ライチ・ざくろ・いちじくの違いを分かりやすくまとめてみた

スポンサーリンク

ライチといちじく、そしてざくろって、どんな違いがあるんでしょうか?

 

どれも似た感じのフルーツなので、イマイチその違いが分かりませんよね…。

 

特にいちじくとざくろはかなり見分けがつかないもの。

 

そこで今回は、ライチとざくろ、いちじくの違いを詳しくご説明します。

 

フルーツ好きなのでしたら、ぜひともこの3つの違いを覚えておくと良いですよ!

 

スポンサーリンク

ライチといちじくの違いについて調べてみた

 

 

ライチは、皮がウロコ状でとっても硬いのですが、

その反面、中身の果肉は白色の半透明で、なおかつ柔らかくみずみずしいのが特徴。

 

ただし種が大きいので、皮を剥いてから丸ごと口に入れた場合は、

くれぐれも種に注意をしましょう。

 

味は甘みが強く、かなり美味しいですよ!

 

ちなみに、世界三大美女としても知られる、あの楊貴妃(ようきひ)も

好んでライチを食べていた、という歴史もあります。

 

ライチって、かなり昔から人々に愛されていたフルーツなんですね!

 

基本的に、ライチは冷凍や缶詰製品などでしたら、

どの時期でもスーパーで購入が出来ますが、

生の加工されていないライチが市場に出回るのは、だいたい5月下旬から8月上旬頃まで。

 

ライチって暑い時期に旬を迎えるんですね!

 

私もライチは割と好きなんですが、

冷凍でしか買ったことがなかったので、旬の時期までは全く知らなかったです。

 

フレッシュなライチを食べたいのでしたら、

暖かくなる時期を狙っていくと良いですね。

 

一方、いちじくは皮が薄く、下部分に向かって膨らんだ、

まるでダルマのようにぽってりとした形をしているのが特徴。

 

また中身は赤く粒々しており、

なおかつ食べると酸味もなくとっても甘いんです。

 

いちじくの旬は、夏頃と秋頃の2回あるのですが、

特に、秋に旬を迎えて市場に出回るいちじくの方が、

より甘みが濃厚で、まるでバナナのような味わいがするんですよ!

 

確かにいちじくは、

生の状態のまま食べる機会が少ないですよね。

 

いちじくは濃い甘さをしているので、

甘いフルーツがお好きなのでしたら、秋に旬を迎えたいちじくを食べてみると良いでしょう。

 

いちじくの場合は、ジャムやドライフルーツなど、加工品にもよく使われるため、

旬以外の時期は、加工品で味わってみるのもおすすめですよ!

 

ちなみに私は以前、いちじく入りのヨーグルトを食べたことがありましたが、

かなり甘かったです。

 

甘みも強く、しかも皮を剥けばパクっと丸ごと食べることが出来るので、

気になったら旬を迎える時期に、いちじくを購入してみると良いでしょう。

 

スポンサーリンク

ざくろといちじくの違いについてまとめてみた

 

 

いちじくとは違い、ざくろは真ん丸に近い形をしていて、

皮がとても硬く、そして皮を割ると、中には真っ赤な小さい粒々とした果肉が

びっしりと詰まっているんですよ!

 

ざくろを食べる場合は、

この粒々とした果肉部分を皮から取って食べることになります。

 

そして、ざくろはいちじくとは違い、とても酸味が強いため、

食用ではなく鑑賞用として使われたりすることもあるため、

生食をするよりも、ジュースなど加工品にして味わうのがおすすめ。

 

ざくろもいちじく同様、あまりスーパーなどで見かけないし、

食べる機会もありませんよね。

 

ざくろの旬は、だいたい9月頃から11月頃なのですが、

先ほども説明したように、そのままで食べてもあんまり美味しくないので、

ざくろジュースを飲んで、味を確かめてみるのが良いでしょう。

 

いちじくは甘いけれどざくろはとても酸っぱい、という味の違いはもちろん、

旬の時期や食べ方なども違いがあるんですね!

 

せっかくフルーツを食べるのでしたら、甘い方が良いでしょう。

 

ということで、皮を剥くだけでそのままの状態で食べたいのでしたら、

ライチやいちじくを選ぶのが良いでしょう。

 

ざくろは酸っぱいため、生食することはおすすめしませんが、

どうしても食べてみたい場合は、果肉の粒々とした食感も楽しむと良いでしょう。

 

スポンサーリンク

まとめ

 

ライチはうろこ状の硬い皮に覆われていますが、

皮を剥くと柔らかくてとても甘い果肉が出てくるので、

生のまま食べることが出来ます。

 

いちじくはぽってりとした形をしており、

皮が薄く、果肉はまるでバナナのように甘みが強いんですよ。

 

そしてざくろは皮がとても硬く、

皮を割ると赤い粒々とした果肉が詰まっており、食べるとすごく酸っぱいです。

 

ライチやいちじくは、皮を剥けばそのまま食べられますが、

ざくろは酸味が強いため、ジュースなどの加工品で味わうと良いでしょう。

 

どれも様々な違いがあるため、違いを把握しておいて、

これらのフルーツを美味しくいただきましょうね!

タイトルとURLをコピーしました