いちごの先が甘い理由。へたの方から食べた方がいいの?

スポンサーリンク

洗ってあるイチゴを手に取って、

食べる順番をイメージしてください。

 

  1. いちごのヘタを摘んで取る(または摘んだまま)
  2. とんがっている先端の方から口に入れて食べる

 

この流れで食べているのが一般的だと思います。

 

しかしこの食べ方は、美味しくいただく方法ではないのです!

 

イチゴを食べるときは、

ヘタの方から食べた方が甘みを味わうことができます!

 

理由は簡単で、イチゴは先端が下を向いていますよね?

 

だから、甘味成分も先端に向かって

溜まるようになっているということなのです。

 

あれ?これで疑問解決しちゃいましたね?

 

ここでブログ退室したら甘い!

 

それだけではハナタカさんにはなれませんよ!

 

むしろ、この先からが本題ですからね・・・

 

スポンサーリンク

いちごはへたと先端、どちらが甘いの?

 

 

先端の方が確実に甘いです!

 

先端とヘタの糖度を比べると、

「先端」の方が1%くらい高いという研究データもあります。

 

イチゴのヘタには葉っぱがあって、

太陽の影になっているということは理解できますよね?

 

すると、露出している先端に日光を浴びて甘くなるというわけです。

 

糖度は、成熟している期間の温度との関係が深くなっており、

温度が高いほど糖度が高くなるというふうに言われています。

 

しかし、逆に低温の期間が長いほど糖度が高くなる、という実験データもあるので、

実際のところ、甘さのメカニズムは結構複雑なのです。

 

イチゴの収穫量や美味しい地域といえば九州!

・・・ですよね?

 

私は真っ先に福岡の「あまおう」を思い浮かべます。

 

最高級「あまおう」を食べたら、

他のイチゴを食べた時にがっかりしてしまうほど、

アマオウ→甘王→甘い王様→スイーツキング!となるわけです!

 

 

 

九州といえば暖かいところ、というイメージがあると思うので、

やはり暖かい地域の方がイチゴは甘いかなぁと個人的には感じています。

 

さっき、スイーツキングを関連づけて話しましたが、

実はイチゴは野菜!なんですよ?

どんどんハナタカさんになれる知識を身につけている感じがしますね。

 

スポンサーリンク

いちごの先が甘い理由とは?

 

 

先端が甘い理由は、

露出している部分に日光を浴びるからという理由でしたよね?

 

しかし、それでは子どもたちは納得しないでしょうね。

 

もう一捻りして説明してあげましょう!

 

準備するもの

 

  • スーパーで買ってきた手頃なイチゴ
  • 「完熟あまおう」の写真

 

説明その1

 

スーパーで買ってきたイチゴは、完全に熟していないので

ヘタの方が少し緑色であることが多いですよね。

 

ヘタの方と先端の方と分けて横一文字で切って食べ比べする。

 

すると、明らかにヘタの方が甘酸っぱいと

感じることができるでしょう。

 

「イチゴを手に取って葉っぱが傘になって太陽が当たらないから、ココは緑色のままなんだよ」

って教えてあげれば、

子どもたちも「おーーーーー!」って言ってくれるでしょうね。

 

さらに「緑色といえば野菜だよね?だから、甘くないんだよ。」って教えてあげれば、

もっとキラキラした眼差しで見てくれることでしょう。

 

説明その2

 

スーパーで買ってきたイチゴを食べながら、

ネット検索した「完熟あまおう」の写真を見せてあげる。

 

「これは全てが真っ赤だよね?だから全部甘いんだよ」と教えてあげると、

きっと「食べてみたーい」となるでしょうね。

 

今なら、ふるさと納税もやりつつ、

購入することができるっていうから、とってもお得です。

 

 

 

ちなみに「あまおう」とは、

 

「あ」あかい

「ま」まるい

「お」おおきい

「う」うまい

 

という頭文字を取って生まれた、ブランド名として命名されました。

 

スポンサーリンク

まとめ

 

先端とヘタの方だと、どっちが甘いのか、

なぜ甘いのかということを理解していただけましたか?

 

確かにヘタの方が甘酸っぱいのですが、

そこには「ビタミンC」が多く含まれているということも、

ハナタカさんになるには知っておくべきですよ。

 

しかも、ヘタを取ってから水洗いしてしまうと、

その60%を流してしまうことも知っておきましょう。

 

そして「あまおう」の旬は12月頃から出回り、

5月頃までがシーズンとなっていますので、

是非これを機会にお試ししてみませんか?

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました