誕生石ってどうやって決めるの?効果はあるの?

スポンサーリンク

誕生石とは、1月から12月までに割り当てられた宝石ですが、

ご自分の誕生石はご存じでしょうか。

 

誕生石を身に付けておくと幸運が訪れるなど、

お守りやパワーストーンのような効果があるといわれています。

 

でも、この誕生石はどうやって月の割り当てが決められているのでしょうか。

 

また、本当に誕生石には、お守りやパワーストーンのような効果があるのでしょうか。

 

今回は誕生石の疑問について調べてみました。

 

スポンサーリンク

誕生石ってどうやって決めるものなの?

 

 

各月の誕生石は、どのようにして決められたのでしょうか。

 

誕生石のルーツから、日本で選定されるまでを解説します。

 

誕生石のルーツは?

 

古くは3500年前の旧約聖書に由来します。

 

旧約聖書に、

ユダヤの高僧が12種類の宝石があしらわれた胸当てをつけていた

という記載があり、これが誕生石のルーツになっています。

 

また、新約聖書でも、12種類の宝石が城壁に飾られていた記載があります。

 

そのため、古くからヨーロッパでは12種類の宝石を保有し、

月ごとに交換して飾る文化がありました。

 

しかし、12種類もの宝石を保有できるのは、お金持ちの人に限られます。

 

そこで、自分の誕生月の宝石を身に付ければ幸運が訪れるというように、

お金持ちでなくても楽しめるルールに変化していったといわれています。

 

そのほうが、宝石商にとっても都合がよかったのかもしれません。

 

18世紀になり、いろいろな国が交易する中で

誕生石を身に付ける文化も世界に広まっていきました。

 

ただし、このころは各月の誕生石は国や地域によってバラバラな状態でした。

 

誕生石はいつ決定したの?

 

現在の誕生石のベースは、1912年にアメリカで決められました。

 

1990年ごろには宝石の種類も増え、

ジュエリー製作技術の向上もあって、

いろいろ宝石のジュエリーが売られました。

 

しかし、ダイヤモンドの人気は絶対で、

ダイヤモンド以外の宝石はなかなか売れない状況でした。

 

そこで、アメリカの宝石商や宝石組合は、

売れない宝石を誕生石に割り当てる販売戦略を考えました。

 

この時に決めた誕生石をベースに、

何度か見直しが行われ世界に広がっていきます。

 

さらに、イギリスでも貴金属協会が誕生石を選定しました。

 

現在ではアメリカ、イギリスの2つの選定した誕生石が大きな基準となっています。

 

日本の誕生石は?

 

日本でも、1958年に全国宝石卸商協同組合が誕生石を選定しました。

 

アメリカとイギリスの誕生石をベースとしましたが、

3月に珊瑚、5月に翡翠が追加され、日本の特色がある選定としました。

 

その後、見直しが行われ、

2022年1月時点では以下の宝石となっています。

 

1月:ガーネット(柘榴石)

 

2月:アメシスト(紫水晶)

クリソベリル・キャッツアイ(猫目石)

 

3月:アクアマリン(藍玉)

コーラル(珊瑚)

ブラッドストーン(血玉)

アイオライト(菫青石)

 

4月:ダイヤモンド(金剛石)

モルガナイト(緑柱石)

 

5月:エメラルド(翠玉、緑玉)

ジェイド(翡翠)

 

6月:パール(真珠)

ムーンストーン(月長石)

アレキサンドライト(金緑石)

 

7月:ルビー(紅玉)

スフェーン(楔石)

 

8月:ペリドット(橄欖石)

サードニックス(紅縞瑪瑙)

スピネル(尖晶石)

 

9月:サファイア(青玉)

クンツァイト(リチア輝石)

 

10月:オパール(蛋白石)

トルマリン(電気石)

 

11月:トパーズ(黄玉)

シトリン(黄水晶)

 

12月:ターコイズ(トルコ石)

ラピスラズリ(瑠璃、青金石)

タンザナイト(灰簾石)

ジルコン(風信子石)

 

日本の誕生石の情報は、

全国宝石卸商協同組合のサイトを参考しました。

 

このように、国の特色を加えたのは日本だけでなく、他の国でも見られます。

 

また、フランスのように、

宝石は同じでも割り当てる月が変わっている場合もあります。

 

国や地域で、入手のしやすさ、加工のしやすさ、

売る側の都合などで違いがありますが、

1月のガーネット、2月のアメシスト、11月のトパーズは

誕生石が決められたときから現在まで変わらず、共通となっています。

 

誕生石って効果はあるの?

 

幸運が訪れる効果や、

パワーストーンの効果があるといわれていますが、本当でしょうか。

 

誕生石のルーツは、宗教的なところから始まっていますが、

広まっていった背景には、宝石商の販売戦略もあり、

ちょっと怪しい感じもあります。

 

しかし、誕生月への割り当ては、宝石商の販売戦略もありますが、

それぞれの宝石には言い伝えられた伝説や伝承があり、

特別な力を持っているとされています。

 

アクセサリーとして身に付けることで、

効果があるといわれていますので、

誕生月にはこだわらず、お気に入りの宝石を身に着けてはいかがでしょうか。

 

スポンサーリンク

まとめ

 

誕生石の決まった経緯や、効果について解説しました。

 

誕生石の決まり方は、宝石商の販売戦略もありますが、

宝石自体の効果は信じてもよいのではないでしょうか。

 

宝石店、パワーストーンを取り扱っているお店や、

ネットショッピングでお気に入りの宝石を見つけて、ぜひ試してみてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました