国産のあさりの見分け方や定義について。中国産はやっぱり危険なの?

スポンサーリンク

今、あさりの信頼性が揺らいでいますよね。

 

国産のあさりだと思ったのが、外国産だったというニュースがあり、

国産のあさりを買おうにも、迷ってしまうことが多いと思います。

 

そんな国産のあさりですが、見分け方や定義はあるのでしょうか?

 

また中国産のあさりは、危険なのでしょうか?

 

ここでは、そんなあさりについて解説をしていきます!

 

スポンサーリンク

国産のあさりの見分け方や定義について調べてみた

 

 

毎日食べるものだからこそ、

安全性について考えている人は多いと思います。

 

そのような人の場合、

自分で国産のあさりを見分けることができたら安心ですよね。

 

国産のあさりに、見分け方はあるのでしょうか?

 

結論から言えば、一応あります。

 

詳しく解説をしていきます。

 

国産のあさりの見分け方は、以下のようになっています。

 

・色がはっきりとしている

国産のあさりの場合、

中国産のあさりなどに比べて色がはっきりとしています。

 

逆に、全体的にくすんでいたりすると、

外国産の可能性が高く、注意が必要です。

 

・身が分厚い

国産のあさりの方が、

外国産のあさりに比べて身が分厚いとされています。

 

身が分厚い分、歯応えもあり、

味が凝縮されており美味しいとされています。

 

 

このように、国産のあさりの見分け方自体はあります。

 

ただ、単体で見たからといって、

なかなか簡単に目利きをすることは正直難しいでしょう。

 

また、国産の定義は

「原産国より国内の干潟で生育した期間が長ければ国産」

となっています。

 

つまり、中国産などの外国のあさりを小さいうちに輸入をして、

それを日本の干潟でしばらく生育をすれば、

それは国産として認められるわけです。

 

こちらは国産同士でも言えることであり、

例えば、熊本のあさりを千葉に持って行き、

そこで生育をしたら千葉県産のあさりとなります。

 

また、あさりに限らず、和牛などでも同じことが言えます。

 

このように、例え外国産のあさりであっても、

やりようによっては国産として表示をすることができるので、

産地がよくわからないことが多いのです。

 

しかし、このような曖昧な産地表示が続いていることによって、

消費者としては不安になってしまいますよね。

 

現在、産地についての表示が問題となっており、

上記のような表示方法が改正される動きが出ています。

 

もしかしたら近いうちに、

しっかり育て切った場所での産地が

表示されるようになってくれるかもしれませんね。

 

スポンサーリンク

中国産のあさりはマジで危険なのか調べてみた

 

 

中国産のあさりは、実際に食べても大丈夫なのかも気になりますね。

 

こちらも結論から言うと、

基本的には問題はないとされています。

 

外国産であっても、

しっかり管理をされた上で出荷輸入をされているので、

食べる分には問題はないとされています。

 

ただ上記のように、

品質に関してはやはり国産の方が上とされており、

国産のあさりに比べたら味は落ちるとされています。

 

また、管理をされていないとはいっても、

粗悪品であったり、薬剤が検出されたという

ニュースも時折出てくるのも事実です。

 

ですので、やはり食の安全性にこだわりたいという場合には、

中国産のあさりは避けたほうが良いでしょう。

 

あさりの販売業者には、

しっかり目利きをして、産地にこだわっているところもたくさんあります。

 

見分ける方法があるとはいっても、

素人の目では限界があるので、

やはり選ぶのなら、プロが選んだものを買うのがおすすめです。

 

あさりの産地に不安がある方は、

ぜひ信頼できる販売店から、

しっかりと国産のあさりを買うようにしてくださいね。

 

スポンサーリンク

まとめ

 

国産のあさりの見分け方としては、

色がしっかりしていたり、身が分厚いなどが挙げられています。

 

しかし、国産の定義は、

外国産のあさりであっても、

原産国より日本で育てれば国産を名乗ることができます。

 

ですので、産地に関してはかなり曖昧なのが実情です。

 

今後は、産地の表示が厳格化される動きが出ているので、

正しく表示されるようになってもらいたいですね。

 

中国産のあさりであっても、

一応は問題ないとされますが、それでも不安なのはわかります。

 

ぜひ、信頼できる販売店から国産のあさりを買って、

安全に美味しく食べるようにしてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました