讃岐うどんとうどんの違いや「コシ」と「固い」の違いについて分かりますか?

スポンサーリンク

讃岐うどんと、うどん普通のうどんの違いってなんでしょうか?

 

また、讃岐うどんの魅力ともいわれている「コシ」って、

固いのと何が違うのかも気になりますね。

 

今回は、讃岐うどんとうどんの違いや、

讃岐うどんのコシと固いの違いについても詳しく解説!

 

讃岐うどんを美味しく食べる時のためにも、

うどんとの違いを知って、その魅力を味わえるようにしましょう!

 

スポンサーリンク

讃岐うどんとうどんの違い。讃岐うどんの特徴について調べてみた

 

 

讃岐うどんとうどんの違いは、

製造場所や使う水や塩の量、熟成時間、そしてゆで時間やコシの強さですね。

 

まず、讃岐うどんの特徴としては、

必ず香川県内で製造されていること。

 

そして、讃岐うどんは使う小麦粉に対して、

40%以上の水と3%以上の塩を加えていることです。

 

しかも、讃岐うどんは2時間以上熟成されており、

また茹で時間も約15分と長め。

 

讃岐うどんの最大の特徴としては、コシがしっかりと強いこと。

 

讃岐うどんには、これだけの特徴があるんですね!

 

ちなみに普通のうどんは、

小麦粉を原料とした、直径が1.7㎜以上の麺類の総称のこと。

 

そのため、ゆで時間も讃岐うどんほど長くなかったり、

ものによってはコシがない場合もあります。

 

讃岐うどんとうどんって、こんなに違いがあったものなんですね!

讃岐うどんの特徴を知らなかったので、かなり興味深いです。

 

讃岐うどんには細かく特徴がある、

というか定義があるものなので、

讃岐うどんを食べる時は、特徴も知っておいたうえで味わうと良いでしょう。

 

私は今まで、讃岐うどんは食べたことがないので、断然に食べたくなってきました!

 

やっぱり本場の讃岐うどんって、コシがあって食感もうどんとは違い、

食べ応えがかなりありそうですね!

 

うどん好きなので、ぜひ今度は本場の讃岐うどんを食べてみますね。

 

あなたも讃岐うどんを食べる時は、

特徴ともいわれているコシの強さも、存分に楽しみましょう!

 

でも、讃岐うどんってうどんと違い、コシがあるとよく言われていますね。

 

そもそも「コシ」って、何なのでしょうか?

 

麺の固さなのか、食べたことがないとあまりよく分かりません…。

 

続いては、讃岐うどんの魅力ともいわれている、コシについて詳しく解説します。

 

あまり柔らかいうどんが好きではないのでしたら、

コシについて知っておくと良いですよ!

 

スポンサーリンク

うどんの「コシ」と「固い」の違いって何なの?

 

 

うどんの「コシ」と「固い」、という違いは、

ズバリ、弾力とモチッとした食感があるかどうかです。

 

讃岐うどんのようにコシがあるうどんの麺は、

噛むと弾力があり、しかもモチッとした食感をしているもの。

 

一方、ただ固いだけのうどんは、

食べているとよく噛まないといけないため、

だんだんとあごが疲れてくるでしょう…。

 

でも、コシがあるうどんの場合は、

弾力があるものの、モッチリ感があり、しかも、のどごしがとても良いもの。

 

実際に、コシの強い讃岐うどんを食べてみれば、

コシというものが何なのかがよく分かるでしょう。

 

要するに、讃岐うどんのコシは、固いのではなく、

程よい食感と、良いのどごしなんですね。

 

文章だけだと十分に理解できない可能性もあるので、

ぜひ機会があれば、讃岐うどんを食べてみてください!

 

一度ちゃんと食べてみたら、

固いのではなく、コシがあって美味しい、ということが分かりますよ。

 

私は讃岐うどんは食べたことないのですが、

コシのあるうどんなら食べたことがあります。

 

確かに麺は固いのではなく、

モッチリ感があって美味しかった記憶がありますよ!

 

コシのある麺って、やっぱり美味しいものなんですね!

 

固い麺だと、本当にただただ固くて、

噛むのも疲れるため、「コシではないな」という感覚になるでしょう。

 

最近では、うどんのチェーン店でも、

本格的な讃岐うどんを食べることも出来るため、コシをぜひ味わってみてくださいね!

 

ちなみに、普通のうどんを固めにゆでても、

コシは生まれないので気を付けましょう。

 

讃岐うどんは、じっくりと熟成させているからこそ、コシが生まれるものなんですよ!

 

スポンサーリンク

まとめ

 

讃岐うどんと普通のうどんは、

製造場所や水や塩の量、熟成時間、茹で時間とコシの強さです。

 

讃岐うどんは、香川県内で作られたうどんで、

小麦粉に混ぜる塩や水の量もしっかり決められており、

熟成されているため、コシがある麺なんですよ!

 

うどんはこれらの特徴を持たない、

直径1.7㎜以上の小麦粉を使った麺類のことを指します。

 

讃岐うどんのコシとは、固いのではなく、

程よい歯応えとモッチリした食感、そしてのどごしが特徴。

 

食べてみればその違いは分かるし、とても美味しいと感じますよ!

タイトルとURLをコピーしました