高い服と安い服の違い。コスパがいいのはどっち?

スポンサーリンク

高い服と安い服の違いって、一体何でしょうか?

 

素材なのかデザインなのか、

高い服と安い服ってイマイチ違いが分からないですよね…。

 

でも、出来ればコスパが良い方の服を購入したいもの!

 

そこで今回は、高い服と安い服にはどんな違いがあるのか、

またコスパが良いのはどちらなのかを、詳しく解説します。

 

スポンサーリンク

高い服と安い服の違い。何がどう違うの?

 

 

高い服と安い服の違いはズバリ、品質やデザイン性ですね!

 

そもそも高い服というのは、

使われている素材がポリエステルなどの合成繊維などではなく、

コットンやリネン(麻)やシルクなど、天然素材が使われている場合が多いです。

 

また、高い服はデザイン性が良く、

その一着を着るだけで、オシャレに見える場合があるもの。

 

特に有名デザイナーが手掛けた服だと、

やっぱり服もオシャレだったり、ユニークな見た目をしているため、

その分、値段は上がりますよ。

 

デザイン性に関しては、個性的なものであればあるほど、価格は高いもの。

 

実は私、学生時代はゴシック服、

俗に言うゴスロリの服を好んで着ていました。

 

でも、ゴシックやロリータなどの服はデザイン性が高いため、

ものすごく高いんですよね…。

 

しかも、ゴシックやロリータ服の中でも、

やっぱり人気のデザイナーさんがいて、

その人がデザインした服は、一着23万円もしていました。

 

私は学生時代、バイト代のほとんどを

ゴシック服を買うのに注ぎ込んでいたので、結構金欠でした。

 

ということで、

服は素材とデザイン性によって、高いか安いか違いが出てくるもの。

 

有名かつ人気なハイブランドの服だと、

デザイン性も良いし、素材も良いものを使っているため、かなり価格は高いでしょう。

 

ただ、服はやっぱり、なるべくコスパが良いものを着たいですよね!

 

オシャレで品質も良い高い服を購入しても、

すぐ着られなくなってしまうのは、とてももったいない気持ちになります。

 

では続いて、

結局のところ、高い服と安い服だと、

どちらを買うのがコスパが良いのか、お教えしますね!

 

スポンサーリンク

高い服と安い服を、コスパがいいのはどっち?

 

 

高い服と安い服でしたら、

断然、高い服を購入した方がコスパ的には良いんですよ。

 

ただ、服なら何でも高い服を買えばコスパが良くなる、

というワケではありません。

 

下着や肌着、寝間着、部屋着、ジャージなどの服でしたら、

ある意味で消耗品となるので、安い服を買った方がコスパは良いもの。

 

また、流行を意識したトレンディーなデザインの服だと、

その時期しか着られないので、次のシーズンだともう着られなくなる場合も…。

 

そのため、高い値段だけれど、その分ちゃんと長く着られる服を買えば、

コスパ的にもとても良くなります。

 

例えば、スーツなどビジネスシーンで着るような服は、

高いものだと丈夫だし品良く見えますね。

 

また、オシャレ着や冠婚葬祭用の衣類も、多少は高い服を選んだ方が良いといえます。

 

確かに、身内や友人の結婚パーティーや披露宴などで、

安っぽいワンピースやスーツを着ていると、

かなり場違いだし恥ずかしい思いをしてしまうもの…。

 

人目に多く触れるシーンでの服は、少し高くても良いものを着るべきなんですよ!

 

私も結婚式に招待された時用に、

2~3万円くらいするワンピースドレスを持っています。

 

コスパを良くするには、

どんな時に着るための服かというのをしっかり考えて、そして購入すべきですね!

 

私も、部屋着や下着や肌着類は安い店で買っていますが、

それ以外の服は長持ちするため、少しでも高い服を選んでいます。

 

服は、なんでもかんでも安ければ良い、高ければ良い、

というワケではないんですよ。

 

また、高くて質の良い服を購入したいけれど、

どうしてもそんなにお金が出せない、という時は、

アウトレット品の服を購入するのがおすすめ。

 

そうすれば、よりコスパ良く服が手に入るので安心です!

 

高い服を少しでもお手頃価格で買いたい場合は、アウトレットで探してみましょう!

 

スポンサーリンク

まとめ

 

高い服と安い服の違いは、素材とデザイン性。

 

天然素材を使っている服や、

デザインがすごくオシャレな服は、価格が高くなります。

 

コスパ的には高い服を買った方が、長持ちするし、

改まったシーンで、ちゃんとした格好が出来るので良いのですが、

下着類や肌着類や寝間着などは、安い服がおすすめ!

 

消耗品となる服はなるべく、安い値段で済ませると良いですね。

タイトルとURLをコピーしました