ライチの美味しい見分け方や食べ頃について調べてみた

スポンサーリンク

ライチの美味しい見分け方って一体何でしょう?

 

ライチって、見た目だけでは美味しいかどうか、

判断をするのが難しそうですよね…。

 

でもせっかくライチを食べるんだから、

出来れば美味しいライチを選びたいもの!

 

そこで今回は、ライチの美味しい見分け方や

食べ頃になった時の判断基準を詳しく紹介します!

 

覚えておけば、美味しいライチを食べることが出来ますよ。

 

スポンサーリンク

ライチの食べ頃が分かる見分け方

 

 

ライチが食べ頃かどうかの見分け方は、

ズバリ皮の色を見ることです!

 

皮が鮮やかで、ハッキリとした赤色をしているライチは、

食べ頃の証拠なんですよ。

 

ということで、このライチってもう食べ頃なのかな?と悩んでしまった時は、

色を見て判断していきましょう。

 

皮がしっかりと鮮やかな赤色をしていれば、そのライチは食べ頃です。

 

反対に、皮が黒ずんでいるライチは、熟れすぎてしまって美味しくないので、

食べないようにしましょう。

 

また、ライチの皮の一部分が変色しているのも、

傷んでしまっているので食べない方が無難ですよ。

 

そして、皮に切れ込みが入っていたりしているライチも、熟し過ぎているため、

食べない方が良いでしょう。

 

必ずキレイな赤色をしているライチだけを見分けて、選んでいくと良いですね。

 

ライチが食べ頃かどうかの見分け方って、

皮の色を見ればいいだけなので、意外と簡単だったんですね!

 

私も次にライチを食べる時は、

皮の色をよーくチェックしてから食べるようにします。

 

鮮度の良いライチは、本当にみずみずしいし、甘くて美味しいですからね!

 

皮の色と状態をしっかり確かめる、

というのがライチの食べ頃の見分け方なので、

しっかり覚えておきましょう。

 

スポンサーリンク

ライチの美味しい見分け方について調べてみた

 

 

ライチの美味しい見分け方は、先ほど紹介したように、

皮が鮮やかな色をしているのはもちろんですが、

表面のトゲトゲがしっかりしているものを選ぶのもベスト。

 

皮の表面のトゲトゲがしっかりしているライチは、

果汁をたくさん果肉に含んでいる、という証拠ですので、

食べるとすっごくジューシーで美味しいんですよ!

 

ライチを食べる時は、色だけでなく、

皮の表面がゴツいくらいにトゲトゲしているものを選んでいきましょう。

 

そうすれば、ライチの美味しい見分け方になるので、

美味しくないライチを選ぶ心配も全くありません。

 

ライチって皮の色だけでなく、皮の感触も重要だったんですね。

 

私はライチが好きで、

冷凍してあるものを食べたりすることもあるんですが、

美味しい見分け方までは詳しく知りませんでした。

 

でも、皮の色と表面のトゲトゲ具合で、

ライチが美味しいがどうか見分けることが出来るのは、かなりありがたいですね!

 

ちなみに、より美味しくて食べ応えのあるライチを購入したいのでしたら、

中国産のライチを選ぶのが良いですよ。

 

ライチは、基本的に中国産と台湾産のものがあるんですが、

中国産のライチの方が、果肉が多くてとっても美味しく、しかも食べ応えがあるんです。

 

一方、台湾産のライチは、種が大きいので、

ちょっと食べ応えには欠けるんですよね…。

 

できればライチを購入する際は、

産地もチェックしていくと良いでしょう。

 

そうすれば、美味しくて食べ応えのあるライチを選べますよ。

 

美味しいライチは、色とトゲトゲ具合と産地で選ぶべきなんですね。

 

ライチ好きなら、絶対に覚えておくと役立つでしょう。

 

スーパーや青果店などでライチを買う際も、

色とトゲトゲ具合を確かめて、

ついでに産地もチェックしてから購入すると良いですよ!

 

ただし、売り物のライチをあまり強く触って潰したり傷つけたりすることのないように、

くれぐれも感触をチェックする際は、気を付けてくださいね。

 

出来ればライチは、軽く触る程度で感触を確かめていきましょう。

 

スポンサーリンク

まとめ

 

ライチの美味しい見分け方は、

皮が鮮やかな赤色をしていることと、

表面がトゲトゲしていることと、そして中国産であることですね。

 

これらの3つのポイントをチェックすれば、

まずライチ選びに失敗することはないでしょう。

 

スーパーなどでライチを買う時も、

食べ頃になっている美味しいライチを購入してくださいね!

タイトルとURLをコピーしました