サマンサタバサは安っぽいのに高い理由は何?壊れやすい?

スポンサーリンク

サマンサタバサは、

金額的には年齢層とターゲット層を考えると、高いお値段設定。

 

私も20代前半で使っていましたが、やはり買うとなると気合が必要で、

買うなら大事に長い間使おうと思っていました。

 

簡単に買い替えていくというような値段ではなかったからこそ、

持っていることにも嬉しさがありました。

 

でもどうやら、噂では

安っぽいイメージがある、壊れやすいなどの印象があるという意見もあるのです。

 

今回の記事では、サマンサタバサの高い理由、

壊れやすさ、安っぽいという噂などについて検証していきます。

 

スポンサーリンク

サマンサタバサが高い理由は?壊れやすいってマジ?

 

 

サマンサタバサが高い理由は、なんでしょうか?

 

なんとなくイメージでは、

上質なものを使用されているからな気がしますよね。

 

実際、ヴィトンの位置を目指していたので、

おそらくこだわりがスゴイと思います。

 

そこの辺りを調査してみると、

やはり、職人も優秀な人のみ揃えてやっていること、

素材もこだわり、裁縫の仕方まで、

相当細かいところまでのこだわりが詰まっているとのこと。

 

しかし、一方で実際ネットでは、

「壊れやすい」という声も少なくないのです。

  • 取っ手がすぐボロボロになる
  • カバンの中の裁縫がほつれていた
  • 裁縫が雑ですぐ壊れる

 

こういう類のお話が、いくつか上がっていました。

 

作り方も、素材の点でも難アリとの声がでています。

 

高級ブランドなら、

すべて落ち度はないかと言われると、ゼロではないと思います。

 

しかし、何十万もするハイブランドは、

アフターケアも素晴らしいと聞きますが、

サマンサタバサは、店員さんの対応や補償などが弱いためか、

マイナスの声が表に出てきやすい感じになってしまっているようです。

 

確かに、普通のカジュアルバッグよりはお高いけど、

ハイブランドからするとお安いお値段なので、

そこまでのレベルを求めるかどうかも、難しいところです。

 

ただ、ヴィトンを目指してこられたのであれば、

やっぱり質や作り方、対応はハイランクなものが求められて

当然かもしれませんね。

 

全体的な印象としては、

壊れやすい、壊れるのが多いというわけでなく、

そんな事例は少ないけれど、

その少ない数の声への対応があまりよくなかったので、

悪い噂が尾ひれを付けた感じになり、

「壊れやすい」という話題だけが先行しているのかもしれません。

 

でも3万前後でカバンを購入して、

取っ手がボロボロになったり、

糸のほつれがあると確かに悲しいですよね・・・。

 

それと、このかばんをどのような用途に使うかということ。

 

実は私は、ビジネスバッグで使用していたのですが、

荷物の多い日は確かに危うかった記憶があります。

 

ただ、プライベートで財布や携帯という

最小限でずっと使っていたほうは、何年も型崩れなく使えました。

 

中に入れる物により、耐久性は確かに異なるかもしれません。

 

そういう意味では、

ハイブランド商品はさすが、よっぽどの事がなければ型崩れはありません。

 

そこはコストパフォーマンスでしょうね。

 

スポンサーリンク

サマンサタバサって安っぽい?

 

 

サマンサタバサは少しお高めなので、

質にこだわっているのだというイメージがあります。

 

しかし一方、安っぽくてチープという声もあります。

 

これはおそらく、年齢層によって答えが違ってくるのだと感じますね!

 

イメージとしては、

かわいらしい感じが強いサマンサタバサは

40代くらいからすると、たしかにチープというか子供っぽく感じ、

安っぽく見えるかもしれません。

 

色味も黒、茶色などシックというよりは、

色物で目立ったりするので、余計に安っぽいイメージを与えるのかも。

 

でも20代前半の人が身に着けるもので、セレブ層を除けば、

40代から見ればどれも安っぽいイメージがするのではないでしょうか。

 

だから、サマンサタバサだけに限らないように思います。

 

ある意味、若い世代からすると、

安っぽいどころか手が出せないというイメージを持っている人もいます。

 

30代後半あたりから、

年齢的なもので安っぽく感じるということが多いのでしょう。

 

実際に店頭で見てみると、

私個人としては、見た目やデザインはともかく、

やはりしっかりとした型で作られているように見えますし、

実際、長期間使えました。

 

色味やデザイン的に安っぽく見える、

若年層のイメージで安っぽく見えるということであり、

物自体が安っぽいというわけではないと感じますね。

 

スポンサーリンク

まとめ

 

・サマンサタバサのカバンは壊れやすいということではなく、

壊れた例があってその後の補償や対応に課題があり、話しが大きくなった。

 

・数十万のハイブランドから比べると耐久性に課題はあるかも。

 

・サマンサタバサのカバンは、優秀な職人だけが作っていて、

素材から裁縫の仕方の細かいところまでこだわって作られている

 

・安っぽいというイメージは、おそらく年齢層の感じ方であり、

40代にしたら安っぽく見える

 

・色デザインがシックというよりPOPなので、安っぽく見えがち

 

・実際に素材やつくりが安っぽいという声は無い

タイトルとURLをコピーしました