タトゥーって何がいいの?入れてよかったこととか、デメリットってあるの?

スポンサーリンク

最近は、若い人を中心に

有名なスポーツ選手やアーティストのように、

ファッションとしてタトゥーを入れる人を見かけます。

 

しかし、日本では

タトゥー=刺青(いれずみ)

という認識もあり、あまりよくないイメージとなっています。

 

生活する上で、デメリットも多いといわれています。

 

それでもタトゥーを入れてよかったと思えるでしょうか。

 

タトゥーを入れると、どんなデメリットがあるでしょうか。

 

今回はタトゥーを入れてよかったと思っている人がいるのか、

また、タトゥーを入れたときのデメリットについて調べてみました。

 

スポンサーリンク

タトゥー入れてよかったと思ってる人っているの?

 

 

かっこいいイメージのあるタトゥーですが、

一度入れると一生消えません。

 

美容整形などで目立たなくできますが、

費用も時間もかかるし、入れる前と同じ状態には戻らないでしょう。

 

そんなタトゥーを入れてよかったと思っている人は、いるのでしょうか。

 

ネットなどで調べると、少数派ですが後悔していない、

よかったという情報を見かけますが、

タトゥーを入れた多くの人は、よかったと思っておらず、後悔しています。

 

東京イセアクリニックのアンケート調査によると、

9割の人がタトゥーを入れて後悔した結果となっていました。

 

参考にした、東京イセアクリニックの

タトゥーに関するアンケートのサイトを紹介しておきます。

 

しかし、考えてみると、

後悔していない、よかったといっても、

それは今時点で思っていることで、

この先も変わらずよかったと言えるかはわからないでしょう。

 

自分をとりまく環境はどんどん変化していきます。

 

生きている間はいろいろな人と出会い、

まわりの人間関係も変わっていきます。

 

その中でタトゥーを入れなければよかったという出会いがあるかもしれません。

 

また、入れたことで大切なことを逃してしまうかもしれません。

 

タトゥーを入れることのデメリットを理解して、

タトゥーが一生の付き合いになることをよく考えてから入れないと、

入れてよかったとはならず、後悔することになるかもしれません。

 

スポンサーリンク

タトゥーのデメリットって、どんなことがあるの?

 

 

 

日本の社会では、タトゥーにネガティブなイメージが強く、

タトゥーが入っていることで

タトゥーのない一般の人ができることが、できなくなるデメリットがあります。

 

タトゥーを入れると、どんなデメリットがあるか解説しますね。

 

入場できない施設がある

 

タトゥーが見えていると入場できない施設があります。

(隠せば入場できる施設もあります。)

 

  • スーパー銭湯、温泉などの大衆浴場やプール
  • アミューズメント施設(遊園地など)
  • スポーツジム

 

多くの施設では、刺青を含めて

タトゥーが見えていると入場を断られるか、

露出しないよう注意される場合が多いのではないでしょうか。

 

仕事に影響する

 

多くの職種の仕事に影響します。

 

  • 多くの職種で仕事やバイトに就くことが難しくなる
  • 働くときはタトゥーを隠さなければならない
  • 昇進に影響がある(周囲にばれないように注意が必要)

 

タトゥーの場所によっては、隠す工夫をしなければならず、

夏でも長袖のワイシャツを着たり、

肌がシャツから透けないよう上着をずっと着たりなど、服装に気を使わなければなりません。

 

自営業などであれば、就職や昇進は関係ないのですが、

お客様の前ではタトゥーを隠しておかないと、よいことはあまりないでしょう。

 

人間関係に影響する

 

タトゥーが入っていない人や、

タトゥーにネガティブなイメージを持っている人との関係は難しくなるでしょう。

 

  • 友人に気を遣う
  • 親に言えない
  • 恋人、結婚相手の親に理解されない
  • 特に地方では理解されない

 

友人と旅行で温泉やアミューズメントパークに行っても、

施設の入場で気を遣わせることや、

会社の中でもタトゥーのことに触れてよいのか、

上司にはどのように扱えばよいかなどで、気を使わせてしまうのではないでしょうか。

 

自分の親に話しにくいし、

恋人、結婚相手の親に理解されないことも多いでしょう。

 

地方に行くとさらに理解されず、親しいお付き合いは難しくなります。

 

どうしてもタトゥーのネガティブなイメージと向き合って、

生きていかなければなりません。

 

消せない・変えられない

 

その時の好みや勢いでデザインを決めて入れてしまうと、

後からなぜこんなデザインにしたのだろう、恥ずかしい、元にもどしたいと後悔します。

 

例えば、入れた時は龍がかっこいい、

バラがかわいいなどと思っても、

数年経ってからは龍やバラに興味がなくなったり、飽きたりすると後悔します。

 

また、その時付き合っていた恋人の名前を愛情表現で入れてしまうと、

もしお別れしてしまったらどうするのでしょう。

 

入れてしまったものは消えないし、変えられないので、後悔します。

 

スポンサーリンク

まとめ

 

タトゥーを入れてよかったと思っている人がいるのかということと、

タトゥーを入れるデメリットについて解説しました。

 

若い人は、タトゥーに対して寛容的になってきていますが、

全体的にみるとネガティブなイメージが強く、理解されにくい状況です。

 

自分の意志で入れるものではあり、肯定も否定もしませんが、

将来のことや将来の人間関係までよく考えて決めないと、後悔することになるでしょう。

 

もしタトゥーを入れてみたいと思っている方は、

今回の記事で解説したデメリットを頭に入れておいてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました