ガスコンロがつかない。カチカチ言わない・鳴らない時はどうすればいいの?

スポンサーリンク

毎日、何気なく使っているガスコンロですが、

突然使えなくなったら困りますよね。

 

いつもはカチカチ鳴ってボッと火がつくはずなのに、

なぜかカチカチ鳴らず火がつかないようなときは、どのようにすればよいのでしょうか。

 

今回はそんな状況のときに、どうすればよいか調べてみました。

 

また、ガスコンロがつかない時に、掃除によって解決できる方法も解説します。

 

ガスコンロに火がつかないときに、

慌てず対応ができるようにわかりやすく解説しますので、ぜひ最後まで目を通してください。

 

スポンサーリンク

ガスコンロがカチカチ鳴らないんだけど…

 

 

ガスコンロは、ご存じの通り

ガスを出しているところに火花を飛ばして点火する仕組みです。

 

ガスを出している穴が開いた部分をバナートップといい、

火花を飛ばす部分を点火プラグといいます。

 

 

カチカチの音は、点火プラグが電気の火花を飛ばすときの音です。

 

カチカチ鳴らないときは、点火プラグが火花を飛ばせていないのです。

 

火花が飛ばない原因と対策を解説します。

1から順番に確認してみてください。

 

1.電池がない

 

カチカチ鳴らない場合のほとんどは、

電池が切れている、もしくは残量が減っていることが原因です。

 

電池交換ランプがある機種は、

電池残量が少なくなるとランプがつくのですが、

まれに電池交換ランプがつかない場合もあるので、電池を疑ってみましょう。

 

まず新しい電池に交換してください。

カチカチ鳴るようになれば火が付くはずです。

 

電池が新しくなったことで、

カチカチが驚くほど速くなっていることもあります。

 

電池でなく、100Vの家庭用電源から電気を取るガスコンロの場合は、

ブレーカーが落ちていないか確認してみてください。

 

2.電池が正しくセットされていない

 

電池を交換してもカチカチ鳴らない場合は、

電池に原因があるかもしれません。

 

・電池のプラスマイナスが逆になっていないか?

電池の入れ方が逆になっていないか確認してください。

電池を外してよく見てみましょう。

 

・電池ケースの金具が電池に接しているか?

 

電池の極に接する金具が、

しっかり接していなくて通電しないことがあります。

 

電池に接する金具の部分を、

ラジオペンチなどで少しだけ起こすと、電池と金具がしっかり接して通電します。

 

・使えない電池がセットされていないか?

 

本当に使える電池なのか疑ってみてください。

 

100円ショップなどで売っている電池だと、新しくても使えない場合があります。

 

国内メーカーの電池に交換するだけで治る場合もあるので、確認してみてください。

 

3.点火プラグが濡れている

 

点火プラグが吹きこぼれなどで濡れていると、カチカチ鳴らなくなります。

 

軽く拭いてしばらく乾燥させて、ガスコンロの火をつけてみてください。

 

吹きこぼれがひどく、内部まで濡れていると乾燥に時間がかかることもあります。

 

スポンサーリンク

ガスコンロがつかない時に知っておきたい掃除のやり方

 

 

ガスコンロがつかないときは、

ガスコンロの部品が汚れている場合があります。

 

1.点火プラグが汚れている

 

点火プラグが、吹きこぼれや油などの付着で汚れていると、

火花が飛ばなくなります。

 

歯ブラシで軽くこすって汚れを落としましょう。

 

2.バナーキャップが汚れている

 

バナーキャップが汚れていたり、穴が詰まっていたりすると、

点火プラグの場所にガスが出なくて火がつきにくくなります。

 

バナーキャップは取り外しができるので、外して掃除します。

 

穴の中は、ようじや竹串の先で詰まりを取り除いてください。

 

全体の汚れは歯ブラシで落としましょう。

 

掃除した後のバナーキャップの取り付けに注意してください。

 

位置がずれていたり傾いたりしていると火がつきません。

 

台所で調理に使用されるガスコンロは、

吹きこぼれ、油汚れ、調味料などで汚れます。

 

これらの汚れを放置すると、酸化して固まり、

掃除しても取り除きにくくなってしまいます。

 

ガスコンロの汚れはその日のうちに掃除しておきましょう。

 

ガスコンロは精密にできています。

 

掃除をしてみて火がつかない場合は、業者に点検を依頼しましょう。

 

スポンサーリンク

まとめ

 

ガスコンロでカチカチ鳴らなくなった場合と、

つかない時に掃除する方法を解説しました。

 

最後に、ガスコンロの火がつかなかった時のポイントをまとめます。

 

  • カチカチ鳴らない場合はまず電池交換
  • 点火プラグやバナーキャップを掃除
  • ガスコンロはこまめに掃除

 

ガスコンロが使えないと、料理もできず不便ですよね。

 

定期的な電池交換や、こまめに掃除することで安定して使用できます。

 

この機会に、ガスコンロの電池を点検して、掃除してみてはいかがでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました