床暖房とエアコンは併用した方がいい?光熱費はどうなる?

スポンサーリンク

床暖房とエアコンは併用すべき?

 

それとも、どちらか一方だけにした方が、電気代は安くなるもの?

 

できれば少しでも、光熱費がお得になる方法で暖を取りたいものですね。

 

そこで今回は、床暖房とエアコンは併用すべきなのか、

光熱費を少しでも安くする方法をご紹介!

 

床暖房とエアコンの両方がご自宅にあるのでしたら、

節電のためにも、ぜひ参考にしてください。

 

スポンサーリンク

床暖房とエアコンって併用した方がいい?

 

 

結論からいうと、床暖房とエアコンの併用は、

設定温度とON・OFFの回数を減らすことによって光熱費を削減できます!

 

単純に、床暖房とエアコンを併用すれば快適に節電できる、

というワケではないのですね…。

 

特に重要なのは、エアコンも床暖房も設定温度を上げ過ぎないこと。

 

では光熱費を上げない、

床暖房とエアコンの併用ポイントを紹介しますね。

 

エアコンは20℃に設定すること!

 

まずエアコンに関しては、設定温度は20にしておいてください。

 

20に設定しておくと、そこまで電気代もかからないし、

なおかつしっかりと暖かさを感じられますよ。

 

21以上に設定すると光熱費が高くなるので、くれぐれも注意しましょうね。

 

ちなみに我が家でも、

冬場にエアコンの暖房をつける際は、設定温度を20以下にしています。

 

とはいえ我が家の場合は、ホットカーペットも併用しているので、

20以下の設定温度でも、そこまで寒くないですよ!

 

床暖房を併用する場合は設定温度を21℃以下にする

 

床暖房はなるべく、21以下に温度を設定しておきましょう。

 

21以下ってすごく寒そうな気もしますが、

エアコンと併用をするのでしたら、このくらいの温度でも案外快適なんですよ!

 

私の友人宅にも床暖房がありますが、

やっぱり設定温度は21以下にしていると話していました。

 

ちなみに、エアコンと併用していて、

十分に暖かく快適に感じられるのでしたら、

床暖房の設定温度はもう2~3下げても良いでしょう。

 

そうすれば、よりエアコンと併用しても節電になります。

 

もちろん床暖房が温水式であったとしても、

設定温度を下げることで当然、ガス代を節約できますよ!

 

エアコンも床暖房もON、OFFの回数をなるべく減らす

 

エアコンに関しても、床暖房であっても、

ONとOFFの回数が多いと、それだけ光熱費が増えてしまいます…。

 

私もエアコンを稼働させている時は、

ちょっと外出する場合であっても、エアコンはつけたままにしていますよ。

 

やっぱり電源をONにする時が、

エアコンでも床暖房でも、特にパワーを消費してしまうんですよね…。

 

ということで、

エアコンと床暖房はつけたままにしておき、

何度もON、OFFにすることがないようにしていきましょう!

 

以上が、床暖房とエアコンを併用して光熱費を節約する方法です。

 

スポンサーリンク

床暖房とエアコンを併用した場合、光熱費はいくらぐらいになるの?

 

 

床暖房とエアコンを併用した場合、

光熱費に関しては何畳なのかにもよりますが、例で紹介しますね。

 

例えば、8畳の電気式床暖房の場合、

1日30の設定温度で稼働させると、1ヶ月の電気代は6100円になります。

 

これにエアコンを併用すると、

8畳のエアコンを1ヶ月使用した場合、

消費電力にもよりますが、だいたいは4170円。

 

合計すると、10270円の電気代になります。

 

やっぱり、どうしても1万円を超えてしまうんですね…。

 

一方、温水式床暖房の場合は、同様の条件で使用した場合、

1ヶ月の光熱費は3400円なので、エアコンと併用すると7570円になりますよ。

 

床暖房は、温水式の方が光熱費を安くすることが出来るんですね!

 

イメージ的に、電気式の方が光熱費が安くなるのかなと思っていたので、

ちょっと意外でした…。

 

ただし、上記の金額はあくまでも一例であり、

契約している電気料金、ガス料金プランや消費電力によって、

金額が前後しますので、あらかじめ覚えておきましょう。

 

先ほども説明したように、

エアコンと床暖房を併用する場合は、設定温度を下げ、

ON、OFFの回数を減らすことで、かなり光熱費は節約できるでしょう。

 

少しでも光熱費を安くしたいなら、

きちんと設定温度は控えめにすると良いですよ!

 

スポンサーリンク

まとめ

 

床暖房とエアコンを併用する場合、

エアコンは20設定、床暖房は21設定にし、

ON、OFFの回数を減らせば、光熱費を安くすることが可能。

 

我が家でも、冬場のエアコンは20設定を徹底していますよ!

 

また、床暖房は電気式の方が光熱費は高くなり、

温水式だと多少ですが電気式よりは安くなります。

 

電気式だとエアコンと併用することで、

光熱費が1万円を超えてしまうので、

やっぱり設定温度には注意していきましょうね!

タイトルとURLをコピーしました