リコールに行かないとどうなる?めんどくさいと感じても受けるべき?

スポンサーリンク

リコールって、本当に近年よく耳にするようになりました。

 

耳にするのは、あまりよくないことなんですけどね。

 

リコールとは、車の会社側の不足で不備がある自体です。

 

そしてそれが発見されたら、

その車を購入した人に対し、

ディーラーから一斉にリコールという通知が届くことになり、

無償の修理を受ける事になるという仕組みです。

 

ただ、不便もなく使っているので、

急にリコールで修理といわれても時間もないし、困る・・

となると、リコールを受けないこともしばしば。

 

今回の記事では、

リコールを受けるのがめんどくさい方へ、

行かないとどうなるのか、行ったほうが良いのかなどを紹介していきます。

 

スポンサーリンク

リコールを受けるのめんどくさいんだけど…

 

 

私も実は最近リコールきましたが、

かなり時間がたってから行った、めんどくさがりやの一人です(笑)

 

本当は行く気もなかったのですが、

親がそのリコールのハガキを見て、

内容がエンジンに関することだったこともあり、

やっぱりエンジンは心臓だから行ったほうがいいと言われ、重い腰をあげたのです。

 

そして、エンジンだけに結構時間もかかり大変でした・・。

 

リコールで修理するのに無償はありがたいのですが、

車が使えない、修理に数時間かかるということでは、

平日の仕事などにも支障が出るし、

土日はいっぱいで見てもらえないしで、散々なんですよね。

 

実際、私も予約もなかなか取れず、

取れたかと思えば、半日はかかると言われ、身動きがとれなくなり大変でした。

 

その日一日つぶれた感じがして落ち込みましたが、

まあエンジンですので、命が助かると思えばその時間は短いものですよね。

 

たしかに長くかかるので大変だし、車がないと不便。

 

店の中で何をすることもなく待たされただけだったので、

事前にパソコンなどを持っていって、

仕事をできるようにしておけばよかったと後悔しました。

 

今からリコールに行く人、

そこで時間を過ごすことを考えて、

なにか必要なものを用意しておくと、

そんなに無駄な時間だと感じないで済むかもしれませんよ。

 

でも、命には代えらえないですよね。

 

だって、車の運転はけっこう命がけのことですから。

 

めんどくさいと思っても、無償だし、リコールは受けておいた方が良いと思いますね。

 

スポンサーリンク

リコールに行かないとどうなる?行った方がいい?

 

 

リコールに行かないと、

ひたすらディーラーから定期的にリコールの連絡が続くと言う感じです。

 

それだけなので、特に問題はありません。

 

そして、リコールの有効期限などもありませんので、一生大丈夫です(笑)

 

ただ、そう待っている間に大きな事故に繋がったり、

故障に繋がったりするなら、やっぱり早めに行っておくべきなのです。

 

私の友達でリコール対象者の人がいたのですが、行かなかったんですね。

 

そして、そのリコール箇所から通ずるところが故障して、修理に行ったわけです。

 

そしたら直接的にリコールの部分ではないので、結局費用もかかりました・・。

 

災難としか言いようがありませんでした。

 

あの時リコールに行っておけば、この故障もなく、

そして無償の修理になり・・と本人は相当悔やんでいました。

 

しかし、私としては、

大事故で命やケガなどに繋がらなくてとても安心はしました。

 

このようにリコールに行かないからと、

罰も無ければ、とがめられることもなく、期限もないのです。

 

だけど、行っておかなければ、万が一の事があり得るのが一番怖いのと、

後々の故障に繋がってくるかもしれないということです。

 

ちなみに、故障の修理はだいたい1時間~3時間かかると言われます。

 

エンジンや内容によっては、日にちをまたぐこともあり得るとか。

 

困るとはいえ、日にちをまたぐほどのリコールは逆に心配ではないですか?

 

一時の不都合で、長期間の安心を得ると思って、

リコールは行くことをお勧めします。

 

リコールを通さないと、保安基準不適合ともされるのですが、

だからと言ってなにかあるわけではありません。

 

自分の車がリコールの対象かは、国交省のHPでも見られますし、

ディーラーなどのHPでもチェックできるようになっているはずです。

 

再度チェックしてみて、やっぱりあったなら、いってきたほうが良いと思いますよ。

 

スポンサーリンク

まとめ

 

リコールの通知が来たら、行くのがめんどくさいとまず思ってしまいます。

 

どれくらい時間がかかり、その間、車がない不便さなど、

いろいろ想像して結局行かない人も多いとか。

 

行かなくても何かあるというわけではありませんが、

ディーラーさんから定期的にお知らせが続くでしょう。

 

でもこの数時間の一見無駄な時間は、命を守る行動なのです。

 

そう考えると大した時間ではありません。

それに修理は無償なのです。

 

保安基準に満たす車にしておくためにも、

リコールは早めに対応し、行ってきた方が絶対良いのです。

 

リコール対象はめんどうと考えがちですが、

「安全を手に入れられた」という貴重な機会なのです。

 

時間がかかっても多少不便でも、必ず行くようにしましょう。

タイトルとURLをコピーしました