観葉植物やエアープランツで湿気取りはできる?湿気を吸う観葉植物ってあるの?

スポンサーリンク

観葉植物を部屋に置くと、

湿度を下げることが出来る、という話は本当なんでしょうか?

 

でも観葉植物って水を与えるから、

逆に部屋の湿度を上げてしまいそうですよね…。

 

結局のところ、真相はどうなんでしょう…?

 

そこで今回は部屋の湿度を下げるのに、観葉植物を置くのは効果的なのか、

観葉植物がもたらす効果や、湿度を効果的に下げる方法を詳しく紹介します。

 

スポンサーリンク

エアープランツで湿気取りができる?

 

 

観葉植物で人気のエアープランツですが、

結論からいうと、湿気取りとしての効果は一切ありません。

 

でも意外なことに、エアープランツという観葉植物には、

空気清浄機のような効果をもたらしてくれるんですよ!

 

というのも、エアープランツは空気中の有害物質を吸収する、

また水遣りをすることでマイナスイオンを放出するため、

リラックス効果を得ることが出来ます!

 

しかも、カビの発生を抑制する効果も持っているため、

湿気取りにはならないものの、

梅雨時期のジメジメした嫌な空気を清浄化させるのには、

エアープランツを置く、ということはおすすめなんですね!

 

エアープランツって、こんなにすごい力を持った観葉植物だったんですよ!

 

私は観葉植物について全く知識がなかったので、

エアープランツが空気清浄機代わりになると知って、かなり驚きました。

 

あまり使っていなくて、換気をしない部屋には、

エアープランツを置いてみるのも良いですね。

 

ただし、エアープランツは空気清浄機のような役割を果たしますが、

先ほど説明したように、湿気取りとしての効果はないので、

風通しの悪い部屋に置く場合は、除湿器も稼動させておくと良いでしょう。

 

そうすれば、エアープランツの効果で空気が清浄になるだけでなく、

湿気取りにもなるので安心ですよ。

 

また、エアープランツは、

リビングに置けば、オシャレなインテリアにもなるだけでなく、

空気清浄機としての効果もしっかり得られるので、何かとおすすめです。

 

喘息がある人も部屋にエアープランツを置くことで、

有害物質を除去してもらえますよ。

 

ちなみに、湿気取りはできない反面、加湿の効果があるため、

冬場に空気が乾燥している時で、なおかつ空気をキレイにしたい場合は、

エアープランツを部屋に置いて育てると良いですね。

 

ぜひエアープランツを上手く活用して、汚れた空気をキレイにしていきましょう!

 

スポンサーリンク

湿気を吸う観葉植物って何?まとめてみた

 

 

結論からいうと、湿気を吸う観葉植物というものは存在しません。

 

観葉植物って、基本的に水遣りをすることで根っこから水を吸い上げ、

葉っぱの部分から吸い上げた水分を放出する効果を持っているんですよ。

 

要するに、除湿器としてではなく、正しくは加湿器としての効果があるんですね。

 

そのため、梅雨の時期などで部屋がジメジメとしていて、

湿気を下げるようにしていきたいなら、

まず部屋に観葉植物は置かないようにしてください。

 

反対に、冬場など空気が乾燥していて加湿を行いたい場合は、

観葉植物を部屋に置くのが効果的ですよ。

 

観葉植物は、「自然の加湿器」と言われているほどに加湿効果があるので、

湿気が多い時期には部屋から移動させ、ベランダなどに置いておくと安心です。

 

そして冬場になったら、

観葉植物を室内で育てていくのがベストですね。

 

ちなみに、部屋の湿度を下げるのでしたら、

以下の方法をしていくのがオススメですよ。

 

・除湿器を使う

やっぱり効果的に部屋の湿度を下げるには、

観葉植物を置くのではなく、除湿器を使うのがとっても効果的!

 

そのため、除湿器を使ってしっかりと湿度を下げていきましょう。

 

ただし除湿器を使う場合は、定期的にフィルターや除湿器内のタンクなど、

お手入れをしっかりしていってくださいね。

 

・換気扇を回して部屋の湿度を外に出す

部屋の湿度を下げるには換気が一番なのですが、

梅雨時期など外の湿度も高い時期に窓を開けると、

外部からの湿気が入り込んでしまいます…。

 

そこで、換気扇を回して、

部屋にこもった湿気を外に出していきましょう。

 

また、扇風機やサーキュレーターなどを使って、部屋の空気を循環させて、

換気扇から湿った空気を押し出すようにしてもOKですよ。

 

・重曹や新聞紙を部屋に置く

重曹や新聞紙は、湿気を吸収する効果を持っているため、

部屋に置いていくと湿度を下げることができます。

 

重曹はタッパーなどの容器に入れ、蓋をしないで部屋の隅に置き、

新聞紙は1度クシャクシャに丸めてから広げて、

室内干しをしている洗濯物の下に置いておきましょう。

 

そうすれば、湿気を十分に吸収してくれますよ!

 

梅雨の時期や湿度が高い日は、ぜひお試しください。

 

スポンサーリンク

まとめ

 

観葉植物は、基本的に加湿効果はあるけれど、湿度を下げる効果はないので、

梅雨の時期などは、室内に置かない方がおすすめ。

 

ただし、エアープランツは空気清浄の効果を持つため、

空気をキレイにしたい時は部屋に置くと良いですよ。

 

また、部屋の湿度を効果的に下げるには、

除湿器を使う、換気扇を回す、

重曹や新聞紙を置くなどが、とっても効果的なので覚えておきましょう!

タイトルとURLをコピーしました