水仕事で爪が割れるのを防ぐには?ケアのやり方を詳しく解説

スポンサーリンク

水仕事をしていると、

爪が割れることがあって、本当に嫌になりますよね…。

 

一体どうすれば爪が割れることを防げるんでしょうか?

 

何かで爪を補修したり保護しておくべきなのか、

よくわからないことだらけ。

 

そこで今回は。水仕事で爪が割れることでお悩みのあなたのために、

爪のケア方法や保護方法などを詳しく紹介していきます!

 

スポンサーリンク

爪が割れるのを防ぐには…効果的な方法2選

 

 

では早速、爪が割れるのを防ぐ

効果的なおすすめ方法を2つ紹介します!

 

1.栄養をしっかり摂る!

意外かも知れませんが、爪が割れないようにするには、

まずしっかりと栄養を摂っておくのがベストなんですよ!

 

栄養不足になっていると、爪は簡単に割れることが多いので、

ここ最近の食生活を見直してみて、栄養をしっかり摂るようにしていきましょう。

 

特に必要とされるのが、

タンパク質やビタミンB6、ビタミンC、そして亜鉛など。

 

タンパク質は肉や魚、卵、大豆製品などで摂ることができ、

ビタミンB6は赤身の肉やささみなどの、脂肪分が少ない肉類に含まれています。

 

また、玄米やバナナにもビタミンB6が入っていますよ。

 

ビタミンCは主に柑橘類に含まれていますね。

 

そして亜鉛は、牡蠣(かき)や卵、ウナギ、チーズ、

アーモンドなどに含まれています。

 

ということで、爪が割れないようにするには

ぜひとも、これらの栄養を摂っておくようにすると良いですね!

 

私も冬場は水仕事で爪が割れないように、栄養はしっかり摂っておこうと思います。

 

2.ハンドクリームを塗る

 

爪が割れないようにする一番手っ取り早い方法は、

ハンドクリームを塗ることです。

 

爪が割れる原因って、

水仕事によって爪が乾燥したり、刺激を与えてしまうからなんですよね…。

 

そこで、ハンドクリームを塗り、

爪に潤いを与えたり表面を膜で覆うことで、

割れるのを防ぐことが出来るんですよ。

 

特に、ネイル用のオイルなどを塗るのも効果的なので、

ぜひ試してみてくださいね!

 

以上が、水仕事によって爪が割れないようにする方法なので、

しっかり覚えておいて、割れるのを防いでいきましょう!

 

スポンサーリンク

水仕事の爪のケアには、これをやっておこう

 

 

水仕事をしていると、どうしても爪が割れやすくなるので、

先ほども紹介したように、

ハンドクリームやネイルオイルを使って、

爪をしっかりケアしていくようにするのがベスト!

 

やっぱり爪に刺激や乾燥を与えてしまうと、

すぐに割れやすくなってしまうので、

水仕事をした後は、必ずハンドクリームやネイルオイルを使って、

爪をケアしていってくださいね。

 

後は栄養もしっかり摂っておくこと。

 

いくらハンドクリームやネイルオイルを使っていても、

栄養が足りていないと、すぐにまた爪は割れるようになってしまいます。

 

そのため、爪をケアするためにも、栄養はバランスよく摂っていきましょう。

 

ちなみに爪が割れていても、症状がまだ軽い段階でしたら、

爪の補強液などを使ってケアしていくと良いですよ!

 

でもやっぱり、保湿と栄養は爪にとっても重要なので、

健康な爪を維持するためにも、

ハンドクリームやネイルオイルの使用、

そして栄養の摂取を忘れないようにしましょう!

 

スポンサーリンク

まとめ

 

水仕事で爪が割れるのでしたら、

タンパク質やビタミンB6などの栄養をしっかり摂り、

またハンドクリームやネイルオイルで、保湿をしておくようにすると良いですよ!

 

また、爪が割れかけても、補強液を使えばケア出来ますが、

やっぱり重要なのは爪の保湿と栄養摂取なので、

この2つを重点的に行うようにしていってくださいね!

タイトルとURLをコピーしました