いですね。

 

  • 香りが良い

 

りんごの底から程よく良い香りがするものは、

ちょうどいい鮮度なので食感も味も抜群!

 

そのため、りんごの底部分の香りも嗅いでチェックするようにしましょう。

 

  • ずっしりと重みがある

 

見た目よりも重みがあるりんごは、実の密度も高いため、

美味しいだけでなく、みずみずしい食感をしていることが多いんです。

 

購入前には、りんごを持ってなるべく重いものを選んでいきましょう。

 

以上が美味しくて固いりんごの見分け方。

 

やっぱりりんごって、見た目だけでなく、

重さや香りや軸の具合などもチェックすべきなんですね!

 

筆者も、りんごを買う時は参考にしていきますよ!

 

スポンサーリンク

古いりんごの見分け方

 

 

続いては、古いりんごの見分け方を詳しく紹介します。

 

  • りんごの底が黄色やオレンジ色になっている

 

先ほども少し説明しましたが、

りんごの底が緑色ではなく、黄色やオレンジ色になっていると、熟してしまっており、

鮮度が落ちて古くなっている場合が多いんです。

 

そのため、やっぱり底はなるべく緑色のりんごを選んでくださいね。

 

  • 香りが強い

 

香りが強すぎるりんごは、やっぱり熟し過ぎているので、

フレッシュさに欠けており、シャキッとした食感もしません。

 

香りは、りんごの底から程よく漂っているものを選ぶと良いでしょう。

 

  • 皮にツヤがある

 

一見、皮がツヤツヤしているりんごは美味しそうな気もしますが、

りんごって鮮度が落ちていくと、水分がこれ以上失われないようにするために、

皮に油分が出てくるんです。

 

その油分によって、りんごの皮にツヤが出るんですよ。

 

だからこそ、皮にツヤのあるりんごは選ばないのがベスト!

 

油分が出ていないりんごを買うようにしてくださいね。

 

  • 叩いたときに鈍い音がする

 

りんごを指ではじくように叩いたときに、鈍い音がするものは、

鮮度が落ちているため古いりんごです。

 

反対に、りんごを叩いたときに高い音がするのは

鮮度が良い証拠なんですよ。

 

ただし、りんごを叩いて確かめるときは、

売り物のりんごを傷つけないように注意しましょう!

 

以上が古いりんごの見分け方です。

 

この見分け方さえ知っておけば、

スーパーでりんごを買う時も、新鮮でシャキッとしていて、

美味しいりんごを購入することが出来ますよ!

 

ぜひ固い美味しいりんごを選び、みずみずしさを堪能してください。

 

スポンサーリンク

まとめ

 

固いフレッシュなりんごを見分けるには、

全体が赤く色付いていて、底が緑色をしていて、

軸もしっかり太く、程よく香りがして、

りんご自体もずっしりと重いものを選ぶこと!

 

一方、古いりんごを見分けるには、

底が黄色やオレンジ色になっていないか、香りは強くないか、

皮にツヤがないか、叩いたときに鈍い音がしないかどうかチェックすることです。

 

これらの見分け方を覚えておけば、

みずみずしく鮮度のいいりんごが食べられますよ!

 

フレッシュなりんごはとても美味しいので、

スーパーでりんごを買う時には参考にしてみてくださいね!

タイトルとURLをコピーしました