甘くない梨にはサイダーに浸けるのがイイ?サラダにするのがオススメ?

スポンサーリンク

甘くない梨を買ってしまった時は、

一体どうすれば美味しく食べられるもの?

 

サイダーに梨を浸けると良い、という話を聞きますが、

果たして本当に効果はあるんでしょうか?

 

また、甘くない梨はいっそのこと、サラダにして食べた方が良いのか、

迷ってしまいますよね。

 

今回はそんな、甘くない梨の美味しい食べ方をご紹介!

 

せっかくの梨を美味しく食べることが出来るので、

ぜひ覚えておくといいですよ!

 

スポンサーリンク

甘くない梨をサイダーに浸けると…?

 

 

シャリシャリしていて美味しいはずの梨が、甘くない!

 

そんなときは、

梨をサイダーに浸けていきましょう。

 

梨の皮を剥き食べやすい大きさにカットしたら、

ボウルかフリーザーバッグに入れて、

梨がひたひたになるまで、サイダーを注いでください。

 

ボウルに入れた場合は上からラップをし、

フリーザーバッグに入れた場合は、空気を抜いてしっかり密封し、

冷蔵庫に入れて約半日ほど冷やしておいてくださいね。

 

すると、甘くない梨にサイダーの甘みが付いて、

とても美味しく食べられるようになるんですよ!

 

とっても簡単な方法だけれど、

サイダーに浸すだけで、十分梨を美味しく食べることが出来るので、

ぜひお試しくださいね。

 

ちなみに、サイダーに浸ける他にも、

砂糖に浸けて甘くする方法もあるんですよ!

 

サイダーのときと同じように、

まずは梨を切って皮を剥き、そしてボウルに入れたら、

砂糖を適量まぶしてラップをし、冷蔵庫で約半日冷やしておきます。

 

たったこれだけでも、十分に梨が美味しくなるので、

サイダーがもし家になかった時は、砂糖で試してみてくださいね。

 

でもまさか、甘くない梨がサイダーで美味しくなるなんて、

かなり驚きです!

 

我が家でも甘くない梨を買ってしまった時は、

サイダーに浸けてみるようにします。

 

甘くない梨は、サイダーか砂糖で甘みをプラスする、ということがポイントなので、

しっかり覚えておくと何かと役立ちますね!

 

梨って、見た目ではなかなか美味しいかどうか分からないので、

購入して実際に食べてみないと、味が分かりませんよね。

 

でも美味しくする秘訣を知っておけば、

安心して梨を買うことができるでしょう!

 

スポンサーリンク

甘くない梨はサラダに使うのがオススメ?

 

 

甘くない梨はサイダーや砂糖で甘くする他に、

サラダの具材として使うのもおすすめですよ!

 

レタスやトマトなどに、スライスや千切りにした梨を加えて、

後はお好みのドレッシングをかけるだけ。

 

梨のみずみずしさがとっても美味しく、サッパリとしたサラダになるでしょう。

 

もしくは、キムチに混ぜるという食べ方もあるんですよ。

 

甘くない梨を角切りにして、

市販のキムチに混ぜて、約1日ほど冷蔵庫で置いておきましょう。

 

すると、梨のシャキシャキ感がこれまた美味しいキムチが完成するんです。

 

梨って、デザートとして食べるイメージしかなかったので、

サラダやキムチにするのは思いつきませんでした。

 

でも、すごく美味しそうなので、

甘くない梨を購入してしまった時は、試してみたいと思います。

 

あなたもぜひ、甘くない梨を買ってしまったら、

サラダやキムチに加えて美味しくいただきましょう。

 

でも、やっぱり梨はデザートとして食べたい、という気持ちがあるのでしたら、

梨をコンポートにして食べるのもオススメですよ!

 

コンポートにすれば梨は美味しく食べられるだけでなく、

日持ちもするようになるので、かなりおすすめ。

 

コンポートの作り方は

コチラのレシピを参考にしてみてくださいね。

 

梨のコンポートを熱々のフレンチトーストに添えたり、

パンケーキに添えたりすれば、より美味しく食べられます。

 

梨は甘くなくても、色んな方法で美味しく食べることが出来るので、

甘くないからといって捨てず、色々な方法を試してみてくださいね。

 

捨ててしまうと、とてももったいないですよ!

 

スポンサーリンク

まとめ

 

甘くない梨は、ボウルかフリーザーバッグに入れて、

サイダーをひたひたになるまで注いだら、

密封して冷蔵庫で半日冷やしておいてくださいね。

 

そうすれば簡単に甘くすることが出来ますよ。

 

もしくは、甘くない梨は、

サラダやキムチの具材に使ってしまうのもおすすめ。

 

また、甘くない梨はコンポートにしてしまえば、

美味しく食べられるだけでなく、保存性も高くなるので何かと便利ですよ。

 

甘くない梨は、今回紹介したような方法を参考にして、

美味しく食べてみてはいかがでしょうか?

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました